に投稿

誕生日プレゼントをおねだりする勇気

私と元恋人の暮らしの中には「週に1度、夜ごはんと翌日の元恋人のお弁当を手抜きする日」というものがあります。
要は外食をする日です。手抜きというのはつまり「調理や洗い物を一切しなくていい」ということで、いくら料理が好きだとは言っても週7で献立を考え調理をし洗い物をするのは大変なのでとても助かっています。
まぁ、これで子供ができて生活のスタイルががらっと変わったら外食どころじゃないんだろうなぁとは思っているのですが…(気が早すぎる、というかむしろ馬鹿)。

 

で、昨日がその手抜きをする日だったので、お外で夜ごはんを食べてきました。
…と、ここまでの流れをぶった切るようなことを言うのですが、私は外食は「ありがたい」のですが、どうも「ちょっとだけ、肌には合わない」のです。

 

なにかと言うと、音(店内のざわざわした感じ、人の話し声、調理の音、など)がやっぱり聴覚過敏な人間だという観点から合わなかったり、テーブルを挟んだ距離で元恋人と話すのが妙に苦手だったり、そんな感じなのです。

繰り返しになるけれど、外食は楽しいしありがたいです。おいしいしね。でも、私の「発達障害ライクな特性」という観点から見ると、「やっぱり家で食べるごはんが落ち着くなぁ」という感じなのです。そう、落ち着くか否か、なのかな。
家では元恋人とおしゃべりしながら食べるけど、外食だったらほぼほぼお互い無言だしね。なぜか。テーブルの距離を越える程の声量で会話したくないなぁってのもありますが。

 

楽しいしありがたいしおいしいけれど、やっぱり家で食べるごはんの方がいいなぁ。でも毎日作るのは大変だから、うん。とりあえずは今このときにある「制度」をありがたく利用させてはいただこうと思っています。

 

 

さて、7月になりましたね。私の感覚だけで言えば7月に入ったので夏になりました。まだ梅雨明けはしていないようだしというかまだ精神的に参らない暑さだし外は雨降りなんですが、7月1日になった瞬間に私の中では「今日から夏です」と認定されるのです(これは8月31日まで続いて9月1日になったら自動的に秋になる)。

 

なにが言いたいのかと言うと、私の誕生日が近付いてまいりました。私は夏生まれです。
とは言っても先程の()内の定義に当てはめると夏の終わりに生まれた人間なのでまだ「そろそろ誕生日かぁ」という感覚はないのですが、唯一「誕生日プレゼント」というワードだけは頭のなかにほわわんと誕生しました。

 

今年の頭ぐらいから、「今年の誕生日は自分で自分に腕時計を買おう」と思っていました。
今使っている腕時計もまぁ現役なのですが、デジタル時計(デジタルとアナログの文字盤がある)が1分早くなってしまっているのです。そしてそれを直す代金は、今私が使っている腕時計とほぼ変わらないのです。
直す?買い直す?じゃあ本当に欲しい腕時計をそこそこの金額出して買えばいいじゃん。

…これは若干建前ではあります。ただ本当に欲しい腕時計を身に着けたいというのが本音なので。
ですが先程書いたように、私はそれを「自分で買う」つもりでいました。

 

「元恋人に買ってもらえば?」と思われた方、いらっしゃるかもしれません。
でも私の中では、「今年の誕生日プレゼントに買ってもらいたいものは婚約指輪」なので…めちゃくちゃハードルの高いプレゼントを第一希望にしているので、その、元恋人に腕時計を買ってもらうという思考はありませんでした。
婚約指輪を買ってもらい、私は自分で腕時計を買う。これが今年のプレゼント。みたいな。

でもここしばらくの元恋人を見ていると、どうも「今年の誕生日プレゼントに婚約指輪を買ってもらうのはなんとも言えない空気っぽいぞ」ということを察してきました。
そこで私は「じゃあ腕時計、買ってもらおう、かな…」という発想がちょっとだけ生まれたのです。

 

ですが私は「おねだりができない」タイプの人間。元恋人に「誕生日に腕時計を買ってください」なんてどうやったら言えるのでしょう。どこの口が言うのでしょう。いや婚約指輪は口に出したけど。婚約指輪の方が口に出しづらいと思うんだけど。

「腕時計くらい自分で買えよ」
「おねだりなんてしたら元恋人は気分を害すに違いない」
「っていうかやっぱり婚約指輪がプレゼントの第一希望だし…妥協しているようで嫌だなぁ」
「そもそも、元恋人に誕生日プレゼント買ってもらう前提かよ」
「万単位のものを誕生日に買ってもらうとか、お前は正気か」

とかとか、という私特有の考えが頭の中で密になりながらグルグルして、本当は元恋人に言いたいんだけれど、なかなか腕時計のことを口に出すことはできませんでした。以前から「誕生日に自分で自分に腕時計を買うんだ」と元恋人に言っていただけになおさらです。
でも。昨晩勇気を振り絞って伝えました。伝えてみました。

 

「あのぅ」
「ん?」
「今年の誕生日プレゼント、婚約指輪がだめだったら、第二希望おねだりしていいですか…」
「なに欲しいん?」
「うでどけい…」

 

とりあえず、「だめ」とか「嫌だ」などといった反応はなかったので一安心、かな……あぁでもやっぱり婚約指輪がほしいなぁ…でも婚約指輪を誕生日に買ってもらうにはそろそろお店に行かないといけないから、やっぱりそもそも「今年の夏に婚約する」ことは諦めた方がいいんだろうね…
はぁぁ……

 

という感じで、最近は元恋人に自分の意思表示をするのにそこそこの勇気を要すことが多いです。
とりあえず長くなりすぎちゃったので今日はこの辺で。
誕生日までまぁまだ日はありますからね。どうなったのか追ってお話しできたらなぁと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

顔彩に惚れる

元恋人と私の恋愛の価値観というものは割と違います。
例えば、私は「以前の恋人の話は絶対してほしくない」というのに対し元恋人は「以前の恋人がいたから今のあなたがいる、だから話されても気にしない(だから自分も話していいだろう)」というものだったり、他には連絡の頻度だったり。
連絡の頻度。私は「1か月音信不通になればそれは脈なし、どんなに忙しくても本当につながっていたい相手だったらおはようぐらいは言えるでしょう」という考えなのですが、元恋人は「仕事が忙しくて1分1秒でも惜しい、そんな状態で連絡なんてできるわけないんだから1か月音信不通はそんな騒ぐほどのことではない」というもの。

 

皆さんどうでしょう。私は…「普通は」1か月音信不通だったら、それはもうあなたに興味がないし関係を築こうと思っていませんっていう意思表示だと思うんだけどなぁ。私の普通の物差しがズレているんだろうか。
「私だったら」1か月音信不通になったらもう私に興味はない、縁をつなごうという気はないという認識になるし、逆もまた然りです。
ちなみに私と元恋人は、私が入院しているとき以外連絡を取り合わない日はありません。

 

 

話は大きく変わり。昨日顔彩を買いました。買ってみました。

 

ひょんなことがきっかけで、顔彩にさわらせてもらえる機会があったんですよね。
ですが顔彩というのは昨日まで私にとってかけ離れた縁の画材で、買う前には「あまりにもどんなものか分からないから買っても使いこなせるか不安」と思いかなりためらっていました。
ですが私が一番顔彩に惹かれた「いい感じのムラと滲み」を思い出し、「あの色でお口に紅をひいてあげたい」と思い描いたら、買わずにはいられませんでした。

 

はい、購入。
顔彩についてさくっと調べたんですけどそれでもよく分からなくて、「日本画」とか「色の名前が素敵」といったようなぶつぶつと切った単語だけが頭に入り、でもまぁ使わなくちゃ分からないしとりあえず使ってみますかとなりました。

 

最初の顔彩。生まれて初めての顔彩。
試しになにを描いてみようか、と思った結果

 

なんとなーくこんなものが仕上がりました。

 

絵としてのクオリティはともかく「気に入った!」という感じです。
私が惚れた「ムラと滲み」はやっぱり魅力的で、これからもっと使いこなせて自分の絵、みたいなものが確立していけばいいなーと思いました。

 

私は見るのも描くのも割とぱきっとした絵(線が太く、色の濃淡がシンプル)が好きなのですが、比較的アナログ描きはほわわ~んとした、淡くてふわっとしたものを描くのが好きです。

あぁ、次はなにを描こうか。というか手元に鉛筆やシャーペンといった描いても消せるペンがないので、今度実家に行ったときに取ってこようと思っています。

 

この試作品というか試しに顔彩をさわっていたとき、元恋人がひょっこり私の手元をチラ見して「ゆきちゃんが絵を描いている!!」と(なぜか)とても喜んでいました。
すげー、すげー、ゆきちゃん絵ぇ描いてるー、とのこと。
私もよく分からないまま照れてしまったのですが、いや、私そこそこ絵を描いていないかい…?あなた個展にも来てくださったわよね…??

 

こんな感じで、今日あたりにもまた時間があれば(鉛筆シャーペンはありませんが)顔彩に触れていたいなー顔彩に慣れたいなーと思っています。
一生の相棒になったらどうしようね、顔彩。コピックも好きだけど。でもコピックはボールペンとの相性が悪くてボールペンに滲んじゃうんだよなぁー(いずれにせよアナログ描きが好き)。
まぁでも。今は顔彩にお熱な感じです。
触れるの忘れてたけど、このパレットは気軽に使えるのでなんかよいです。描く準備をするっていう手順がかなり省かれているので、描こうと思ったらさくっとすぐ描ける。よいです。

 

というわけで今日はこの辺で。
私は元気だったり落ち込んだりの繰り返しをしています。なんとかかんとかではありますが、幸せなことの方が今は多いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

もしも私がカメになったら

 

「ねぇ、もし私がカメになったらどうする?」
「カメ?飼うよ」
「飼うのは嫌だよ」
「なんで?」
「水槽の中からあなたの奥さんと子どもを見ていないといけないじゃない」

 

「私はカメになりたい」
「なんで?」
「カメになったら、こんなに辛くて苦しくて悲しい思いしなくていいから」
「カメだって辛いこととかあると思うよ?」

 

「私はカメになって幸せになりたい」
「人間で幸せになればいいんじゃない?」
「私は幸せになってはいけないんだよ」

 

今日は受診日。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

都合のいい言葉に浸からせて

うーん、なんだかなぁ。
元恋人との間に隔たりを感じます。
透明なアクリル板が常に2人の間にあるような。

 

なんというか、とっつきにくくなりました。
とっつきにくく…なんていうんだろ、関わっても仕方ないなぁみたいな。
あんまり話したいとも思わないし、元恋人を眺めたいとも思わないし、ましてや「触れたい」なんて感情も湧きません。

 

元恋人には元恋人の世界があって、私には私の世界があって、それをお互い干渉する筋合いはないし、権利もない。
そんな関係。

 

私はこの関係をどうしたいんでしょうか。透明なアクリル板をどうしたいんでしょうか。
っていうか、そもそもだけど、「元恋人と同居してる」なんて意味が分からないよね。笑うしかない。
でも、「行くところがない」っていうどうしようもない理由で住みつかせてもらっているし、この、私を安定させる糸(実家暮らしはしんどいから)を切られるのは怖い。
元恋人のことは、元恋人に対する気持ちはよく分かりません。よく分からないというか、腹を割って自分の本心と向き合うのが怖いだけです。

 

今は、「話を聞いてもらいたい」というのもあるけれど、「私にとって都合のいい言葉をかけてもらいたい」んだと思います。
都合のいい言葉。ねぇ。都合のいい言葉、なんて聞くとあんまりいいイメージがありませんが、優しくされたい、超甘口の意見で自分を擁護してもらいたい、みたいな時期ってあるじゃないですか。
今はしばらく都合のいい言葉がたっぷり入った湯舟に浸かって空想にふけっていたいです。右も左も前も後ろも現実だけど、斜めから切り込んで少し逃げていたいです。自分の速度で進退は決めるから。

 

なんかどうしようもない殴り書きになって申し訳ありません。
私は自分を大事にできてないんだなぁ。自分を大事にできていない人間を、誰が大事にしてくれるだろうか。
皮膚や膜に覆われていないような、むき出しの気持ちはきっと「元恋人と末永く縁が続けばいい、一緒にいたい、結婚したい」なんだとは認めます。
でもそんな、皮膚や膜に覆われていない気持ちなんて傷付きやすいじゃないですか。
やだよこれ以上傷付くの。
でも一緒にいても離れていても、傷付くもんは傷付くんだけどね。なにしたって。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

大パニックのちラーメン

えっと。
なんだかんだでアパート(元恋人宅・旧同棲先)に住みつき始めているのですが、退院後は1人にならない対策として毎日実家に「通所」をしています。
1人でいると複合的な理由で具合が悪くなる傾向にあるので足しげく通おうかと(やってみて毎日実家に行くのは金銭的体力的にしんどいことが分かったので見直そうと思っているのですが)。

 

で、昨日も実家にいたのですが、昨日の帰りは母にアパートまで送ってもらうことになっていました。
いつもは公共交通機関で帰るのですが、雨降りだったし、母がちょっと出かけたいようだったのでついでに、という感じです。

母と談笑しながら刺し子をし、そろそろ帰る時間になったので身支度を始めました。この時期にコートを全部アパートに運んじゃうあたり、本気でアパートに居座るつもりのようです。

 

ですが、諸事情が諸事情を呼んで、アパートに帰る時間がめちゃくちゃずれ込んでしまいました。
車に乗ってアパートに向かっていたのが大体17時半。
17時半というのは私にとって「アパートにいて、顔を洗っていて、パジャマに着替えていて、日記を書いていて、18時からの夜ごはん作りに向けてなんとなく意識を傾ける」という時間帯です。
ですが今は「顔も洗っていない、パジャマでもない、日記もまだ書いていない、そして車の中にいる」状態。

 

私は車の中でパニックになりました。いつもと違う。いつもの日常じゃない。めちゃくちゃイレギュラーな展開についていけていません。
母にはこの感覚が皆目分からなかったらしく、私のおろおろっぷりに首をかしげていました。
「ずれ込んだらずれ込んだなりに予定を立て直せばいいじゃない」と母に言われるのですが、私は「えっ、無理、どうしよう」としか言葉にできず、頭を掻いたり手を揺さぶったりしてとにかくおろおろになっていました。

 

とりあえず元恋人に連絡。「(18時前なのに)まだ帰れておらず、大パニックになっております」と。
そうすると元恋人は「じゃあ今日外食にする?」と、私がうっすらと「こうだったらいいのにな」と思っていたパスを投げてくれたのでありがたく乗っかりました。
母は「えー、お金もったいないよー」と言っていたのですが、なんかもう母にはこの感覚(予定が狂いに狂って対処できなくて大パニック)が共有できないようなので右から左に聞き流していました。まぁ、最後の方には「(私は)こういうことが苦手なんだねぇ」と新たな私の攻略法を見出してくれていたようなのですが。

 

と、いうわけで夜ごはんは外食になりました。快諾してくれた元恋人に感謝です。

 

ここのラーメンは本当においしい。
おいしいあまり、このラーメンに求められるハードルが高くなりすぎていつもの味と違うと逆に酷評されるレベル。

 

夜はいい感じにばたんきゅーでした。この大パニックがげっそりぐっすりの元を作っていたようです。
元恋人が夜中に起きてベッドの向かいにある冷蔵庫を開けて水を飲んでも全く気付かずぐーぐー眠っていました。
よって今朝の目覚めはいい感じにすっきり。今日は実家には行かないので、のんびーり1日を過ごしたいと思います。メリハリある?もしかしてこの生活。

 

元恋人とはいろいろある…というかいろいろ思うことはお互いあるけれど、ふわっと一緒にいるような感じです。
元恋人の言葉を借りるなら、お互いいろいろ思うことや相手に対して思い悩むことがあるから「両想い」なんだとか。逆に。…逆に?

 

以前書いたかもしれないけれど、ひとまず結婚云々の話が進展しない問題の核は分かったので、私は元恋人を信じて、そして私自身は明るく元気に、待っていようかなと思っています。待てなかったらもしくは限界を感じたらそのときになんとかします。
昨日の話とつながるかもしれないけれど、なんだかんだ言って離れない、縁の途切れない私たちは、そこそこソウルメイト感はあるんだろうなぁと。
(ちなみに母ともソウルナンバーが一緒なのですが、まぁ親子なんだけど母とも深い縁で繋がってる感じはする)

 

はいでは。今日もそろそろ1日を始めようと思います。
今日の予定はスーパーに行くぐらいなので、のんびーりと過ごしています。
そう言えば梅シロップ。私が入院している間も元恋人が自主的に振っていてくれたおかげで今いい感じに成長しています。明日梅を取り出そうかと思っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2