に投稿

「好き」の濃度、跳ねる距離

おはようございます。
昨日から本格的に、少しずつ仕事に復帰。
なんというか、目の前のことをこなしていくのに精一杯です。
それなのに「これっくらいの仕事量で私は社会的に存在している価値があるのだろうか」とか「家事もロクに手伝わないで私のいる意味ってなんなんだろう」とか、何もできない/していない自分が恥ずかしい感で、なんだかもうどうしようもないです。
目の前の与えたれたことをこなしていくのに精一杯。
だけどこれくらいのことじゃ誰の何の為にもならない。
時間を、自分を、有効に使えない/社会に噛ませられない自分なんてろくでもない存在だ
と。
でもこれ以上やると、身体が悲鳴を上げるんです。これ以上今はできないんです。
前も言ったかもしれないけど、今は準備体操の時間で、このもどかしい時間があるからこそゆくゆくは大きな実を結ぶというか、人の為自分の為に輝けるときが来る…そう思ってそう信じて、今を生き抜くしかないのかなーと。
急に2メートルも3メートルも跳躍しようと思ってもできないよ。身体壊すよ。今は軽く肩を揺らすぐらいでいいよ。よくやってるよ。
そんな感じです。

なんとなく記録しておきますが、恋人とのこと。
電車を乗り過ごして話し込んできた日を境に、なんかふつーにLINEのやりとりをするようになりました。
頻度も、内容も、怖くない。
怖くない…はず。
裏で何か思ったまま私と接していることはない…はず。
さっきも非っ常ーにくだらない内容のLINEを2~3分間隔でやり取りしていて(大抵恋人の返信は大体早くて20分程間隔が開く)逆になんだか不安になりました。返信早っ、みたいな。
恋人は精神病を持った私とのお付き合いを最終的にどう判断するのかねぇ。
今週末も懲りずに恋人宅へ行くので、そのときの空気とか恋人との気持ちの距離とか、なんとなく感じてこれたらいいなぁと思います。
そう、今週末は私の地元のお祭りで、恋人と一緒に行く約束をしました。
いつもは車移動の2人ですが、「電車で出掛けてみたいんだよねぇー」と以前恋人が漏らした一言をキャッチして電車で会場まで向かうことに。ちょっとワクワクです。ですが「お祭り楽しみだよ。でももしかしたら辛くなる思い出に変わるかもしれないって思うと…」っていうような恋人の台詞がなんとなく頭から離れません。先日話し込んでいたときに言っていたんだけど。
うぅむ。
繰り返しになるけれど、LINEだけじゃやっぱり2人の温度が分からないので直接会いたいですな。会ってきます。
なんとなーくですが、60%または70%ぐらいの好き濃度で彼を好きでい続けられるぐらいが丁度いいのかなーとかとも思ったりします。80、90、もしくは100%好き好き大好きもう愛してる好き過ぎてあぁもうだめまじやばいって濃度は、色々と大変なのかなーとか。
そんな感じです。
20170717.jpg
「時が止まったままならいいのに」
まったくそうだね。未来へ進むのは怖いね。
でも私はそれでも、あなたと未来へ進みたいと願っているんだよ。
こんな私でも、今は。

0