に投稿

1kで暮らす。テレビ問題

20180211-02.jpg
おはようございます。なんとなくブログを書きたくない日が続いていました。
書きたくないというか書くことがないというかテンションがないというか?
まぁいいや。無理しない。でも私の発信する文章や絵が誰の目にも触れず反応もないのは辛い。だからって無理してまで発信するのもしんどいけど。
ええっと、こういう話をしたいんじゃなくて、そう。この土日…じゃない日月の祝日は極めて『書くことがない』くらいに非生産的な生活をしていました。
いや、何かかんかはやってたんですよ。雪かき2時間したり、仕事もしたし。
でもねぇ、それ以上に「何この時間」っていうものが多かった。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は今1人暮らしをしていた恋人の家に転がり込んで居候生活をしています。
間取り的には1kです。『同棲カップルが避けた方がいい間取り』として有名な1kに、『転がり込んだ』形で同居しています…という同棲をするにしては極めて入り方のよくない生活をしています。
別に窮屈だと感じることもないし、喧嘩したのだってあのクリスマスの一件ぐらいだし、顔を見たくないとかもないし、むしろ一緒の空間にいられて幸せだし、まぁせいぜい「自分の作業スペースが欲しいな」とか「彼はずっと同じ空間にいて窮屈だと感じることはないのかな」と思うくらい
だったのです、が。
ここ最近に来てちょっとしんどい問題が浮上してきました。
それが何かと言うと、『テレビ』です。
私はテレビが苦手で、1人暮らしをしていた頃はテレビのない生活をしていました。
音も苦手、ビジュアルも視覚に刺激的でうるさい、観ていて疲れる、そもそも画面の前で数分しか鎮座できない…こんな感じで「ニュースと相撲が観られないのが残念だなぁでもラジオあるしいっか」ぐらいだったのですが、恋人は結構なテレビっ子。テレビっ子?っていうか、時間の許す限り録り溜めたテレビを観ているんです。
まぁジャンルはバラエティとかドラマなんですが、私からすると「疲れる」。
大きい音、うるさい声、ドラマなんかだったら怒鳴るシーンとかもあるからますます疲れてしまいます。
で、休みの日は1日中「観て行かないと残り容量が追いつかなくなるから」とテレビが流れっぱなしなんですよ。(流石にごはんの時間はつけてないもしくは止めていることがほとんどなんですけど)
で、しかも、そのテレビの位置は私のスペースの隣にある、と。
なんかもうへとへとです。
っていうかそれより何より、テレビを観ていたら会話ができない。
私は恋人とおしゃべりをしている時間が何より好きなんです。
だから、この休みの期間も例に漏れずテレビが流れていたので、疲れ果てながら、でも話し掛けられないし、特にやることもないしでゴロゴロしていて…「何この時間」というわけだったんです。
昨日思い切ってこの悩みをやんわ~り伝えてみたのですが、いやそうじゃない、テレビを観るなって話ではないんだと。なんか工夫できないかな、ちょうどいい落としどころはないのかなって話なんだと。
私はやっぱり「私は転がり込んできた居候で、ここは恋人の家だから生活の主たる権利は恋人にある」という考えが根強く、なんか不満や悩みも打ち明けにくくてですね…あぁもういっそのこと引っ越せばいいんだろうか。1kより部屋数の多い。それに部屋を一緒に決めれば暗黙の(私が思っている)住居の権利も薄らぐかもしれない。
あぁぁ、話っていうか最早愚痴のようなものを延々と書いてしまってすみません。
最後になりますが、先程恋人の出勤前に「今の生活と1人暮らし、どっちが楽しい?」と訊いてみたのですが、意外にも「今の生活かな」という答えが返ってきてびっくりしました。
「自由なのは1人暮らしだけど、今の方が楽しい」とのこと。
恋人にとっての「楽しい」という言葉はそこそこ最上級の愛の表現だということを最近知ったので、なんか深読みしてしまいました。
それでは、今日は火曜日だということを忘れそうなのですが、「平日今日含め4日」という微妙なラッキー感を胸に頑張ります。頑張ってお昼寝します。
私の三大義務は、よく食べてよく寝てよく恋人を愛することです。

0