2件のコメント

ぢだがぎがぼあらなび(訳:下書きが終わらない)

img049.jpg
いつぞやの診察の時のこと。
どんな話の流れだったかは覚えてないんですが、とにかく漫画に関する話をしていて、
先生から「締め切り前に躁状態みたいなんが来た方が、がーっと描けていいがじゃないんけ?」…みたいなことを訊かれたなぁ、ってことを最近やたらと思い出しています。
その時に私が何と返したかもあまり覚えてないんですが、仮にもしそんなコマンドが使えるんなら、個人的にはネームから下書きの頃に来てもらいたいなぁ。と、この話を思い出すたびに心の中でレスポンスをしています。
締め切り前はひたすらトーンを切り貼りしたり細かい模様を描くのにちまちまペンを動かしている云わば単純作業のようなものなので。
なんでこんな話をしているのかというと、下書きが終わらんからです。
ちゃんと描いているはずなのに、全然終わる気配が見えんからです。
がーっと描き終えられたらどんなにありがてぇかと思うからです。
いや、でも一番の本音ってか理想ってかは、そう頻繁にがーっと描けても心配なので、今のような感じでいいっすよ。ってことですかね。
明日も下書きに励みます。うへぇ。
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

0

2 thoughts on “ぢだがぎがぼあらなび(訳:下書きが終わらない)

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コマンドとして使えたら、誰も困りはしませんがな...
    と、ついツッコミが思い浮かんでしまった私です。
    茶柱は、立たせるものではなく、立つものなのかもしれません。

  2. SECRET: 0
    PASS: 77d420f0c000e55dffb83facccbbd8a1
    >鍵コメ様
    いや、本当にそうだと思います^^;
    むしろ、こんなことが出来てしまった方が体がもたないと思うのは私だけでしょうか。
    自分自身は、現状維持でいいかと思っています。
    茶柱のやつですが、緑茶を茶葉から淹れて飲んでいるんですけど、いつも茶葉が横に倒れているので…。
    「あぁ今日も立たないなぁ」と、ぼんやり残念がる気持ちを表してみたような感じです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です