に投稿

Inside of my heart likes mad cow

img408.jpg
おはようございます。
今日のタイトルは意味がないようで意味があるようで、です。ぬふ。
あ、この記事は口調が悪かったり荒い内容だったりするので、気分が悪くなりたくないという方はここで読むのを止められることをお薦めします。
さて、twitterを休止して一晩。(あ、仕事とかのアカウントは稼動してます)特段「うわあああああtwitter触りてえええ」みたいな衝動はありません。
むしろ間違って開いてしまったとき、そっこー閉じてます。なんか、見たくないから。
ただね、自分のツイートがどれだけ心底至って極めて無意味なものかっていうのは再確認できたような気はします。twitterってそういうものなのかもしれないけれど。
「眠たい」とか「ピアスがなかなか通らない」とか。それ言ってどうすんの?という感じ。
最初は『癖』でツイートしたくなるけど、この全体的な「だから何?」感。深呼吸して考えてみると、ツイートした後の自分の虚しさに気付きました。
そしてタチの悪い自己顕示欲。誰もお前のことなんて気にしてねーよ勘違いしてんじゃねぇよ(暴言)
まぁ、今日もtwitter休止は続きます。

話は変わり。すっごい変わります。
以前まで私は『病んでる』という言葉が嫌いでした。
『メンヘラ』の次ぐらいに嫌いでした。(メンヘラは今でも好かない)
何この軽っちいの。ちゃっちいの。
こちとら遊びで障害者じゃねぇんだよ。精神科通ってるわけじゃねぇんだよ。
そんな軽々しく言葉に出すなよ。
お前目が覚めたら集中治療室で人工呼吸器突っ込まれてたことあんの?
口に出せないほどの私の前で軽々しく口にすんな
…ぐらいに思ってました。(相当嫌いだったらしい)(じゃあメンヘラについてはもっと暴言吐くわけですね)
だけど最近、なんだかフラットな感じで受け取ることができるようになってきた。
「あぁ、今メンタル的に具合が悪いのね」みたいな。
そういう意味から言ったら、今私は『病んでる』。
最近の私のブログの文面や行動を見ても、なんだか尖っていることは分かるかと思います。
このくだりで何が言いたいのかと言ったら
『病んでる』という言葉を気にしなくなってきた
最近の私はメンタル的に具合が悪い(病んでる)
ということなんだけど
まぁー自分の体を傷付けて遊んでないし、最寄のマンションまで行って靴脱いでないし、それだけでもまぁいいかぁ
という感じです。この後どうやって締めるつもりだろうこの話
とにかく最近、自分を破壊したい衝動が強くて困ってます。そして、つくづく私の癒しは『自分が死ぬことに思いを馳せること』なんだなぁと思います。変態ですかね。想像してると心が安らぎます。
これ休止直前のtwitterで言っていたんだけど、先生のニュアンスを借りると、私は生と死のギリギリのところで愉しんでいるらしいです。まーバランスが崩れて死の方へ落ちてもいいけどね!夏だし!
恐らくこの記事は、漫画やイラストなどといったサイドから来てくださった方には相当引かれるであろう記事だと思います。
(でもここまで書いたしこんな長々と日記には綴れないし削除はしません)
でもね、なんとなく冒頭の絵を見て頂ければね、なんとなく。辻褄のようなものが合うのではないのかなーと思います。
そう、私の根底には割と光はないんだよ。
というわけで。今回はこの辺で締めようと思います。
twitterしてないので、もしかしたらまた現れるかも知れませんが。
とりあえず仕事が終わるまで働きますー。
今日は金曜日!今日納品したら土日お休み!わーい!

0