に投稿

洗濯物に思う

どうもこんにちは。珍しい時間に登場です。
なんというか、ひそひそ声でなのですが…今日は恋人宅からのお届けです。
まぁひそひそ声にしていたところで今回のメインテーマはこれなんですけどね!
今日はおうちでまったりという感じでまったりというかダラダラと過ごしていたんですが…私にもできるお手伝いということで恋人の洗濯物を干していました。
そこでふと
『パートナーを愛し続けることとは靴下を丸めて洗濯機の中に入れられても毎回それを直し続けられること』
みたいな言葉を聞いたことがあったなーってことを思い出して。とろとろと洗濯物を干していたわけです。あっとろとろとは私の行動が単にとろいからです。
靴下を丸めて洗濯機の中に入れられても、毎回をそれを直し続けられること
なんか、なんってんですか。うまく言えないんですけどこういう癖ってなかなか直らないじゃないですか。で、こういうのって地味~にストレス溜まるじゃないですか。
うまく言えないことだらけなんですけど、こういう日々のささやかな価値観の違いを縫い合わせていけたらいいなぁというか縫い合わせていける人が一生の生活を共にできる人なのかなーとか思ってました。んで、恋人がそうだったらいいなぁーとかって思ってました。
洗濯物を干しながら。いやぁ、人間ってどこで何考えてるか分かりませんね。
あっすみませんこの体勢しんどくなってきました
今恋人が仕事をしているので机を占拠しており、私は体育座りで膝の上にノートパソコンを置いて変な角度でこれ打ってたので…すみません短いですが今日はこの辺にしておきます。
それでは。この後夜ごはんを作ってきます。
1人暮らしのときよりも、週末だけ2人でごはんを食べるって方が食材の買い方やメニューに苦戦します。

0