に投稿

「誰からも必要とされていない存在」

20180211-01.jpg
昨日はバレンタインデー。
昨日の朝、いつものように出勤の準備をしている恋人と話していたのですが、どこからかふと「ゆきちゃんはここにいてもいなくてもいいよ、ゆきちゃんの自由だよ」と言われ。そしてもやもやしたまま恋人は出勤して行き。
インターネット上でどれだけ発信しても何も反応はなく。
「私は必要とされていない存在なんだ」とめそめそと拗ねていました。
気晴らしにチャットをしても、話が噛み合わず退出。ネガティブなものは連鎖するようです。
恋人からも「私がいてもいなくてもいい」と言われ(ここら辺が多分ズレた解釈)、どれだけ言葉や絵を発信しても誰の目にも留まらず、話し相手も見つからない。本当に、本当ーに、昨日は「私は誰からも必要とされていない」と感じていました。
こういうこじれって、30前には落ち着くと思っていたんだけどなぁ。
そして感じれば連鎖するネガティブなもの。
だんだんメンタル面の調子も不穏になっていき、「悪いことしたい」という思考に。
これはいかんと思い、頓服を飲んで午後はずっと眠っていました。
LINEで恋人に不調を訴えようと思ったけど、変に心配されるのもあれだし、引かれるのも嫌だしで我慢。SNS上に書くなんてもってのほかです。
まぁ起きたらすっきりしていたのでよかったのですが…夜。今日はバレンタインです。
恋人がいつも通りいつものように帰ってきて、いつものようにお話ししながら2人でごはん。そしてごはんを食べた後に「いつもお世話になっています」と恋人が好きなホワイトチョコをプレゼントしました。
「今日何の日かとー?」
「え、水曜日?」
「違うよー、そうじゃなくってー」
「あぁバレンタインかぁ!ありがとうー」
去年もそうだったけど、彼はバレンタインという概念がすっぽり抜けているようです。でもプレゼントが苦手な彼が早速食べてくれて嬉しかったなー。「ゆきちゃんありがとうー」と感動のハグもしたし。
そしてそれから数十分した後、家族のグループLINEから(そんなのがあるんです)「ゆきちゃんチョコありがとう」とのメッセージが次々と。
数日前に母に編んだ帽子と共にチョコとピクルスの素を送ったんですよね。14日指定で。
なんっていうか、日中は「必要とされてないんだ」と自暴自棄になりかけたけど、夜になってこんなにたくさんの人から私のちょっとしたことで喜んでもらえるなんてと嬉しくなりました。自暴自棄にならなくてよかった。
ちょっと落ち着いた今、「必要とされているとかされていないとか、そういうベクトルのものごとってあまり考えなくていいみたいだし、そう考えるようならちょっと疲れてるようだからなるべく休めばいいし、そう感じる世界に無理して身を置かなくてもいいのかもしれない」とかとか、考えていました。
私がしたちょっとのことで笑顔になってくれる人の周りで、私はそれに感謝しながらアイスを食べていられれば、きっとそれは幸せなんだろうなぁ。牧場しぼりおいしかった。
『必要とされているされていない』って、人との繋がりの濃さのような気もします。
私の行動や心境を振り返ると、人との繋がりが薄いから、「私なんてどうでもいい」と自暴自棄になりかけたような気もします。
人との繋がりって大切ですね。適切な距離感を持って、ですけど。
さて仕事しますか。
まずはキットカット食べます。抹茶のやつおいしいです。

0