に投稿

貴方より彼方からの祈り

日曜の朝ですね。
おはようございます。SNSよりブログ派のおおくまです。
いえーーーーい
水彩♪水彩♪
ガラにもなく『♪』を使ってしまうほどのあれですが、昨日は数年ぶりに水彩で絵を描いていました。
詩とコラボさせる試み、の絵なんだけど、どんな風に文字と合わせようかなぁというかどんな形で文字を入れようかなぁとあれこれ悩み中。
とりあえず下絵は昨日より前に出来ていて
20161126-1.jpg
「どうか穏やかな眠りにつけますよう」というような気持ちで描いたものです。(詩の内容もそんな感じです)
そして、ちまちま塗り始める。
20161126-2.jpg
水分がとても多いので水彩で描くときはいつも紙がベッコベコになります。
んで、やっぱり私はのっぺりとした描き方になるんだなーと。そういう絵が好きなんだけどね。でも濃淡っていうか光と影を描かない自分の絵が若干、コンプレックスです。私はコンプレックスだらけの人間です。なんっつーか、のっぺりとした絵が好きなんだけど、技術的にね…『周りと比べて』劣等感にさいなまれるわけですよ。はい。
まぁそんな感じで、人物の塗りは出来ました。
後は見た感じちょっと淋しいので、背景にほわほわとしたものを足そうかなーと考えています。
でもまぁ水彩は楽しいよね。これからも描いていきたい。
んで、「楽しい!描きたい!」っていう、この気持ちを忘れないようにしたい。

そして昨日はーーー
作家仲間の勝見ふうたろーさんの個展のラストを飾るトークショーに行ってまいりました。
20161126.jpg
なんかねー、行ってよかった。
話を聞けてよかったし、お話しできてよかった。あとお食事も非常においしかったです。
ふうたろーさんは私よりも年下の方なのですが、んーなんってんだろう、違うんだけど『似たような周波数』というか『似たようなにおい』を感じていて、話の中で「学生時代の頃」というテーマが出てきたんだけど、もしかしたら私もふうたろーさんだったかも知れないな、と感じていました。
そんな話をしていたとき、なんとなく「皆さんの18歳の頃」という話題が振られそうになったんだけど(実際は話さなかったんだけど)私自身の18歳のときをぼんやり思い出していました。
私の18歳。
私が傍から見ても崩れていったのは19ぐらいからなので、18歳のときは言い方変ですけど普通の子でした。
1年遅いけれど高校生を普通にやっていたし、友達ともめいっぱい遊んで、バイトもして、恋人もいた。
歌うこと・曲を作ることも精力的にやっていて、まさか翌年から『こうなって』いくなんて、当時の私には想像つかなかった。心療内科にも通わなくて済んでいたしね。…あーでも18歳の秋ぐらいからだったのかなぁ、学校にまた行けなくなっちゃって結局辞めたのは。んーあんまりはっきり覚えてないや。でも18歳は私の中では何も考えず楽しかった。
まぁその後から『こんな風に』なっていくんだけど、なんていうかね。私にも普通で、キラキラしていた時期ってあったんだなーと。
今も楽しいですけどね。
とにかく、昨日は楽しくて、ちょっと淋しくて、あったかくて、ちょっと切ない、素敵な時間でした。
ふうたろーさんありがとう。
さて。そろそろ本格的に今日を始めようと思います。洗濯機を回します。乾くのかなコレというのは最早鉄板ネタ。
午後からはとあるカフェに行ってとあることをうんうん考えようと思っています。
あ、おかげさまで風邪はほぼほぼ良くなりました。
いつも訪問、拍手、ありがとうございます。画面越しにおどおどしながら「ありがとうございます」って言っております。
それでは今日はこの辺で。

0