に投稿

31歳になりました

20170826.jpg
先日、31歳になりました。
たくさんの人から「おめでとう」と言ってもらえて私は幸せ者です。
みんな、みんな、ありがとう。
誕生日の朝は恋人からめちゃくちゃデコったメッセージとLINEスタンプが届き、ありがとう嬉しいよーと。
そして毎年恒例になっている、母へのプレゼント。「産んでくれてありがとう」の思いを込めて(コッ恥ずかしいから言わないけど)母の好きなさきいかとラムネをプレゼントしました。
その日はトヤマガの5号発売イベントだったので、フルタイムではないけれど可能な限りお手伝いをしていました。
あーイベント楽しいね。
この日で私はトヤマガを少々お休みすることにしていたのですが、いざ楽しいイベントと素敵な仲間たちに囲まれるとすんごい名残惜しかったです。
でもこれでね。ちょっと本格的に省エネモード。31歳はのんびり無理なく生きたいです。
そしてイベントの後、電車に揺られて恋人の元へ向かいました。
週末だったからか道がめちゃくちゃ混んでたっぽくて会えるまで40分ぐらいかかったのですが、やっぱり恋人の顔と車を見るとほっとします。助手席には私の大好きなハリボー(コーラ味)がこれでもかと言わんばかりに待っていました。プレゼントだそうです。わーいありがとう。
で、夜ごはんなのですが…冒頭の写真。デザートのプレートにメッセージを書いてもらい、レストランとかでよくある『店員さんがハッピーバースデーをしてくれる』やつを敢えてやってもらいました。
急に店内のBGMが止まり、照明が暗くなり、そしてBGMがハッピーバースデーになり…なんか気付いたら主役が私になっていたので恥ずかしいことは恥ずかしかったのですが、なんか楽しくて嬉しかったです。なんかあれ、ディズニーのショーみたかった。
このお皿、横幅50cmぐらいあるのですが、2人で仲良く頂きました。おいしかったです。
で、次の日は私の行きたいところへ連れて行ってくれました。わーいありがとう。
車の中でセブンのコーヒーを飲みながら(このシチュエーションが好き)おしゃべりしたり一緒に歌ったり。ちょっとした遠足状態です。
そしてこのブログでもちょっと触れた記憶があるんだけど、いよいよ本格的に沸騰してきた「実家暮らしきつい1人暮らししたい」という話をスシローで延々と恋人に訴える私。
なんかもうあれなんです。洗面所もトイレもお風呂場も、なんか一緒に使いたくないんです。(不潔恐怖ライクな感じで)
その不潔恐怖のくだりを恋人に話すと「まじか」と連呼され、でもどっちかって言うと実家を離れるというよりも根本的な問題を解決しないといけないよねというところに着地。
まーそんなこんなで、すんごい話飛びますが恋人と一緒にいたいなぁと。いわゆる中距離恋愛。なんだか遠いよ、と。
実家暮らしきつい、1人暮らしするくらいなら(いや現実問題できないんだけどお金ないから)じゃあ一緒に住もうよ、いやでもこの歳で同棲するつもりはないよ、以下お察しください
みたいな話も延々としていました。いや、してしまってました。なんかすんごーいヘヴィーな話題を延々とふっかけて恋人ごめん。
…あぁ。一緒に暮らす、ってつまりがどういうことなんだろう。
話の流れを時系列に戻します。
で、夕方過ぎにショッピングモールへ行きました。
私は毎年誕生日になったら自分にアクセサリーをプレゼントしているのですが、今年は去年と同じく指輪が欲しいなーと思い雑貨屋さんへ。
確か恋人が横にいたはず、ぐらいの熱心さで指輪を見ていたら、気に入った指輪を発見。
よーし今年はこれにしようーと思ってレジに持っていったら「じゃあこれ誕生日プレゼントね」と恋人がお会計を始めました。
「ほえ?ほええ??」と言わんばかりの顔をして(私が)レジ前で指輪を持ったままおろおろしていました。だってプレゼントハリボーだけだと思ってたから!
あ、ありがとう…すみませんめっちゃ嬉しいです。大切にします。ってか今はめてます。
そんなこんなで楽しかった週末は終わりました。なんかもー別れ際泣きましたが。
普段別れ際に泣くことがなかったので普通にびっくりされました。
だって、楽しくて楽しくて幸せで幸せで一緒にいたいし離れたくないのに、なんかもーすっごい淋しかったんだもん。それに一緒に暮らしたい補正もあるし。
まぁ…大人しく実家に戻って今はいるんですけどね。とにかく幸せな2日間でした。
何しても楽しかった。何食べてもおいしかった。全部が幸せで全部が大切で愛おしかったです。
というわけで、さっきもちらっと話しましたが、31歳はのんびり省エネでいきたいです。
気負ってるとか特にないし、自然~な感じで、自然~に身を任せて。
どんな1年になるのかな。楽しみだね。
では、長くなってしまったのでこの辺にしておきます。
読んでくださりありがとうございました。

0