に投稿

『消す前提』の絵

20180325-02.jpg
25日に描いた絵はその日の内に消しました。
雑巾で拭き拭き、ブラシでゴシゴシしていると道行く方々から残念がる声もいただいたのですが、私としてはそう淋しがることはなく。
去年の個展のときからカウントして、『消す前提の絵』を描くことはこれが初めてではないのですが、消す前提の絵って、私個人としては『残す絵』よりも魂や気持ちが入りやすい絵のように感じています。
描いているときはそうでもないんですが、消すとき。
「どこから消そう」「この絵の子はどうやって消すことを望んでいるのかな」などいろんなことを考えたり思ったりしながら、絵と「ありがとう」を交わし消していく。そうやって対話していると、最後の最後ではあるんだけれど、命が宿っているな、宿っていたんだな、と感じるんです。
なんっていうかありがちな言葉なんですけど、紙とかには残らないけれど、自分の中には残る。っていう感じで。
なので私は今後も描かせていただけるのであれば、また道路にお絵かきをしたいなぁと思っています。
とりあえず、来月の大手市場も参加することを考えています。
よかったら見に来てください。

0