に投稿

【長文】最近のこと・通院篇

おはようございます。
お久しぶりです、おおくまです。
ここ最近、とても濃密な出来事が多すぎてブログを書く時間が取れませんでした。
と同時に、濃密な出来事が多すぎるのでブログに書くネタが溜まっています。
ちょっとずつ、場面に分けて書いていこうかなーと思っているのでよろしければまたお付き合いください。
というわけで、今回は昨日の受診のこと。
昨日の受診はですねーとうとう先生に1人暮らしの旨を告白する日でした。
告白って。まぁここでも時々どうしよどうしよって言ってましたけど、言い出すにはかなり勇気の要る内容だったわけです。
です…が。割と心の準備をする余裕がなかった!
前日(昨日が15日なので14日ですな)はお墓参りに行った後親戚の家でご飯を食べて、帰ってきたのが21時…そこからお風呂に入って寝る準備して、と1日中バタバタしていたし
昨日は昨日でバスのダイヤが祝日だということを忘れていたので、いつもと違うバスに慌てて乗って病院まで歩いて(いつもは病院前で降りるバスに乗る)、とへとへとになったし
…という感じで、まぁいい意味であれこれ考えて不安になる心の隙間がなかったわけです。
そしてへとへとになっていた私は、待合室で乾いたコンタクトを潤す意味も込めて目をつぶってぐったりしていました。
で、名前を呼ばれて診察室へ。
最初は仕事の話や生活リズムの話をしていました。そこで先生に褒められちゃった私。「セルフコントロールできてますね」と。
やったーこれで1人暮らしの話も上手く行くかもしれない!
んで、んで、んで、とうとう思いを告げる瞬間がやって来ました。
「伝えるの遅くなって本当申し訳なかったんですけど―…」と。
なんっていうか、告白ってもうそういう雰囲気っていうか台詞を切り出したらもう伝えるしかないじゃないですか。後には引けない空気ですよ。もう言うしかない。
というわけで伝えました。1人暮らしに向けて今あれこれやってるんです、と。現在進行形なのがポイントです。
「家族と○○(通所先)の協力とサポートを受けながら今あれこれやってるんです」
「あーそういえばそんなこと言っておられましたね いいと思いますよ?」
「ちなみにどの辺りに住まれる予定なんですか?」
「えーっと、○○辺りですね」
「今物件ってどのくらいあるんですか」
「いや~そんなにないですよ、やっぱり繁忙期と比べたら。消去法です(笑)」
「まぁでも○○辺りなら安いとこありそうですしね」
待って待って待って
めちゃくちゃあっさりしてて通り過ぎるところだった

そう、想像以上にするっとさくっと主治医の先生のGOサインが出たわけです。なんか物件の話で盛り上がっちゃってるし。
でもねー先生の存在っていうか言葉は大きかった。し、安心した。
その、『先生に伝えて許可をもらわないと次に進めない』っていうものから来る安心感もあったけれど、また別のベクトルの安心感。
先生とは今年で10年の付き合いです。10年ずっと一緒にこの病気や障害をなんとかしようとしてきた方。
今の病名も先生からもらったし、治療も先生が中心だったし、私の黒歴史をほぼほぼ知っている唯一の方だし、私のことをかなり知っている方。私の変遷や進歩や進化をとてもよく知っている方。私自身、とても信頼しているお医者さん。
上手く言えないんだけど、陽性転移とかではなく、先生は私の中でなんだか『特別』な方なのです。
そんな方から…1人暮らしっていう精神障害を持った人には恐らくかなりなチャレンジをこれだけさくっと「いいですよ」と言ってもらえたっていうのはとても私の背中を押してくれた。なんかすごく嬉しかった。
言葉にするのは難しいんだけれど、自分の成長を認めてもらえたようで。
そしてこの話題がひとしきり盛り上がった後、私事ではありますがと来週で30歳になることも報告しました。
私のこの報告の裏は、ずばり
「30歳まで生きられました。先生ありがとう」
です。
先生は「え 喜んでいいんですか」と年齢的なアレでツッコミを入れてきたのですが、私としてはめでたいことです。
ぶっちゃけ、ぶっちゃけね。
この障害?病気?、を10代で罹患して、30まで生きられたって当たり前のことじゃないと思うんだ。
私もいつ死んでもおかしくないようなタイミングはこの10年で何度もあった。
目が覚めたら集中治療室で人工呼吸器をつけていて、目が覚めた私の様子を見に来た先生に筆談で「ごめんなさい」と告げたこともあったし、マンションの屋上から飛び降りようとしてでもできなくて、泣きながら先生に電話したこともあった。
(今書きながら段々この10年の黒歴史を思い出してきてうわああああってなっている私)
なんかねー、本当この10年色々あったよ。
通院して10年、私も20代から30代に変わる年。
なんかすごい昨日は節目の日でした。
先生、『当面の間』今後ともよろしくお願いします。
そして帰ろうと思ったらめちゃくちゃ大雨。
傘が嫌いな私は家を出るときから微妙に降っていたにも関わらず傘を持ってきていなかったので、しばらくの間いや2時間ほど雨宿りをしていました。
雨宿りのち薬局。薬局も、今回から新しいおくすり手帳に変わりました。今まで4年間使っていたものから。
で、雨が止んで帰ろうと思ったら今度はバスがない。休日ダイヤの野郎!!
仕方がないので30分ほど、6停留所分歩きました。意外と歩けてびっくり。
その後、ねぎらいのパン(お昼ごはん)を食べて、あれこれ用事を済ませて、家に帰りました。
帰ったら家族みんないた。そういえばまだお盆休みっぽいです。
…と言う感じの昨日でした。うわあすごい長くなってしまった
ここまで読んでくださりありがとうございました。
さぁ、これからは新しい生活に向けてちょっとずつ準備を始めます。
確かに昨日は新しい風が吹いた。そしてその風が私の背中を押してくれた。「大丈夫だよ」と。
この先もきっと挫けたりへこんだりみんな嫌になったりやめちゃいたくなるときもあるだろうけれど、私は今、これからが楽しみです。
静かにわくわく。
さて、今日も頑張ろう。

0