に投稿

病院に電話した

20170520.jpg
病院に電話をしました。
おはようございます、おおくまです。
えっと。その前に金曜日あたりからの話をしないといけませんね。
金曜の受診は、まぁこうやってブログを書いている通り在宅で、になりました。
少しずつ回復傾向にあるようです。
で、もし次回の受診(金曜から数えて1週間後)でも調子が悪かったら入院ということになり、それまでは実家か恋人の家にいましょう。という話になりました。
恋人の家……だって、それまでの過ごし方聞かれたら避けて通れない話題じゃないですか…あがががががg
そしてふわふわへろへろと帰宅し、3時間お昼寝。起きたらどうしようもない「もう死にたい」に襲われました。
なんかもーね、どうするエネルギーもないんです。判断能力、危機回避能力、1人で生活するエネルギー、ご飯を食べるエネルギー。
そんな「どうしよう」すらも分からなくなりつつ且つ「もう死にたい」になっている頭で夕暮れのアパートの一室で1人めそめそしていたら、タイミング良く恋人から電話がかかってきました。
というのも病院から帰る途中、まだ割とクリア?な頭で「そっちに避難させてくれないか」とLINEしていたんですよね。その返事。
私は泣きながら絡み辛いコメントでぐじぐじ「どうすればいいか分かんない」と恋人の「どうする?うち来るん?」という問いに答えていたのですが、もうしびれを切らした恋人が「じゃあもうこっちおいで!?」と私の手を間接的に引っ張ってくれたのでまぁ金曜の夜から恋人の家に行くことになったわけです。
ここまで散々文字数使って書きましたが、要は金曜の夜から恋人の家に避難していたわけです。
で、本当は本来の次の受診日を考えてもうちょっといるつもりだったのですが、昨晩帰ってきました。
理由はあまりにもだめだめ過ぎるからでございます。
回復傾向にあるはずだったのになぁ……
土曜日。恋人の家にいるにも関わらず持ち運び用のカッターで腕を切ってしまいました。そして2度恋人の家から脱走を試みました。
脱走?上手いこと死ねたらなー、です。もうだめだめ。
1度目は脱走できたのですが、土地勘がないので帰ってきました。(そーゆースポット的なさ、ほらさ)
2度目は私の脱走の試みを察した恋人に玄関を塞がれてしまいました。
あーなにやってんだろう私。
で、冒頭の『病院に電話をしました』になるわけです。
電話をした結果をはしょって説明すると、「月曜改めて電話しておいで」になったので、そろそろもう1度電話をしようと思っています。
これこれこういう状態です。やっぱりなんかもう色々と限界です。と。
私の今の状態がどこまで具合が悪い、のか分からないんですけどね。でも「具合が悪い」と言うだけならそんなに迷惑かけないのかな…とかとか。いや今日受診希望という旨を伝えたいんですけれども。
はい。長くなったので…こんな感じの週末でした。
この後私はどうなるんでしょう。最後の最後で話が変わるんですが、アパート解約して実家に戻ろうかなーとふと考えました。お金があまりにもカツカツだから。では。

0