に投稿

どうしようもない話

20160531.jpg
おはようございます。
朝はいつも割と時間があるので、こうやってほぼ毎日(いやもう毎日だよ)ブログを更新している私です。
文章力を衰えさせないというのはある意味後付けのような気がします。いやどうかな。

昨日、お風呂に入りながらそして頭を乾かしながら自分の恋愛情勢について考えていました。
以下どうしようもない話です。
なんかね。私って誰かから(恋愛的な意味で)好かれたり愛されたりするのかなって。
もっと言いたい事をピンポイントで言うと、私の人生において誰かから告白されることってあるのかなと。つまりが私の人生において誰かが私を愛してくれることってあるのかなと。
いや、今まで一切ありませんでしたってわけじゃないんだけど、少なくともこの10年間を見てみるとないんだよねぇ。
私が誰かを好きになって告白した結果振られました、というケースしかないです。
あーそうだ、後は私から告白して付き合えたとしても、とんでもない(モラハラとか)パターンしかないです。
私はこの後の人生、愛される喜びを知るのかしら。
(朝から濃い文章打ってるなぁ)
なんかもーね、これだけ人を好きになって追いかけて振られっぱなしだと、もう疲れた…というのもあるんだけど、「私は誰からも好かれない(恋愛的な意味で)人間なんだな」と思うようになりました。はい。
だから仮に今後好きな人ができて片思いをするとしても、乱暴な言い方『無駄』に思えてしまう。
「所詮私は振られるんだから、痛い思いをする前にこれ以上好きになるのをやめよう」と。
…そんな思考回路で昨日はお風呂上り、頭を乾かしていました。私もうすぐ30歳。
ここで恋をすることを強引にやめたら、本当私は一生独身の人生設計を立てないとなーとか思ってます。
もう追う恋は疲れた。
どうせ振られるし。これっくらいの年齢になるとどうせ周りは彼女持ちか妻帯者だろと。
(最近はもう『世の男性は皆彼女持ちか妻帯者だと思え』思考になっている)
よくある言い方をするなら、「もう傷つきたくない」。
そりゃ、パートナーがいて愛され愛す喜びを知りたいですよ。でもねぇ。こればっかりはねぇ。
…という、どうしようもない話でした。
あれなのかな、私は本当に私の周りの方々に恵まれているから、恋愛まで恵まれるのはそりゃ贅沢なのかもしれんね。
外を見ていると時々思います。
ああやって一緒にいるカップルは、同じ時間に同じ場所で同じ『好き』という思いを持っていないと一緒にいられないんだよ、それってすごい奇跡なんだよと。
さ、私は今日も仕事だ。
2週間の内半分を超えようとしています。今日も頑張ろう。

0