に投稿

絵を描けない部屋

20180606-02.jpg
梅雨入りしましたね。私の心もどよんとしています。
このタイミングで梅雨が続くのかーと思うとこれから先、私は一体どうなっちゃうんでしょう。
と、いうわけで。昨日あの記事を書いてから恋人に「ゆきちゃんってこの家に不満とかってあるの?」と聞かれました。
ま、まぁ不満はないことはないけど、言ってもどうしようもないし結局現状維持だろうし…と思って「いや、まぁこれはこれでいいのかなぁって」みたいな返事を返しました。
「そっか。なんか昨日不満そうな顔してたから」とその後言われましたが…不満、ねぇ。
という感じで朝のやり取りは終わりました。
そして夜。ごはんを食べながら恋人がふと「夕飯俺の分作らなくてもいいよ?」と。
どうしてかと聞くと「夕飯2人分作ってたら掃除にかけるウエイトがなくなっちゃうでしょ」という旨の返事が。
いやいやいや、1人分作るのも2人分作るのも、時間も労力も変わりませんから。
要は恋人は何を言いたかったのかと言うと、「掃除して」ってことで。
昨日の記事にも書いていたとおり、「ずっと家にいるんでしょ?じゃあ時間あるじゃんなんで掃除できないの?やっといてよ」という感じのようです。
こんなことを言うのも恥ずかしいようで恥ずかしいのですが、私には恋人が望むような掃除を定期的にする文化がありません。
なのでこのことも伝えてそして「私のスケジュールには組まれていないからできないし、具体的に指示してくれないと分からない」と伝えました。
どうやらこの感覚(予定にないことが苦手、みたいな)が伝わっているという手ごたえは一切なく、結局平行線の話し合いをしながら「じゃあ俺やるわ。できないんでしょ?ならいいよ」という結論に落ち着きました。うーん、やってくれるのは嬉しいんだけど、なんでそんな突き放した言い方なんだろう。そもそも、やってくれた方が私にとっても責められるしんどさがないし、恋人にとっても楽だと思ったり…
「俺がここで1人暮らししていたときは、自分しかいないから好きなように掃除していた」って、じゃあ私は邪魔って捉えられてもおかしくない言い方です。
うーん…ねぇ。
次第に話は別の方向へ逸れていって、私がお絵かきを楽しんでいることも不満に思っていることも言われました。
ゲームに例えられたんですよね。子供が遊ぶようなテレビゲーム。「そんなことばっかやってないで勉強しなさい」のあれです。
私が絵を描くこともそれと同じらしく、恋人からしたら「どうしてそんな生産性のないことばかりやっているんだろう、絵を描いているんなら掃除しろよ」という感じみたくて。ずっと思っていたそうです。ずっと。
まぁ、ゲームをする子供も生産性がないとは一概に言えないと思うのですが…
時々言っているので知っているのですが、恋人は私が絵を描いていることやそれで表現活動をしていることに理解を示しません。というか、そういう人たちに理解を示しません。「どうしてそんなことに時間を費やすのか理解できない、もっと生きるために必要なことはあるだろう」という感じです。
私は絵を描くことや創作、表現活動に否定的・理解を示さない人に出会ったのは生まれて初めてで、しかも現時点では近しい人間なので、正直戸惑っています。
っていうか、今まで私が絵を描いていることや大手市場とかに参加していたことも、全部そういう目で見られていたと思うと彼の前で絵なんて描けません。つまりがこのお宅で私が絵を描ける時間は限られているということです。
絵を描くんなら掃除でもしろ。私は掃除をしていないとこのお宅にいることを許されないようです。
恋人は事あるごとに「ゆきちゃんは掃除をしない」と言います。昨日は「家事を10としたら、その内の9を調理に充てているからバランスが悪いんだよ」と言われました。ま、まぁバランスが悪いのは私らしいと言えば私らしいのですが…
きっと彼は、私のことを「掃除ができない人」と言うんだと思います。
自分で言うのもあれですが、
毎日ごはんをつくって
毎日タオルを取り替えて
週3で洗濯物を片付けて
トイレットペーパーを補充して
ちょっと床にゴミが落ちていたら拾って
彼がそのままにしている飲みきったペットボトルも片付けて
彼が仕事に持って行くタンブラーやスープマグを朝はセットして夜は片付けて
ゴミも毎日片付けて
お茶碗も毎日洗って
朝は仕事に持って行くコーヒーをタンブラーに淹れて
あなたが水浸しにしたシンク周りも拭いて
コンロ周りも綺麗にして
そういうことを全部どこかにやって、私のことを「掃除ができない人」って言うんでしょう。
まぁ私がここに居候して勝手にやっているだけなので、なかったらなかっただし、彼が1人ならそれなりにやるんでしょうけど。
彼が1人でもいいんじゃないですか。
私も、絵を描くことを否定的な目で見られるのは辛いですし、自分のやりたいことや障害の特性を知ったり歩み寄ったりすることを試してくれない人とこの先もずっと生活していくのは息が詰まります。
というわけで今日も天気が悪いですね。
私がこのお宅から去った方が、物も減るし掃除がしやすいと思います。あー絵が描けない時間何してよう。

0