に投稿

父をデートに誘う

ええっと。twitterにも書いていたのですが、このブログのやり方を今までの「なるべく毎日更新」から「書きたいときに書く」というスタイルに変えようかなぁと思っています。

特にこれと言って大きな環境や心境の変化があったというわけではないのですが、ブログを続けること、「居場所」を守るためにはどうしたらいいのかなぁと考えたときに、「無理をしない」という結論のようなものに至りました。
書くことがないのに頑張って頑張って話題をひねり出すのはちょっと今の私には向いていないと感じていて、そういうのが積み重なってブログを書きたいという気持ちが折れたら嫌だなーと思って。

 

書きたいときに書く、なので、書きたいときが毎日だったら毎日書くだろうし、3日に1回だったらそうだろうし、3日に1回の次は2日おいて1週間毎日更新かもしれないし。
気まぐれとはちょっとニュアンスが違いますが、気が向いたときに、書きたいときに現れます。よろしくお願いします。
なお、twitterの方ではその都度「ブログ更新しましたー」とお知らせする予定はないのでご了承ください。

 

 

話は変わり。父をデートに誘いました。

 

きっかけは食べ物屋さんです。
父の好きそうな食べ物屋さんが私のテリトリー内にあるのですが、そこを通る度に「父好きそうだなー、いつか連れてきてあげたいなぁ」と思っていたんです。
で、昨日もそのお店の前を通りまして。いつものように「いつか連れてきてあげたいなぁ」と思ったんですよね。

 

でもその次の瞬間、ハッと気付いて自分に突っ込むわけです。「いつか、って…いつだ?」と。
父ももう還暦を過ぎています。「いつか、いつか」と思って時間だけが過ぎていくうちに父が元気でなくなるかもしれません。
親孝行したいときに親はなし、とはちょっとスケールがでかくなってしまいますがまぁそういうことで、父が元気なうちに(今は十分元気なんですが)連れていってあげたいな、じゃあ善は急げだ。こんないきさつで誘ったわけです。家族のグループLINEを通して。

 

ですが父はどうも「自分1人が誘われている」ということが分かっていなかったらしく、「お母さんに聞いてからね」というよく分からない返事が返ってきました。なぜか母からも「後で連絡するね」と言われました。
その後何度かやり取りをしたのですが、それでもいまひとつピンと来ていない様子。
母をお茶に誘うのとはワケが若干違うようです。「父をデートに誘う」というのはぶっちゃけコッ恥ずかしいものが多少なりともあるようで「あーもう気付いてよ!!」と変な照れが生まれたのですが、それから父と電話をしたときにようやく事を察してくれました。

 

「えっ、行くのってお父さん1人?」
「そうだよ」
「あっ、あー、そうなんだ!いや、こんなこと初めてだからさー」
(富山弁会話を標準語訳しました)

…と、なーんか「初デートの誘いを受ける付き合う前のいい感じの2人」みたいな空気になってしまい、端的に言うもなにも変に照れ臭かったです。

 

ちなみにデート内容ですが、その食べ物屋さんで父の好きなものを食べて、少々周りを散策して、プリクラを撮って帰ろう…というものです。
もしかしたら母も来る(来たいって言えば)かもしれませんが、まぁそれはそれで。父の好きな食べものを一緒に食べることがメインの目的なのですから。

 

父をデートに誘う、なんて、変な言い方ですが結婚していないからできることなんだろうなーとぼんやりと思います。あとは父が元気だから。
父が元気でよかったなと思うのはもちろんなのですが、このデート企画だけに関して言えば「まだお嫁に行ってなくてよかったなぁ」と思いました。

 

父に〇〇をしてあげたい、母と〇〇へ行きたい、祖母に〇〇を食べさせてあげたい、家族と〇〇をしたい…この先いろんなライフステージがあるでしょうから、どこまで叶えられるか分かりません。
でもなるべく、出し惜しみせず、後に回さず、こういったことを叶えられたらなぁと思います。
というわけで父とデート。近々家族と会うのでそのときに話を詰めてきます。

 

それでは今日はこの辺で。
明日から恋人もいよいよお盆休みです。ちょっとワクワクしています。穏やかに過ごせますように。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

ブログって衰退しているのかな

昨日の午前中はクリスタ(クリップスタジオ)を立ち上げてお絵かきをしていました。昨日載せていた線画のやつです。
まず線をなぞっていくのですが、クリスタを立ち上げてから10分ぐらいで突然こんな画面が出て強制的に再起動になりました。

 

え、ええー…です。
しかもこの現象、立て続けに5回ぐらい起きまして。
こまめに保存はしていたのですが最後の5回目のときに保存と同時にこの画面になり、私が描いていたデータは全部消えてしまいました。

 

……。です。なんだかもう挫けてしまいました。
今日テンションがあったらまたお絵かきにトライしますが、この画面は「なんだかまずい」ということはなんとなく察知できるし、しかも立て続けに5回発生しているというところにも「これはまずい」感を感じるので…あぁ。クリスタ触るの怖いなぁ。
なにがあったんだろう。なにが原因でこうなったんだろう。
家族のグループLINEで聞いてみたところ、兄弟がかなり親切に教えてくれたりこの事象について聞いてくれたりしたのでありがたかったです。
ええと、とりあえずこの画面&強制的に再起動のくだりはクリスタを立ち上げたとき以外には今のところ起こらないようです。

 

 

今日は恋人は仕事なので、このお宅というかこの空間の住人たちは「いつも通り」の月曜日を過ごしています。
巷はどうやらお盆休みらしいのですが、私の「働いている人」の基準というのは一番近いところにいる恋人になるので、巷の様子があんまりピンと来ません。
コロナじゃなかったらね。このお休みを利用して「2人で旅行に行きたいね」って言ってたんだけどね。
コロナだし、恋人は仕事だし、前述の通りパソコンの調子は悪いし、これらが追い打ちとなって私は今なんだかとてもとてもとてーも元気がありません。
まぁ、ピルの順番的にそろそろアレがこれでそうだから、だとは思うのですが。久しぶりに生理前のメンタルの絶不調を喰らっています。

 

なーんかねー。全然話変わるんですけど、ブログって衰退しつつあるのかなぁ。
ブログ村を見ていても、アフィリエイトブログに面積を占められて、個人が書いている「普通の」ブログはほとんど見なくなったような気がする。私の見るカテゴリがそんなだけなのかな。

私は以前にもお話しした覚えがあるのですが普通のブログ、個人が書いているブログが読みたい人なので、そこら辺は淋しいなーと思います。アフィリエイトブログが悪いとか、そういう話ではないけれど。
ちょっと前までは個人のブログなんて山ほどあったのにね。アフィリエイトブログの方が少なかったくらい。

 

やっぱり、SNSなのかね。個人的な印象だけど、ひと昔前の個人ブログの量が今のSNSのアカウント数になったんじゃないか、って感じるときがあります。
twitterとかインスタとか。あんまりそう深く検証したことはないけれど、やっぱりこういうSNSってブログを越えちゃうなにかがあるよなーとは思います。
気軽に投稿できるし、リアルタイムで発信できるし、画面ひとつというシンプルな操作だし。難しいこと要らないし。大なり小なりレスポンスあるし。
まぁ私はそれでもブログが好きだしブログをやめるつもりは今のところないですが、若干、SNSの「こういうところ」に引っ張られてSNS勢になっているフシはあります。
なので正直ここ最近は話の「ネタ」をSNSで先に出しちゃっているので、ここに書く頃には鮮度がかなり落ちちゃってるなぁ…と感じることもあります。

 

なにが言いたいのか分からなくなってきたけど。
別にブログが盛んだったあの頃はよかったとか、SNSに取られた時代を嘆くとか、そういう話をするつもりは毛頭ないんですけど、まぁ変わっていくものなんだなぁと。思います。
メンタルの絶不調を喰らっているので、どこかネガティブな空気が文面から漂いますね。

 

うん、なんかぼそぼそ喋ってても仕方ないや。今日もクリスタにトライしてみよう。
それでは、お盆休みの方は良きお盆休みを、そうでない方は良き月曜日をお過ごしください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

おもむろに物件探し

おはようございます。日曜日の朝。申し訳ないくらいに早く起きてしまいました。

午前4時半に目が覚め、以降寝付けず。
うんうんと唸ったり恋人にくっついてみたりしましたが、再び眠りに落ちていくような感覚は訪れず結局朝5時に体を起こしました。

 

ベッドはリビング(LDK)に置いてあるのですが、もっと細かい説明をするとキッチンの後ろぐらいにあたります。
なのでコーヒーを淹れたり朝ごはんの準備をしている音や光がもろに寝ている恋人に直撃。
あぁ申し訳ないな…と思うのですが、私も恋人が起きてくるまで(推定時間7時半8時半)ベッドでうごうごしていたら時間がもったいないしじっとしていられないでしょう。
そもそもLDKを含めたら部屋は3つあるので、寝室つくろーよーベッドをリビングから撤退させよーよー私は朝起こしちゃうしあなたは夜私を寝かせないじゃないのさー…と思っています。
涼しくなったら寝室作りませんか、とは提案したんですけどね。LDK以外の部屋はエアコンないんで涼しくなったら、です。
(いや去年の夏は寝室作ってたぞ扇風機だけで頑張ってたぞ)

 

…とか言っていますが。私たちは今、やんわりと新しい物件を探しています。
というのも、もうすぐこのアパートの更新が迫っているんですよ。いやぁ、ここにもう2年住んでるんですね。早いですね。

まだ出ていくかどうするかも決めていないのですが、直前になってどうするどうすると慌てるより、今のうちからやんわりと物件を調べたり住み続けるか引っ越すかのそこそこの方向性の意識共有をしておいた方があとあとスムーズかなーと思いまして、更新の数カ月前の今から少しずつ考え始めているというわけです。

 

物件選びのポイントは3つ。「お互いの実家に近いところ」と「馴染みのスーパーに近いところ」そして「ガラの悪い中学校区でないところ」です。

 

お互いの実家に近いところ、はまぁそういうことです。幸いにも私たちの実家の方向は同じなので意見や物件が割れたりすることはありません。
お互いの実家に近いというのは私サイド…というか私の母が結構強く主張しています。「送り迎え(遊びに行くときとか荷物の搬入搬出時とか)が遠い」と。今住んでいるところは実家から遠いんですよね。
それに、将来子供ができたときに実家から遠かったらなにかと不便だろう、と。そういう感じです。

スーパーは、うん。馴染みのあるところがいいです。ポイント貯まるし。安いし。こういうところに「いつもと同じ」精神というか、そういうのが出ますね。で、私は車を持っていないのでスーパーから徒歩圏内の物件が理想です。徒歩圏内。まぁ片道15分以内だと嬉しいな…(以前スーパーまで片道3~40分の物件に住んでいたこともありましたが)

そしてガラの悪い中学校区でないところ、というのは…そのまんまと言えばそのまんまなのですが、子供をガラの悪い学校に通わせたくないという親心のようなものです。
私たちの時代と今では変わっているところもあるかもしれませんが、私たちの時代のイメージをやっぱりそのまま引っ張って、私たちは大人になったので…

 

他には「最寄りの駅やバス停まで徒歩15分以内」とか「職場に近い」とか「家賃はいくらまで」とか、ちょこちょことしたものはあるのですが、なんというか、どちらからともなく…でもないな、私の方が多いけれど「将来のこと」を含みながら、お互いそれを突っ込みもせず意識しながら物件を探しているところになんとも言えないありがたさを感じます。
大体2LDKの物件を探しているのですが、「子供がいる空間」というイメージも共有している気がします。

 

引っ越すかどうかもまだ分からないし、結婚の話もちゃんとしていないんですが、それを飛び越えて将来の話。子供がいる室内のイメージ。なんかそういう話をしていることがやっぱり嬉しくあります。
「結婚の話をしていないのに子供のこと話してるの?」と思う人もいるでしょうけど、当事者的には「私たちが将来のことを含ませながら物件を探している」というのが大きな進歩なのです。
「子供欲しいね」とか「生まれてしばらくはゆきちゃんの実家に(私と子供は)いた方がいいかな」とか、ふいに恋人とすることもあるので私は「えっこれって結婚するのが当たり前って話ですかどうなんですか…!?」とおろおろすることもあります。

 

まぁ、そんな感じで最近はお互い見つけてきたいい感じの物件を発表し合うことが多いです。引っ越すかどうか分かりませんが。
でも引っ越しっていう分かりやすいステップを踏んだ方が、「私たちは」次のステップに進みやすいのかな…とは思いますね。
こんなこと言ってますが、復縁してからは結婚のことを意識しなくなりました。意識しないというと語弊がありますが、なんっていうのかな。一緒にいられることのありがたさや奇跡さを知ったから、無理やり高望みはしない、みたいな。そんな感じです。
なるようになれ、だし、私はもう恋人から離れたくないな、と。

 

ではでは今日はこの辺で。
昨日あたりでようやく今週のエネルギーが充電できたのでちょっとした意欲が湧いてきました。今日はお絵かきしていようかな。それとも刺し子をしていようかな。

 

これに色を塗るのも良し。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

今日は数行

昨日は空いた時間に寝て、夜も22時前に寝て今朝は6時に起きたのですが。

 

ねっむい!!

 

このコンディションでは今日1日をしっかり過ごせる自信がないので今からちょっと寝てきます…最近ブログまともに書いてなくてすみません。

とりあえず、毎日つつがなく過ぎていっています。恋人との仲も良好です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0
に投稿

恋人が寝かせてくれない

おはようございます。

すみません、今日はパソコンの調子がめちゃくちゃ悪い&全然寝てないので、顔だけ出しに来た感じで終わりにさせていただきます…

あぁ。なんでリビングにベッドを置いてんのさ…
リビングにベッドを置くならなんで日付が変わるまで電気とテレビとパソコンをつけて起きてんのさ……

 

冷たいドリンクと冷房のきいた店内では、寒すぎて読書とはなりませんでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1