に投稿

「ルームメイト」の剪定

おはようございます。土曜日の朝。
半分寝て半分起きていた恋人にちょっかいをかけたり抱きついたり上に乗ったりしていたのですが、完全ノーリアクション。
そりゃあそうだよな、「友達」だもん。

 

あー、恋人って表記変えようかな。すごく違和感がある。Aさんとかにしようかな。そっちの方が恋人より意味合いが近い。
でもAを半角に変えるっていう手間が微妙ーに面倒くさいので今まで通り恋人表記にしてようと思います。友達だけど。
自分で言うのもなんだけど、ここまで私を苦しめといて「友達だし」と言えるのは…まぁ、そういう意識だから仕方ないんだろうね。私も「仲のいい男友達」と言われたらしっくり来るし。
あの、なるべく書きたくなかったんですけど、ここまでお互い友達と識別しているので、ええと、その…いわゆるあれはないです。1年以上ないです。お互いする気もないです。お察しください。

 

閑話休題。
昨日は1日中眠たかったので大体寝ていました。まぁ前日4時間ぐらいしか眠れなかったからねぇ。
寝て、起きて、Aさん(やっぱり変えてみる…試験的に)が買ってきてくれた蒙古タンメンを食べ、辛さが足りなかったので一味を足して食べ、また寝て、起きて、仕事をしました。
日中ずっと寝ていたので仕事は結構はかどりました。よかったです。この後諸々のチェックをして、OKだったら納品です。

 

夜ごはんは冷麺と、豆腐とアボカドのサラダを作りました。

 

一気に暑くなったのでパジャマを春仕様にし、羽毛布団もひざ掛けも片付けたのですが、その矢先に寒くなった昨日。
冷麺もサラダも冷たいものだったので体が冷えました…。あと最近ぬか漬けの味が落ちて困っています。味が薄い。ぬか床が水っぽい。
塩を足すと言っても足すほどの塩はこのお宅には常備されていないし、補充用のぬか床を買ってこようかなぁと思っています。

 

ごはんを食べた後、Aさんから「ゆきちゃん、この後時間ある?」と聞かれたのでなにかと尋ねたら「服を売りたいから剪定を手伝って欲しい」とのこと。私も服を売りたくて剪定していたのですが、それを聞いた彼も「あ、俺も売りたい」となったようです。

 

Aさんはおしゃれな人なのでクローゼットに服や小物がたっくさんあるのは知っているのですが、「この中の9割5分は着てないのになんで持ってるんだろう」と私はずっと思っていました。
っていうかおしゃれのセンスが私とAさんとでは違うのです。「なにそれ木こり?」「チャラいなー、ホストかよ」「それはじゅうたん?」などと好き放題言って彼をイラつかせていました。だってー私からみたらどれもいいとは思えないんだもん。

 

私は服を手放す際の判断基準として「それをシーズン中に着たかどうか」ということを重視します。シーズン中1回も着なかったらもうそれは卒業なんでしょう、と。存在を忘れていたようなものであれば即、です。
ですがAさんは平気で「これ3年前までは着てたんだよぅ」やら「これは20代前半に買った服でね」と言い出す始末。おみゃあそんなんもう着とらんやろがああああと私はひっくり返り、「もうそれだけ着てなかったら今後も着ないよ」「手放してクローゼットの中の風通しを良くしな」「じゃないと新しい服も迎えられないよ」と諭したのですが、「だってー」「俺そういうの重要視しないから」と。
まぁ個人の価値観もあるしなぁ…と思ってそれ以上は何も言わなかったのですが、ある時を境に「これだけ着てなかったらこれからも着ないよね」とAさんは悟り、サクサク剪定をしていきました。

 

で、私はAさんが剪定中の間に眠くなって寝てしまい、Aさんが結局最終的になにをどうしたのかは今朝リビングに山積みされていた服を見て知りました。
これ、どうやってお店まで持っていくんだろう。こんな山のような服たちが入るかばんなんて見たことないぞ。

 

まぁでもさっきも書いたし私の経験上もそうなんですが、思い切ってものを剪定すると、クローゼットなり本棚なり、収納スペースに気持ちの良い風が吹いて新しい何かを迎えるワクワク感が生まれるんですよね。そして私はそれ以降ものを持つにあたって結構悩むようになったし。悩むっていうのは、結局手放すかもしれないものをそうポンポン持ちたくない、みたいな意味かなぁ。

 

もしかしたらこれってAさんと私にも言えるのかもね。思い切って関係を絶ったら思いのほかいい風が吹いてくるのかもしれない。
私の心の中は、今とても散らかっていてほこりだらけなのかもしれません。

 

というわけで、この後服を売ってきます。あと補充用のぬか床を買ってきます。
うーんなんかね、「Aさん」っていう風に恋人のことを言い換えてみたけど、視覚的に違和感があるので次の記事からは「恋人」に戻そうと思います。便宜上ね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

最初から恋愛なんてなかった

昨日は久しぶりに母と会っていました。
旅行のお土産とぬか漬けを渡して、お昼を食べながら2時間以上おしゃべり。
旅行のお土産話やここ最近のこと、母の近況や実家の様子などいろいろ話をしました。

 

…で、まぁ言うまでもなく話題にのぼるのが恋人とのこれからの話。つまりが結婚の話。
2年付き合っていて1年半一緒に暮らしていて…結論から先に言うと母は結構怒っていたわけです。そこんとこどうなんだ、と。はっきりしろ、と。籍を入れろ、と。
母曰く「私が傷付かないように控えめに言ったつもり」だそうなんですが、私はそこそこダメージを喰らいました。だって、「低所得の障害者だから結婚しないなんて言う男とは別れなさい」なんて何度も言われると、ねぇ。

そして「お父さんが会いたがっているから会いませんか、ということを伝えて」ということを母を介して伝えてきたわけです。そりゃあそうなんだけど、「いい加減進展させなさい」としびれを切らしている両親です。
ここまでが序章。

 

帰ってから、夜ごはんのときに恋人にこのことを話しました。「父が会いたがってる」と。
私も「進展」させたいし、誰かが口火を切らないとどうにもならないと思ったので。
そうしたら恋人は難しい顔をして「俺と会ってもどうにもなんないと思うよ」と言いました。「だって、俺ゆきちゃんと結婚するつもりないから」と。

 

まぁ「私と結婚するつもりはない」ということはずっと聞かされていたのでそんなダメージはありません。二つ返事でいいよと言うわけはないと思っていましたから。
そして恋人はこう続けました。「ゆきちゃんとの生活は、仲のいい友達とのルームシェアって感じなんだよね」と。詰まるところ恋人は今まで私を女性として、恋愛感情を持った対象として見ていなかったわけです。
今初めて知ったわけじゃないけどね。ずっと「妹か友達のようだ」って言われてたから。
でも「ゆきちゃんとの子供が欲しいと思えない」と言われたときは、なるほどなぁその言い方が一番分かりやすいなぁと思いました。
「低所得の障害者」というのが結婚に後ろ向きな理由の核ではないことは昨日初めて知りましたが。

私も恋人のことは彼氏とか恋人とか(ここでは便宜上恋人って言ってますが)という風には見ていないし思っていないし…うーんなんっていうのかな、彼は彼。という風な感じで見ています。
まぁでも「男性として」きゅんとくることはないことはないですよ。でも恋人は私に対してはそれがゼロというわけです。

 

ルームシェアをしている友達。友達とは結婚できないよねぇ。ラブ、という意味合いでの「好き」だと思える女性と結婚して子供を授かりたいと思うのが普通だよねぇ。と。現に前妻も私と似たような状況だったらしいです。恋愛感情のないまま結婚して、「恋愛感情を持った人と結婚したかった」と思ったそうです。私は前妻ではないんだけどな。1年半一緒に仲良く滞りなく暮らしてきたじゃん。

という感じなので、この部屋にはラブラブ、といったような空気は流れていません。でもさっきも言ったように日々仲良しで日々幸せで日々楽しく過ごしています。恋人も「ゆきちゃんと一緒にいるのが楽しくて幸せで心が安らぐ」と言います。でも「友達」なので結婚対象にはならないようです。
ずっとね、付き合う前から私に恋愛感情はなかったようです。金沢の恋人のアパートに転がり込まなければよかった。「ゆきちゃんがいたおかげで金沢生活も淋しくなかったんだよ」とは言ってくれますが。

 

…で、ここまで書いておいて別れようと思うとか挫けたとかかと思いきや、全っ然めげていないのが私の馬鹿なところです。
別れる気なんて今のところさらっさらないし、まだ結婚できると信じている馬鹿だし、私が恋人のことを幸せにする気満々だし。

 

恋人に「数年の恋愛感情のときめきと性欲だけで人生を棒に振るのかい?私だったら何十年と死ぬまで幸せになれるのになー」と何度も言いました。ってかあれこれ言いまくったんですけど私のアピールでは恋人の心は動くわけもなく。っていうか動いているなら今頃結婚しているわけで。
そもそも私は結婚、には興味がないんですよね。「恋人と」結婚したいんです。いやそれでもニュアンスが違うな、「恋人と一生一緒に生活がしたい」という感じです。それが結婚、という形なのかなーと。
彼もねー…「(私と結婚したいという思いに)波がある」と言うのですが…はぁあ。このままだったら私が冷めるのを待つだけなんだろうなぁ。

 

そして一通り話を終えて寝室に行って横になって。なんだかすごく悲しくなってきて私は泣きました。悲しいよ、悲しいよと言って大泣きしました。
結婚できないことじゃなくて、このままだと別れるという道を歩むんだろうなってことじゃなくて、これからも恋人と一緒に人生を歩んでいけないかもしれないことが悲しくて悲しくてわんわん泣きました。
恋人はじーっと私の顔を見て「ゆきちゃんの顔だ」と笑いながら涙を流していました。
どうしても結婚ってしないといけないものなの。ずっと一緒にいるだけじゃだめなの。「他の人」なんて想定はどうでもいい。私は彼がいいの。
あぁ、私は馬鹿だなぁ。

 

結婚するのかしないのかはっきりしなさいしないんだったら別れなさいという親、友達としてしか見られないから結婚の望みは薄いという恋人、彼と一生を共にしたいと願う私。全てがうまくいきません。

 

おっと、書きすぎてしまった。
こんなに悲しい夜を越えても、新しい朝はやってきます。ではまた明日。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

眠れないほどの臭さ

おはようございます。
突然ですが、私は朝からとてもしょんぼりしています。
あ、いや、結婚絡みの話ではないんですけど…

 

時を遡ること昨日。恋人は「今日の夜ごはん食べてくるからいらない」と言って出かけていきました。

 

よ、夜ごはんいらない、かぁぁ。
困ったな。

 

そもそも私1人だったら夜ごはんって食べなくてもいいんですよ。そんくらいの食事量なんです。日々。
なので夜ごはんというのはほぼほぼ恋人がいるから、恋人のために作っているようなものでして。
そんな恋人が「夜ごはんいらない」と言ってきたら私はどうすればいいのでしょう。
あ、念の為補足なのですが、私はごはんを作るのは好きですし、恋人のためとなるととても幸せです。

 

うーん。どうしよう。
先程「私1人だったら夜ごはんを食べなくてもいいくらい」と言いましたが、やっぱりさすがに何か食べなきゃまずいだろうなあというのは分かります。
かと言って外で食べてくるほどの金銭的余裕もないし、そもそも外へ出ても食べたいものがない。
なので、昨日は元々外出していたのですが、仕方なくスーパーに立ち寄って夜ごはんの材料を買ってきました。カット済みのキャベツの千切りとえびです。えびが安かった。

 

そして夜ごはんの時間になり、調理。
作ったのはえびのトマトにんにくスパゲッティとキャベツの千切りにドレッシングをかけたものです。超適当。スパゲッティの味付けも素を使っているので更に適当。えびの殻をむいたのはおりこうでしたが、わたを取らなかったのでやっぱり適当です。
鷹の爪をカットするのもキッチンはさみだし、にんにくも包丁をいちいち出すのが面倒だったのでキッチンはさみで切りました。本当に適当。
ちなみにこれが恋人とのごはんになると、えびはわたも取るし、トマトはカットトマトを使ってローレルを入れて煮込むだろうし、キャベツの千切りも自分で刻んだかもしれません。この違いお分かりいただけますでしょうか。

 

…で、で。私のしょんぼりの原因なんですけど、にんにくをキッチンはさみで切ったところにありました。
なにかって言うと、薄くスライスできなかった。ので、十分加熱できずに半分生だった。
加えて「1人だし適当でいいやー」と思って取り出したにんにくが大きくて、しかも2つも使っちゃって…そう、察しがついたかもしれませんが超にんにく臭い人&お宅になってしまったのです。

 

ちなみに昨日の夜ごはんの様子ですが

 

器も超適当でした。スパゲッティなんてフライパンのまま食べてるからね!

 

そしてごはんを食べて諸々のことをしたあと、眠くて眠くてしょうがなかった私は19時半には寝てしまったのです。
多少、のにんにく臭さは自分で把握していましたが、特にめちゃくちゃ気になるやばい臭い、ってほどには感じずに、ぐーぐー寝ていました。日付が過ぎていたと思うのですが、恋人が帰ってきてベッドに入ったこともなんとなく気付きながら、またすうっと眠りの世界に入りました。

 

そして目覚ましが鳴ったのが朝6時。
「わーめちゃくちゃ寝たなー…」と思ってふと隣を見ると、いつもは私よりも後に起きてくる恋人がいない。
あれ?と思ってリビングに行くと、恋人はパソコンを開いて動画を観ていました。

 

「おはよぉー…」
「ねぇゆきちゃん、昨日の夜何食べた?」
「…にんにくだけど」

「……もしかして臭かった?」
「うん」
「あー、ごめん……」
「それで俺眠れんだわ」

 

!!眠れないほどの臭さ!!!!
恋人は約4時間程しか眠れなかったようで、寝室にフレグランスミストをまいていました。
えーっそんなに…?ってかごめん…にんにく食べてごめん……っていうか臭い女でごめん………
彼の苦悶に満ちた夜を想像すると、超迷惑な女だったということが容易に想像でき、なんかその時間帯っていうか多分今も私はすごい臭い女として嫌がられてるんだろうなー…と思うとえらくしょんぼりしているのです。今もしょんぼりしています。
当分にんにくは食べないかなー…なんか、「にんにく臭い私」ではなく「臭くて近寄りたくない私」が恋人の隣にいることに、私自身すごーく、すごーく嫌悪しています。今。

 

まぁ文字数もいい感じなので…今日はこれっくらいにしておきます…。
今日は旅行のおみやげを渡しに久しぶりに母と会います。
先週の、LINEで激怒した以来のがっつりした会話が繰り広げられると思うので…何を言われるんだろうなぁ。

 

とりあえず、臭いししょんぼりだし、お嫁さんにはなれないし、なんだこりゃな木曜の朝です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

私と結婚したらなにかといいのになー

おはようございます。水曜の朝。今日も天気が良くて、洗濯物も外に干せそうです。

 

…で。
昨日私は湿っぽくかつオチのない話をぐだぐだぐだぐだしていましたが、諦める気は(今のところ)全然ありません。だって恋人と結婚したいもん!お嫁さんになりたいもん!そう簡単にいや簡単じゃなくても引き下がるつもりはございませんのよ!!

 

私には駆け引きというか策を練るとか、そういう頭のひねりかたというものは組み込まれていないので全力投球です。朝から晩までお嫁さんにして攻撃です。攻撃って言っちゃってる。
歌って踊ってミュージカルをして小芝居をして演説をして。もはやネタなのかと思われるかもしれませんが至って真剣です。

 

「結婚しよ?」
「お嫁さんにしてください」
「こんなに結婚結婚って言ってくる人、もう○○さん(恋人)の人生においてもういないと思うよ」
「私と結婚したらなにかといいのになー」
「私をお嫁さんにしなかったら人生棒に振るよ」
「私と結婚したらいいことづくめなのになー」
「朝から晩まで私がいない生活って想像できる?」
「他の人と結婚したら、週1で3000円のランチに行かれて旦那(恋人のこと)の愚痴を延々と言われるよ」←偏見
「私はそんなことしないよ?毎日○○さん大好きだよ?」

 

…なんか。書いてて胃もたれしました。脂っこい。重たい。こういった言葉を毎日恋人は聞かされています。ご苦労お察しいたします(でも諦める気はない)。

 

気になる恋人の反応ですが、「はぁ」と「ほぇ~」と「そうだね」と「うん」、この4通りに大体分かれます。
「はぁ」や「ほぇ~」ではぐらかすときもありますが、最近ではぼんやりした顔で「結婚しよ?」「うんー」、「私と結婚したらなにかといいのになー」「そうだねぇ」と言われるようになってきました。いや多分これ喜ぶところじゃないな。
でも昨晩ですね、私とこれからも一緒に生きていく人生の大切さに薄々気付き始めたと言っていました。
う、うーん。でもまぁとりあえず今日も元気に結婚してして攻撃をしまくろうと思います。恋人は駆け引きというものが苦手です。

 

っていうか。最近毎日のように恋人から「ゆきちゃん、最近ずっと歯ぎしりしてるよ?」と言われます。
歯ぎしり。いいことがひとつもない歯ぎしり。その原因にはストレスもあるようです。

 

ストレスねぇ。
ストレスなんて、まぁ他のこともあるけれど、この結婚云々問題も大きなウエイトを占めているに決まってるじゃないですか。
でも「○○さんとの結婚の話がうまくいかないのがストレス」とはさすがに言えない私です。
恋人は私の歯ぎしりを非常に心配してくれるのですが…ねぇ。うん。

 

と、いう感じのここ最近です。
とりあえず今日は出かける予定があるので派手なネイルで行ってこようと思います。スタバの新作飲むぞー

 

この後私たちはどうなるか分かりませんが、できることなら夫婦になりたいとまぁ書かなくてもお分かりいただけると思いますが、はい。そう願う私です。ではまた明日。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

彼は私を守ってくれない

いや、まぁ、なんというか…(突然な書き出しだな)恋人とはあまりうまくいっていないと感じる日々が続いています。
旅行は楽しかったですよ。特に結婚のあーだこーだとかも思い詰めなかったし。
ただ、ねぇ…「あー彼は私と結婚する気がないんだなぁ」と痛感しています。
何を言ってもはぐらかされスルーされ、もうなんか疲れちゃって恋人のことを「同居人」と言っていたら怒られ、しょんぼりしていたらグチグチ言われて…。

 

私は恋人と結婚がしたいです。結婚がしたいんじゃなくて、恋人と一生を過ごしたいです。こんな態度取られてますが。改めて書いてみるとちょっとひどいですが。
でもねぇ…「低所得の障害者」はどうしようもないからねぇ。

 

「結婚する気がないんなら同棲を解消して次に行った方がいい」っていうのも分かります。分かっているし、そうした方がいいんだろうなぁっていうのも分かります。
私はどちらかと言うと「結婚する気がない」のではなく「低所得の障害者である私をこの人は守ってくれないんだろうなぁ(だれ目線よって言い方ですが)」ということに疲れちゃってて…あぁ別れた方がいいんだろうなあってことも分かってはいるんだけど…当事者はそう簡単には気持ちは切り替わらないし、繰り返しになるけど、恋人と一生を過ごしたいんです。
まぁでも、思わぬところで急に糸が切れるっていうか冷めるかもしれないけどね。恋人も私が振ることを待っているのかもしれない。

 

なんかね、私は馬鹿なので占いというものを気にしてしまうんですよ。

去年直接受けた占いでは「来年(つまり今年)今の彼と結婚する」と言われ、占星術ではどうやら私は今恋愛運や勝負運がすごく上がっているらしい。
じゃあ、だから、と変に追い風を受けてしまっています。そんなことないんだけどなぁ。

 

これから先、というよりもしかしたら近い将来一緒にいられなくなるのかーと思うとなんとも言えない気持ちになります。
お金があって健康だったら彼の気持ちは掴めるのになぁ。
もしこの先他の恋をする機会があったとしても、恐らく私は「低所得の障害者」ということを引け目にして何もできないでしょう。
こんな心境で乱暴な言い方をするのは控えたいのですが、「低所得の障害者は恋愛も結婚もしてはいけない」と刷り込まれた気がします。
あー私なんで恋人と一緒にいるんだろう。ってぐらいだめだめですね。でも彼のいいところも十分知っているから、なんっていうかそこも見ちゃうし、一緒にいたいし、私はだめになっていきます。

 

こんなにボロボロなのに、おなかはそこそこ空くし仕事も待っています(仕事があるのは心底ありがたいことです)。
次別れ話を切り出したらもう後には引けないと思うから、当座の感情で言わないように気をつけています。

 

描いている人はこんなに笑顔じゃない日々を送っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3