に投稿

実家暮らししんどい問題・2人暮らし?編

20170922.jpg
名刺が届きました。
思っていたよりもいい感じでホッと。
ちょっと文字が端に寄りすぎた感はあるけれど、絵のかたち上仕方ないし、まぁこれはこれでいいかなーと。
それにしても、本なりグッズなり、入稿したものが形となって手元に届くときは例外なくドキドキしますね。
グッズは大抵オレンジ工房.comさんでお願いしているのですが、発色がいいのでお世話になっています。
さて。
実家暮らししんどい問題、その後です。書きます。
なんというか、家族っていうか母としか喋ってないんですけど、母もそうだし施設のスタッフさんからも、外堀は「2人で暮らせばいいやん」という風に固まっているようです。
風が吹けば桶屋が儲かるような状態で、母(と父連名)から恋人との結婚の許しまでもらってしまうことに。あららなんだなんだこの展開は。
まぁ家族としては、私が元気で過ごせることが何より大事なので、つまり今実家暮らしではそれが成り立っていないので、実家を離れて2人で暮らすこともいいと思っているんだよ、という感じなのだそうです。
なんかね、微妙に『実家暮らししんどい問題』が『恋人と暮らすのかどうするのか問題』に微っ妙ーにシフトチェンジしてるような気がするんだけど。
でもとりあえず、家族は私の思いを汲んでくれるっていうか寄り添って考えてくれていることには感謝です。なんだかんだ言っても。
で、このシフトしつつある問題の渦中にいる恋人ですが、この人が一番よく分かりません。
まず、超基本事項なのですが、彼は2人暮らしをしたいと思っていません。
私たちはなぜか(別にいいんだけど)『同棲』や『半同棲』という言葉をそう使わないんですが、まぁとにかく、母に話す前から「一緒に暮らしたい」「そっち(恋人の住んでいる地域)へ行きたい」と言っても「一緒には暮らさないよ?」と言われてたんですよ。
母が2人暮らしを「いいと思ってる」と言うまでは。
恐らく恋人の懸念材料の大きなひとつに『私の親がいい顔をしない』というものが入っていたんだと思うんですが、それがそうでもなかった今、恋人が何を考えているのか、そこまで一緒に暮らすことを拒む理由がよく分からなくなりました。
ただ、母や家族の意思を伝えて改めてこの件について聞いてみたところ
「毎日一緒に暮らすってこと?」
「うん…そんな感じ」
「毎日はちょっと抵抗あるかな(汗)」
というようなコメントが(やっぱり)返ってきました。睡眠不足になったり部屋のことだったり生活費だったり、諸々のことで二つ返事とはいかないそうです。でも今、週末プラス1日ぐらい毎週恋人宅に滞在しているのですが、それが2日程度増えるのだったらOKとのこと。
うーんなんなんだこれは。
で、もっと気になるっていうか一番かもしれない程気になる私の意志ですが
2人暮らしをするならズルズル続けるのは嫌だ。期間を決めて過ごすならあり。
つまりが結婚したい。
要は結婚の準備をしながら暮らすのならあり。
その意思が彼にないのならこの実家暮らししんどい問題から『2人暮らしをする』という選択はなしの方向で。
という感じです。
で、で、この今の話だと、話が進んで半同棲じゃないですか。俗に言う。
ぶっちゃけ仕事できないんですよ。そしたら。中途半端っていうか。
それならもう活動拠点を恋人の住む地域にしちゃえば?…ってなったら先程の4行に戻るわけです。
まぁ…恋人と要相談、ですね。
とりあえず私は週の半分以上を実家で暮らすことに限界を感じているので…ので……はい、そんな感じです。
おおおっと長くなっちゃったな。
いち個人のごたごたにお付き合いいただきありがとうございました。
終わりが見えているストーリーではないので今後どういう展開が待っているのか分かりませんが、周りと話をしながら前向きにこの問題と向き合っていきたいと思います。

0