に投稿

最近のこと・短歌篇

短歌を作るようになりました。
うん、まだ1週間も経ってない。作り始めてから。
きっかけは、時々ここでも出てくる生き物『ちょいちょい』(今年6月後半ぐらいに詳しい記事があるはず)に思いを馳せていたとき、ふっと湧いた五七五のフレーズから。
ふむふむ、なんかこの言葉のテンポいいな…じゃあなんとなく七七加えてみる?

あれなんかすごいいい感じ

あ。。短歌作ってみようかなぁ

やべぇ短歌めっちゃ楽しい
こんな感じで今に至ります。うん、まだ1週間経ってないんだけど。
1週間経ってなくてめちゃくちゃ熱があるから、今1日3首ぐらいのペースで作っています。
なんだろう。どうしてこんなに楽しくて面白いんだろう。
現時点で思うに、やっぱりまずは字数の制限があるところかなーって思います。その中で言葉をくるくる動かしたり変えてみたりすると、ぱあっと世界が変わる眩しさがすごい。
あとは余韻。余韻やばい。いい意味で『引きずる』。音が反響して振動してふぁんふぁん音を響かせながらフェードアウトしていくような。特に切ない余韻がたまらなく好きです。
うむ。短歌の魅力。これからも世界に浸り続ければもっと見えてくるのかもしれないな。
なんだろー、私で言うとtwpoemは抽象的っていうか『ぼかす』っていうのに対して、短歌は割と場面が見えるっていうか『外枠を映す』みたいな感じがあるかもしれません。
で。。勘の良い方は勘の良い方なのですが、ある程度短歌が溜まったらサイトで公開します。短歌も発表していきます。
というか今、ページ作って後はそろそろ公開の準備をするだけになってます。
ふとこの前、『性に合う』って言葉を思い出しました。
自分のフィールドということでは好きとか得意とかと同じくくりなんだろうけれど、また全然違うベクトル。
好きと性に合う、は必ずしもイコールにはならない。
得意と性に合う、も必ずしもイコールにはならない。
絵と言葉は私にとって私を形成する構成する、私の表現の核になる2大成分。
絵を描くことは好きです。もちろん大好きです。し、やめるという言葉は私のプログラムにはありません。
でもなんとなく言葉で表現する方が、なんとなく。『性に合っている』んじゃないかなぁとぼんやり思いました。
時々思い出すんですが、私の中の表現のポイントっていうかやり方のひとつに
病床でもできるもの
というのがあります。
まぁ実際ダウンしてしまうと何もできなくなっちゃうんですが、ベッドの上でもできる表現。言い換えるとコンパクトなもの。そんなやり方を好むし、そんなのがいいなーって思っています。
とにかく今は、短歌を作るのが楽しいです。
落ち着くまで本当1日にいくつも作るかも。というより、それだけの感情や情景が湧いてくる。またtwpoemも書きたいけどね。140文字以内に収める言葉たち。
あーいつか詩と短歌の本出したいなーあと詩と短歌のポストカードも作りたいーかなり昔に作ってたけどー今も多分残ってるであろうことが怖いーーー
それでは。最近の濃密な出来事綴りはこの辺でおしまいです。
今日からまたいつもの日常。安心します。
昨日仕事めちゃくちゃ頑張ったしー今日はお休み!この後通所先の施設へ行って先日の受診がどうだったとか最近の私の様子とかをお話ししてきます。帰りには毎年恒例になっている、私の誕生日に母に渡すプレゼントを買ってこようかと思っています。
それでは今日も穏やかで良き1日を。

0