投稿日:

夏の付箋

おはようございます。
前回の記事で話していた花火大会は、その後雨が降ることもなく(風は強かったけど)無事に見ることができました。
20170729.jpg
なんかねー、ボボボボボって感じだった。
花火がめちゃくちゃ上がって、みんなが拍手して…あ、ボボボボボは花火がめちゃくちゃ打ち上がる音です。
これ本人に直接言えばいいんですけど、恋人は綺麗なものを見たら「綺麗だ」と素直に思う人なんだなーってのが私の中で意外でした。なんかいつもひねくれてるんで。
いつ、どのタイミングで、どの場所からどんな色でどんな形の花火をどうやって打ち上げるか…って考えられながら打ち上げているって思うと、花火って作品だなーって思いました。空をキャンバスにして創るもの?
それでもって、その作品にたくさんの人が心を打つって考えると花火師さんって素敵だなーと思っていました。
(今憧れの意味を若干の若干込めて花火師さんになるにはどうすればいいのか調べてたんですけど、なんっていうか健康な人が向いているそうです。重労働だからとかで。健康な人…)
渋滞の中駐車場がない中なんとか車を停めて、人ごみの中はぐれないように歩き、恋人は事前にレジャーシートと椅子を買ってきてくれていて(椅子は使わなかったけど)、2人でフランクフルトとかグミとか食べながら「わーっ」「すごいねーっ」とか言い合いながら花火を見ていた時間は幸せという以外何者でもありませんでした。すみません今の最大の惚気ですね
願わくば、どうかこの時間が目を背けたくなる時間に変わりませんように。
話を変えます。
えっと、予定前倒しで名前変えようかなと思います。
元々は自分の誕生日に合わせて心機一転いえーいみたいな感じで変えようかなと思っていたんですが
もーなんか違う。
「おおくまさん」って呼ばれることに何らかの限界を感じ始めてきた。

変えたいと思ったときが変え時ですよ。それに、今まで年単位で悩んできてたことだし。
お気付きの方はいらっしゃるかもしれませんが、このブログの名前ももう『おおくまゆき』ではありません。一般的な呼び名に変えています。
あー名刺作らなきゃだなー今んとこ誰かに渡すっていうシチュエーションが思い浮かばないんだけど。
なんか、今思えば名前を変えることでそんな強い決意表明みたいなものもないし、作家活動に何らかの変化があるわけでもないし、もう完全に私個人を満たす行為でしかないんですけど、その『満たす』って大事かもなーと。
人に迷惑をかけないように、自分を満たして潤わせて、豊かにしていけたらいいなぁ。というわけで爽健美茶ごちそうさま(飲みながら書いてた)
っていうか。さっきちらっと触れたけど私あと1ヶ月もしない内に誕生日なんだよね。
31歳になります。
フォントを変えたのはあれです、個人的に驚いているからです。
えっえっ私31になんの?時の流れ早すぎでないかい?31って?31って何??
なんってか、こう、俯瞰的に31という数字というか年齢を見ていたら…大人ですね。(もう十分大人だよ)
イメージだけど、本当偏見の混じったイメージだけど、31歳の女性ってバリバリ働いてるなり結婚して子供がいて…って、イメージ。イメージだけど。偏見だけど。まぁ私がそれを体現していないバリバリの一例ですけどね。
まぁ31になるからって私の根底は変わらないんだろうけど、安定して働きたい、安定した収入を得たい、だから体調崩したくない…ってのは今後の目標としてはあります。どうしてそう思うのかはなんとなく察してください。
それでは今日はこの辺で。
今日は受診日です。受診が終わって、気分とお財布に余裕があったらパフェ食べてこようと思います。

0
投稿日:

私がブログを書く必要性

2017e3-27.jpg
おはようございます。
今週分の仕事も終わり、週末いえーーー!!です。
大体、ですが平日仕事などを頑張って、週末は恋人と一緒にいるような日々を送っています。
今日もこの後会いに行くのですが、あいにくの雨…
しかも「花火大会行こう」って話をしていたのに雨…
そもそも今日は花火大会やるのかどうかって話ですよね。あぁ梅雨明けないかなぁ。早く秋にならんかなぁ。夏スッ飛ばしましたが。
えぇと。あれですね。ブログに意識をそう持ってかないようになると何書けばいいのか本当に分からなくなりますね。
分からないっていうより、書く必要性について一旦立ち止まる。
今まではさらっと書いていたような話でも、今は「待って、それ人に聞いてもらうほどのこと?」と思って結局何もしていません。
そうしたらそれが積み重なって私自身のブログの必要性を感じなくなり始める。
まー個人のブログに必要性を求める求めないって話自体が逸れてるんですけど。
いやぁ、それにしても今日は天気が悪いのでワイマックスの接続もなんだか怪しいです。
なんでブログを書くんだろう?とかそういう話はまぁ今はいいんですけど、私はブログを書くのが好きなんですよ。だからこうやって自分に問題提起をしているんですけどね。
なんってんだろう、私にとってブログっていうのは、エンターテイメントであり私を構成するコンテンツのひとつであり感情の整理の場であり表現・発表の場でありなんとなくいつも近くにいるような存在です。蛇足ですがイゾンとかではなく。
短いですが今日はこんな感じで。
COMITIAの申し込みまだ何もしてません。申込書書かなくちゃ…

0
投稿日:

流れるように、壊れぬように

2017e3-30.jpg
おはようございます。
今朝は夕張メロンを食べました。頂き物です。
甘くてとろけたーーー
すごい、贅沢な朝ですね。
食べやすいように切っておいてくれた家族にも感謝です。
朝は好きです。夜は苦手です。
朝の、コーヒーを飲みながらパソコンに向かっているこの時間が1日の中で一番好きな時間かもしれません。
なんっていうか…朝って、これからじゃないですか。これから1日が始まるじゃないですか。どんな1日になるのかは分からないけれど、動くじゃないですか。
夜ってもう寝るしかないし(私は、です)そのじっとしてる感がどうも苦手だし、1日が終わってしまうしなんとなく淋しいし、あと夜寝る前に何度もお手洗いに行きたくなっちゃうし。最後のはもう個人的なあれですけど。
これが具合が悪くなるとまた別なんですけどねー…
そんなこんなで数日ブログを書いていなかっただけでもう文章構成力がぐだぐだです。

昨日、友人におくるバースデーカードを描いていました。
絵を描くってやっぱり楽しい。嬉しい。幸せ。
そこで、夏ってことだしひまわりを描いたんですが…私、植物をちまちま描くのが好きってことに気が付きました。以前から薄々は気付いていたのですが。
本物なり写真を見るなりしながら、ちまちま描いていく。そこに女の子を足して、ちまちまちまちまと描いていく。
コピックの塗り方も手探りな今なのですが、色を塗ったり落としたりしてより本物に近づけるように描いていく。
今回描いた絵はなかなかいい感じになりました。喜んでくれるといいなぁ。
なんかね。twitterでも言っていたんですが、植物なり風景なり室内の空間なり小物なり、現実にあるものをフリーハンドで描くのが好きです。そういう絵を見るのも好きです。
画面いっぱいにフリーハンドで空間が埋め尽くされている絵とか…素敵。描いてみたい。
なんかこういう昨日だったので、「私イラストレーターまでは行かなくてもイラストに相当なウエイトを置こうかなぁ漫画じゃなくて」とか思ったりしました。
思うことや動くことは日々変わっていきます。
イラストを描くのもいいし、仕事とするのはライターで、みたいな。んで、ちまちま歌ったりもする、とか。
うまく言えないんですけど…細々と、じゃないなぁなんってんだろ、今までよりも活動規模は小さくなると思います。今までよりも、より『やりたいことを、やりたいときに、やりたいように、やる』っていうのが際立ってくると思います。
まぁここら辺の決意表明のようなものはよく言っているので省きますが。
なんかね。この前ふと思ったんですが
『頑張らなきゃ』って言葉ってもう頑張れない状態だと思うんですよ。それでいて、逃げ道もない状況。塞がって塞がって倒れるか倒れないかのところをギリギリで支えているような感じ。
なんだけど、『頑張ろう』って言葉は頑張ることを楽しんでいる感じがするんです。風通しのいい状況で、出入り自由。心に力とか余白がある感じがするんですよね。
もちろん、言葉の言い方によって意味は変わってくるのですが、少なくとも私はこんな感じです。
ちなみに今日は頑張りません。体調崩したくないから。程々に頑張ります。
こんな感じかな。許される限り『頑張らず』に生きていきたいです。自分の許す限り『頑張って』生きていきたいです。
まずは体調優先。
自分だけじゃなくて、周りの大切な人たちの為にも、体をなるべく壊さないようにいたいです。
あれ、今日は何の話をしていたんだっけ。

0
投稿日:

ブログを書きたくないときもある

おはようございます。
いつから始めたかはあんまり覚えていないんですが、こう毎日のようにブログを書いていると、おかげさまで仕事の方はタイピングの衰えもなく、文章構成力や語彙力もそう衰えることなく進めることができています。
ただね、やっぱり毎日ブログを書くってのもなかなか大変。
何を書こうかとか何を書こうかとか何を書こうかとか。
私の生活やそもそも私という人間自体のカテゴリがそう幅広いものではなく且つそんなにエンターテイメントがあるものでもないので(いや個人の私生活にエンターテイメント性を求めてもな)時々立ち止まってしまうことがあります。
あと、この2日間ブログ書いてませんでしたが、タイピング力が微妙に落ちていることが怖い。たった2日間で。なんか、誤変換とか地味~にストレスになりませんか。あれそうでもない?
まーとにかく、個人的には「毎回恋バナを書かれてもなぁ」とか「もう頑張れないって聞き飽きたわ」とか、読み手側の感想を過剰に?考えているフシがあるので…はい。そんな感じです。
でも懲りずに書いているのは、きっと文章を書くことやブログっていう媒体が好きだからなんでしょう。
ここ最近の体調ですが、体の内から湧く「もう頑張れない」の悲鳴を除けば、まぁそこそこフラットなのかな?と主観的には思っています。
カッターとお友達にならないし、死にたいとか思わないし、そこから派生する奇行もないし…でもちょっとだけ気分がルンルンというか無駄にハイ感はあるので、これはこれで困ったなぁという感じです。
でもちょっと前までの入院前後の困った状態よりかはまだマシなのかなぁどうなのかなぁ。
個人的には困った行動をして恋人を困らせ将来を不安がらせるのが一番刺さるので。
あぁ私の体調って事あるごとに恋人に伝えておいた方がいいのかな。それはそれで困るのかな。今は言わなくても別にいいのかな。「元気過ぎたら制してね」みたいに言っておいた方がいいのかな。あぁ。あぁ。
さて。短いですが今日はこの辺にしておきます。
シャワー浴びて、仕事して、諸々の作業をして諸々の連絡をして…やり始めたらやり始めただけど、エンジンがなかなかかからないので大変です。
私の「もう頑張れない」って悲鳴はいつまで続くのでしょうか。
なんか。楽しいこと嬉しいことがあればいいなぁ。
楽しいことや嬉しいことには大抵悲しいことや淋しいこととかがセットでいるような気もするけれど。
心が弾むようなことは音速で、泡のように消えていきます。
DSC_0040.jpg
フラペチーノはおいしかったけど。

0
投稿日:

「好き」の濃度、跳ねる距離

おはようございます。
昨日から本格的に、少しずつ仕事に復帰。
なんというか、目の前のことをこなしていくのに精一杯です。
それなのに「これっくらいの仕事量で私は社会的に存在している価値があるのだろうか」とか「家事もロクに手伝わないで私のいる意味ってなんなんだろう」とか、何もできない/していない自分が恥ずかしい感で、なんだかもうどうしようもないです。
目の前の与えたれたことをこなしていくのに精一杯。
だけどこれくらいのことじゃ誰の何の為にもならない。
時間を、自分を、有効に使えない/社会に噛ませられない自分なんてろくでもない存在だ
と。
でもこれ以上やると、身体が悲鳴を上げるんです。これ以上今はできないんです。
前も言ったかもしれないけど、今は準備体操の時間で、このもどかしい時間があるからこそゆくゆくは大きな実を結ぶというか、人の為自分の為に輝けるときが来る…そう思ってそう信じて、今を生き抜くしかないのかなーと。
急に2メートルも3メートルも跳躍しようと思ってもできないよ。身体壊すよ。今は軽く肩を揺らすぐらいでいいよ。よくやってるよ。
そんな感じです。

なんとなく記録しておきますが、恋人とのこと。
電車を乗り過ごして話し込んできた日を境に、なんかふつーにLINEのやりとりをするようになりました。
頻度も、内容も、怖くない。
怖くない…はず。
裏で何か思ったまま私と接していることはない…はず。
さっきも非っ常ーにくだらない内容のLINEを2~3分間隔でやり取りしていて(大抵恋人の返信は大体早くて20分程間隔が開く)逆になんだか不安になりました。返信早っ、みたいな。
恋人は精神病を持った私とのお付き合いを最終的にどう判断するのかねぇ。
今週末も懲りずに恋人宅へ行くので、そのときの空気とか恋人との気持ちの距離とか、なんとなく感じてこれたらいいなぁと思います。
そう、今週末は私の地元のお祭りで、恋人と一緒に行く約束をしました。
いつもは車移動の2人ですが、「電車で出掛けてみたいんだよねぇー」と以前恋人が漏らした一言をキャッチして電車で会場まで向かうことに。ちょっとワクワクです。ですが「お祭り楽しみだよ。でももしかしたら辛くなる思い出に変わるかもしれないって思うと…」っていうような恋人の台詞がなんとなく頭から離れません。先日話し込んでいたときに言っていたんだけど。
うぅむ。
繰り返しになるけれど、LINEだけじゃやっぱり2人の温度が分からないので直接会いたいですな。会ってきます。
なんとなーくですが、60%または70%ぐらいの好き濃度で彼を好きでい続けられるぐらいが丁度いいのかなーとかとも思ったりします。80、90、もしくは100%好き好き大好きもう愛してる好き過ぎてあぁもうだめまじやばいって濃度は、色々と大変なのかなーとか。
そんな感じです。
20170717.jpg
「時が止まったままならいいのに」
まったくそうだね。未来へ進むのは怖いね。
でも私はそれでも、あなたと未来へ進みたいと願っているんだよ。
こんな私でも、今は。

0