に投稿

いちじくの木

20160531-2.jpg
ねっむい!!
おはようございます。おおくまです。
昨日は母と落ち合う前に某所でちょっと仕事をしていたのですが、その冷房の効きすぎた店内でアイスコーヒーを飲みながら震えていました。めちゃくちゃ体が冷えました。
いやーでもね、昨日は楽しかった。
実は割と基本的に悶々とした生活を送っているのですが、昨日はなんってんだろう、心の通気性がとてもよかった。
母の買い物に付き合ってー
私は買おう買おうと思いつつずっとタイミングを逃していた靴をようやく買ってー
そしてスタバで2人でいちごのフラペチーノ。
おいしいねぇおいしいねぇと言いながら飲んでいました。
そんな感じで夜に帰ってきたから、なんかずっと興奮していたんでしょうねぇ。眠れませんでした。
お布団に入って30分、1時間、1時間半…
リラックスを心がけてみても眠れる気配がない。
私、いつもはお布団に入ったら10分ぐらいで眠れるんですよ。なので尚更泣きそうになりました。私もう一生眠れないんじゃないかと。
しょうがないから0時を過ぎたところで頓服さんを飲みました。
それで眠れたことは眠れたのですが…目が覚めたのが5時っていうね。
後でお昼寝します。

以下ちょっと湿っぽい話なのですが、今日は愛犬の命日です。
とっても可愛くて可愛くて、とっても可愛い犬でした。
元々拾ってきた子で、家に来たときからそこそこの年齢ではあったので大往生的な感じではあったのですが、やっぱり現実から逃げちゃいたかったです。
こんなに可愛いうちの犬が亡くなるはずがない、と。
もう最期の方はごはんも食べないし1人では排泄ができないし立てない状況ではあったのですが。
私としては初めて『家族が亡くなる』現場に立ち会ったときで、もう吠えないしごはんも食べないしすり寄っても来ない愛犬を抱きかかえた弟を見ながらわんわん泣きました。
そして次の日、家の花壇の傍に埋めてあげました。
6月にしてはカラッと晴れた朝で、首の後ろからじりじりと当たる日差しに「もう夏が来るんだなぁ」とぼんやり思っていたことを覚えています。
愛犬のお墓には、今いちじくの木が植えてあります。
1年経った今、少しずつ実がなりはじめてきました。
愛犬が亡くなってからのこの1年、今まで愛犬の話はしてこなかったのですが、やっぱり思わずにはいられませんでした。
とっても可愛い子。いちじくはいつ食べられるのかな。
湿っぽい話になってしまいすみませんでした。
正直まだ元気だった頃の写真を見るのは辛いのですが、我が家に可愛い可愛い犬がいたことは私の一生の喜びです。
今日は2週間?ぶりに取れたお休みの日です。
寝たり寝たり寝たりしてごろごろ過ごそうと思います。

0