YouTubeで満身創痍

最近、その日その日の作業を終えた後に
YouTubeでaccessのライブ映像を観ながら一緒に盛り上がる
というのがちょっと好きになりつつあります。
(って言ってもAXS SINGLE TRACKSの曲しか聴いたことがないので、まぁ2、3曲だけ)
どこかに書いた覚えっていうか割とよく言っているような気もするんですが、私は
長時間画面の前に鎮座して何かを観続ける
というのが凄く苦手な人間です。
且つ、どれだけ観たいと思っている映像でも、よほどのテンションがある時でないと観れません。
好きなアーティストのアルバムのDisc2的なDVDも、1度観たか観てないかぐらいのアレです。
自分で聴きたくて観たくて買ったのに、です。なんかもうすみません、です。
で、話を戻して、『ライブ映像を観ながら一緒に盛り上がる』。
なんかね。
なんだありゃあ。
めちゃくちゃ楽しいです。
いやもう本当楽しい。なんだありゃあ。
youtubeで
もうなんか、『映像を観ている』って感じではないんだろうな。
一緒に歌ったり曲に合わせて腕振ったりして。
2、3曲だけなんですけど、イヤホンを外して地上に戻ってきた頃には、もう燃え尽きている私がいたのでした。
で。
2、3曲だけなんだけど、そんな音楽に合わせて腕を振り慣れてない私がずっと腕を振り続けていると。まぁ案の定二の腕が筋肉痛になりました。
1日半ぐらいのタイムラグを置いて筋肉痛になりました。
…いや、まぁね。この身体も28年もんなんだなぁと思いますね。
あとは絵でもなんとなく表せるように描いてみたんですが、急に勢いよく腕を上げると、ヒジの関節が2割ぐらい外れたような感覚に襲われました。
「痛っやべっ」って思ったことは思ったんですが、多少の痛みよりライブのテンションを優先しました。
なんかほどよく満身創痍ですね。
まだ二の腕が筋肉痛なので、治ったら再開したいと思います。
ちなみにですが、私はライブというものに行ったことがありません。
もっと言うと、ステージや舞台を『観に行った』記憶もほとんどないです。
ほぼ生まれた時から野心家の人間だったので、小学生あたりでもう
「自分はステージに立つ側の人間になるんだ」みたいな思いがあったんですけど、
「自分はステージに立ちたいのに、観る側になるなんて」と
『ある種の悔しさみたいなものをわざわざ味わいたくない』というような変な意地
…が幼い頃に根付いてしまって、そういうステージや舞台を観るって文化を自ら削いでしまっていたような気がします。
今はね。色んな経験積ませてもらったんで、大体自分の方向性ってもんが定まっていると思いますけどね。
元はといえば
1人カラオケに行くときのノリを覚えたくて観てみたんですが。
いやー、何が起こるか分かりませんね。また画面の前で燃え尽きてきます。
あと、一応補足しておくと、自分の中で一番ツボに来るのはIcemanだと思っています。そこんとこひとつ。
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

0