に投稿

仕事休みました。入籍日の(強引な)提案

20180419.jpg
仕事を休みました。
否、休むことにしました。否、休む決意をしました。
昨日。なんかもーだめだった。頭も体も動かなくて、頑張ろうと思えば頑張れるんだけど頑張れない。
恋人に「ごめんなさいもう頑張れません」と突然泣きつきのLINEを送り、いくら仕事をしないとお金が入ってこないとは言え、物理的にこれは仕事にならんだろう出来ないだろう…と体調不良の旨とお休みさせてくださいのメールをクライアントさんに送りました。
幸いにも理解のあるクライアントさんで、っていうか普段から私の体調を気遣ってくださっているし「もし私がダウンしたら」ということに対して『先手』も打ってあったので、お金が入ってこないという不安以外は安心して休めるかなといった感じです。
…お金は入ってこない、ですが。あぁどうしよう。個人事業主の超悩ましげなところ。
で、仕事を休んだら少し楽になったのか、めそめそ泣いたり頭がぐわぐわするのは収束していったようです。だからと言って「じゃあ元気になったんやん」「元気になったんだから仕事できるだろ」となじるのは勘弁してください。いや、私の頭の中が責めるのか。
こんな感じだったので、昨日はずっと横になって眠っていました。
繰り返しになりますが、頭回らない体動かない。お昼も例に漏れず食べられなくて(もずく酢とミニトマト数個のみ)夜ごはんも作れず恋人に買ってきてもらいました。洗濯物だけは頑張って干せたのですが、どうやってやれたのか。奇跡です。
あー。こんなんで恋人のお嫁さんになれるのかしら。恋人はお嫁にもらってくれるのかしら。そもそもそれ以前の話なのかしら。
でも昨日の私を責めることなく、「俺が熱出したときゆきちゃんしてくれたでしょ?」と言いながら夜ごはんの後の食器も洗ってくれたし、いい人だなぁと思いました。
風邪ひいて熱を出すのと、ほぼ慢性的?にこんなんになるのと。恋人の方が負担大きいと思うんだけどなぁ。私収入ないし。はぁぁ。
なんか耳にしたことがあるようなないような情報で申し訳ないんですが、いわゆる『うつ状態』というのは夜につれ良くなるらしく、私もそんな感じで夜ごはんを食べ終わった頃にはそこそこの声量で会話をすることができました。むしろ結構おしゃべりになっていました。
…というのも、私が唐突に(唐突に、なのかなぁ)入籍日と結婚式を挙げる頃を紙に書きカレンダーにも書き込み、その間にやることをリストアップしていったからです。
もうね、恋人の揺れる気持ちに一緒に揺れていたらいつまで経っても結婚できないとふと思いました。なので私が(半ば)強引に進めないとどうしようもないなとふと思いました。そういうことでがしがし司会進行をしていったわけです。
恋人は困った顔をして「結婚って男にとっては一大決心なんだよぅ…」みたいなことを言っていたのですが、まぁそれは微塵も分からんでもないんですが、いかんせん先程の思い。その一大決心の思い切りがつかずいつまで経っても結婚しない・できないままずるずるこの関係と生活を続けたくないわけです。私は。子供を望むならそれこそ『年齢』って重要だし。
今年結婚して、私32恋人37です。来年から諸々を始める年が私33恋人38だとしたら、結婚すんの私34恋人39よ?それから妊娠出産?いくつになんの??…と。
今後の人生設計を考えても、この関係と生活を考えても、っていうかそれより何より恋人のことが好きで家族になりたいし、これからは彼を妻として支えたいと思うから、結婚したいんです…け…ど……
いかんいかん、熱くなり過ぎた。
なので、リストアップした紙を見せて「こんなにやることあるんだから今から始めなきゃ遅いんだよぉー」と訴える私。
まぁ恋人のペースにも配慮しないといけないんだけどね。ここでガツガツ押しすぎるのは結婚の話としてもあれだし、2人のコミュニケーション性から考えてもいかがなものかと。
とりあえずはこんな感じかな。
先程頓服を飲んで、わっさわっさ来る不安感をタイピングで蹴散らしています。(だから今日の記事は長いんですすみません)
んーやっぱり具合良くない。
ですがこの後婦人科に受診の予約入れちゃってるんで…行ってきます。
今日も仕事は休みます。することがないのに不安感だけが襲ってくるのもしんどいしなぁ…でも眠るにしてもなぁ…うーんうーん。

0