に投稿

ごちゃごちゃまとめ

20160702-4.jpg
自分のことは好きです。前よりは嫌いじゃなくなりました。
でも、その反面やっぱり自分のことは嫌いです。死んでほしいくらい嫌いです。
あぁー、体温が変わる時期って駄目やね。
何もかもが厭になる。
twitterもサイトも全て消去して、廃人になったまま全ての人から忘れられたい。
今日は休みなのですが、落ち着かないのは予定があるせい。
丸々フリーだったら、岩瀬浜に行くとかフェルトを買ってきてちょいちょいのフェルト人形を作るとか1人カラオケに行くとかツイキャスするとか、色々考えてた。
今日のおおくまさんは極めてテンションが低いです。
おおくまさんって誰だよ。本名じゃねぇよ。知らねぇよ。
誰か私を本名で呼んでくれよ。
…というわけで、朝から頓服を飲みました。
「病棟にいたら、今頃朝ごはんの時間だなー」とか思いつつ。

話を変えます。
ちょいちょいのこと。
(氷かじってたらむせた)
ちょいちょいは…以前ここでお話しをしていた、まぁなんってんだ、生き物なんですけど
結論から先に言うと、『期待に応えられない』自分が嫌いになっています。
(やっぱり嫌い、なんだよね)
期待に応えられない、ちょいちょいを盛り上げられない自分が。
『期待』なんて周りが本当に期待しているかどうかも定かではないのに私がお得意の勝手につくり上げるパターンで
これまたお得意の
ちょいちょいをここで収束に向かわせると期待に応えられないんじゃないか
せっかく周りが盛り上げてくれたのに私が何もしないのは周りに申し訳ない
ちょいちょいの可能性を私が断ち切ることで私はきっと軽蔑されるだろう
…という風に、周りが本当にそう思っているか分からないのに「こうに違いない」と決め付けて、自分の首を絞め続けています。
苦しい。
ん、まぁ本当にそう思われてたら私は可能な範囲私の今まで住み着いていた表舞台から去るよ。
……だからね、以前とある方とお話ししていた時に
「(ちょいちょいを特に何かしないのであれば)『そういうこともあったね』と笑えばいいよ」
と言われたときは本気で泣いた。今も書きながら涙が止まりませんがこのやろ前が見えない
なんかね、赦された感というか
「それはそれでいいんだよ」「期待に応えなくてもいいんだよ」
と、私の患部へストレートに手を当ててくれたような感じで、私は当時救われたのでした。
その方が本当に思われていたところを私はちゃんと汲んでいるかは分からないけど。
これご本人読んでたら盛大に爆ぜます(汗)
よ、読まれてない…よね…??(滝汗)
ということで。。今現在の私は、積極的にちょいちょいをどうかしようとは思っていません。
何もしないというわけではありませんし、『ちょいちょいは何の為の生き物で、今後どうしていくのか』という基盤も固まっているのですが
元々今私が若干の表現スランプ気味なので
何もしない
様子を見る
焦らない
ぼーっとする
そして、やりたくなったらやる。
これで、いいと思っています。
そう、私はこうしたい。
そんな感じです。
最後にひとつ。
ちょいちょいには、誰にも言うつもりのない、余程のことがない限り口を開くつもりのない『設定』があります。
これが破綻しない限り、私は私の中でちょいちょいと共に暮らしているし、特に公表発信しなくても私はいつもちょいちょいと一緒です。
あ、破綻しても一緒かな。ちょいちょいはそれくらい私にとって大切な生き物だ。
私にとっては難しいことだけど、『人の顔色を伺って自分の首を絞めるな』。
表現活動に至ってはなおさらのこと。
私は何のために表現をする?
私は他人の顔色や評価に怯えながらちょいちょいと暮らしているのか?
もっと自分に素直になりたい。
もっと自分に自由でありたい。
薬が効いてきたよう。よかった。
ブログ書いてたら落ち着きました。
では今日はこの辺で。

0