に投稿

引越しの分析、と解体、と開封

昨日は1日中荷造りをしていました。
もう、家中が段ボールだらけ。そして帰ってくる弟の荷物もあるからなんかごちゃごちゃです。
でもまぁ私の部屋の中はだいぶがらんとしました。
そのおかげで印鑑どっか行っちゃいました。
おいーおいーーー鍵もらうときとか必要なんだよーーー
目ぼしい段ボールを開けてみようかな…
昨日の後半は本当へとへとのへろへろでぼーっとしてた。
だから印鑑もどっか行っちゃうし、不動産屋さんの書類も段ボールの奥深くに埋めちゃって、もう取り出せない状態。あぁ…新居の住所がしばらく分からない…
そんなことをしながら、やっぱりふっと「淋しいな」とか「引っ越すのなんか嫌だな」とか思う瞬間ってあるわけで。
「もうこの家にこんなに住むことはないのかな」とか
「もうこうやって家族分のおかずを作ることもないのかな」とか。思っちゃって。
でも、よくよく分析してみると、「淋しい」とか「なんか嫌」とか思う先って、否定や打ち消しの形なんだよね。
もうこの家にこんなに住むことは『ない』
もうこうやって家族分のおかずを作ることも『ない』
そして、今までの当たり前の日常だった生活が変わり非日常になり、まだ見ない知らない生活が私を待っているという見えないものに対する恐怖感。
「もしかしたらこの先この家に住む、ことってなくなるのかな」って。また帰ってくるかもしれませんが。
ちなみにどうして「この先この家に住むことはなくなるのかな」と思うのかと言うと「結婚するかもしれんやん?」というアレです。(結婚願望は一応あるのです)
いや…それって恐らくめでたいことだろう。
まぁだから、楽しいことを考えよう。という話です。
1人暮らしを始めたら…そうだなぁ、声筒抜けにならずにskypeとかキャスできるなー
つっぱり棒を駆使しておサレな収納をするんだー
何より、自分のテリトリーをしっかり作れて、それを大体誰にも侵されないというのが嬉しい。かも。
実家暮らしだと、私のテリトリーに家族が入ってくるなんてしょっちゅうだし、それで地味にストレス溜まるっていうのもあるから。
まぁー今こう思ってるけどね。いざ1人暮らしを始めたらどうなるかね。
そんな感じで…今日残りの荷造りやらねばあああああってなってます。
今日は午前中ちょっとだけ仕事。で、夕方前から出かけるので、その短い時間でぱぱーっと荷物をまとめなければなりません。
昨日だいぶ終わらせたからまぁ勝算は見えてるんだけど…パイプベッド、ちゃんと解体できるかなぁ。っていうか向こうしばらくお昼寝できないことが判明しました。うあー
それでは…まずは印鑑探してきます。
20160921.jpg
久しぶりのらくがき。
目の前に紙もペンも時間もあると特にそうでもないのに、紙もペンも時間もないと描きたくなる不思議。
なんとなく、病棟の空間に似てると思った。
っていうか愛用しているペンもなぜか段ボールに詰めちゃったんだよねぇ…

0