に投稿

引越しの朝

おはようございます。引越し当日の朝です。
…が、別に部屋が引越し仕様でがらんとしているくらいで、特に私の心境は淋しいようなネガティブなような、そんなベクトルへは沈んでいません。
僅差で、楽しみの方が今は大きいかな。
心配なのは、虫さんと山のような段ボールの荷解き。いつ終わるのかな…あと、出ないで…(虫さん)
あーでもねぇ、昨日新居に入って真っ先にやったのがというか弟がしてくれたんだけど、バルサンは効きました…効いたような気がする。と、そう思う。
多少業者さんが除菌や掃除をしてくれたっぽいんだけど、焚き終わったら床にそこそこ【ピーーーーー(自主規制音)】だったから。
さて、うん、そう、昨日。
昨日はまず不動産屋さんに行って鍵をもらってきて、そして先程の通りバルサン。を、弟が焚いてくれました。
で、焚いている間に弟のアパートへ行って、実家に戻ってくる弟の荷物を車に詰める手伝い。弟が使わないものも結構もらってきました。塩とか、砂糖とか、醤油とか、酢とか。いや調味料だけじゃないけど。
んで、それを今度は実家まで運んで、車から降ろす降ろす。ここまでの段階でも結構大変です。
そしてそれが終わったら今度は私の新居へ運ぶ荷物を詰められる分だけ詰める詰める。もうへろへろです。
で…そこら辺でもうお昼過ぎ。
私たちは大体今までの作業の後半はラーメンのためにがんばってきたようなものなので(そうなのか)、午前中お疲れ様、午後からも頑張りましょうとラーメンを食べに行きました。
20160923.jpg
ここのお店ね、4月ぐらいにもほぼほぼ同じ構図の写真を載せた覚えがある。だってフォルダにその時の写真あるんだもん。
ここのラーメン屋さんのブラックラーメンが「ブラックラーメンの中で一番おいしい」と思っている私です。
弟にはメンマのトッピングを差し入れしました。
というか、事前に「世話なっとるからなんかはまってあげっちゃ」(標準語訳・お世話になってるから何かおごるよ)と言ったら
「え 僕引っ越し祝いにおごろうと思っとったんやけど(笑)」と言われ。
おおお弟おおおおおおお
結局、「じゃあお互いが自分の分買えばいいね(笑)」というところに落ち着き、それでも私は強引に「何でも食べたいもん言われ」(標準語訳・何でも食べたいもの言って?)とメンマトッピングにたどり着いたわけです。
だってね~。今日めちゃくちゃ手伝ってもらってるし。
で、ブラックラーメンを食べたら、結構な雨という。
新居に着いた頃には小雨になっていたのでよかったのですが…。
ここからは荷物を私のアパートに搬入です。
この日にやる作業は、組み立てが必要なものを組み立てること。
これ、本当日を分けてやっといてよかった。めちゃくちゃ時間かかったし、場所取ったし。
昨日はまだ電気を通していなかったので暗くなる前になんとか終わらせて新居を後にし、帰りに100円ショップとスーパーに寄って足りないものと日曜の朝ごはん(絶対作るどころじゃないと思って)と家族に「明日世話なります」との思いを込めて甘いものとしょっぱいものを買いました。
そんな感じの昨日だったんですが…
冒頭で私、淋しさより僅差で楽しみとか言っていましたけど、昨日何より感じたのは、当たり前のように家族が私の引越しを手伝ってくれることがものすごくありがたいことだなぁー…と。
私と弟が帰ってきて、まだ車に詰めていなかった段ボールを詰め始めると2階から普通に兄が降りてきて手伝ってくれるし
父は今日は忙しいらしいので来ないんだけど、車の手配とか考えてくれたし(結局手配は出来なかったらしいけど)
弟は当然の如く「1回で運びきれないから何回か往復しないといけないねぇ」と計算してくれるし(実家から新居まで車で3~40分)
母は引越し作業中にお昼挟むからお昼ごはん代出してあげっちゃ、って言ってくれるし
なんか、なんか、感謝だなぁと。家族大事にせんなんなぁ。と。
んで、私ができることは、とりあえず体調酷く崩さないように過ごすことと、楽しく毎日を送ることかなーとかと、思ったり。
あとは体調のバロメーターも兼ねて、毎日LINEで報告も、かな。これは私の障害上、まぁ当然かなーとは思っています。
おっと、そろそろ準備を始めないといけない時間だ。
それでは元気良く行って参ります。今日は晴れてよかった。
淋しさとかやっぱりあるだろうけど、たのしくいきよう。大丈夫、大丈夫。

0