に投稿

エアコンの価値観

20180703-02.jpg
おはようございます。梅雨が明けました。
今も暑そうなっていうか暑い日差しが遮光カーテンから伝わってくるのですが、今日は週の後半分の食材の買い出しの日です。
夕方に行った方が涼しくていいのかもしれませんが、時間が取りやすいのは午前~午後頭なので、暑い暑い言いながら(実際には言わないけど)てくてく歩いて行ってこようと思います。スーパーへ行って買い物して帰ってくる、所要時間約1時間。
夕方頃はね、うまく行けばお肉とかが安くなっててわーいなんですけど、今度は野菜がしっかり残っている保障がなくなりますし…。
というわけで、暑いです。
私が実家にいた頃は家にエアコンというものが1台しかなく、そうなると言うまでもなく私の部屋にはエアコンなんてものはありませんでした。扇風機はあるんだけど。しかも窓は西側。家の中でいっちばん暑い部屋です。酷いときは室温が37度なんてときもありました。あこまで行くと呼吸がしづらくなりますね。
こんな感じで、超過酷な夏場の環境で生活してきた私はここに転がり込んできた今もエアコンを日中使うことをためらっているし、28度以下という設定温度にもびっくりするわけです。
ですが恋人は超暑がりさんで、何をするにも「暑い」と言う。
部屋にいるときはもちろん薄着だし、私が近寄ったりボディタッチをしようとすると「あーつーい」と怒ります。
ここまでで大体お分かりいただけるかもしれませんが、なので恋人はエアコンの設定温度を(私からしたら)めちゃくちゃ低くするんですよね。
この前、「なんか部屋寒いなー」と思ってちらっとエアコンのリモコンの設定温度を見たら、26度。
さっむ!私はカーティガンを羽織りました。
私が冷房に寒がって長袖カーディガンを羽織り、その隣で超薄着で仕事をしている恋人。私がいなかったらもっと設定温度を低くするそうです。
そして寝るときもエアコンつけっぱ(私からしたら信じられない!)。私は布団に潜り込んだり布団を抱きかかえて、恋人は薄着で布団を蹴飛ばして寝ています。まぁ無論くっついたり不意に彼を触ったりしようもんなら「あ゛つ゛い!」と怒られます。
あー早くくっついて眠れる季節にならんかなー
恋人は「男の人と女の人でこんなに違うもんなんかねぇ」と時々言うのですが…どうなんでしょ。私からすると、なんだか彼の皮膚がめちゃくちゃ分厚いようにしか思えません。え、めちゃくちゃ分厚いと暑がりさんなの??いや分かんないけど、恋人の暑がりは異常…だと私は今までの人生経験上思っています。こんなに暑がりな人見たことない。
繰り返しになるけど、早く恋人にくっつける季節にならんかなー。私は元々夏が苦手なので(暑いといろいろ余裕なくなるし、虫出るし)早く大好きな秋が来ないかなぁと思っています。秋が来る頃には私たちは何をしているんだろうねぇ。今まで通りがいいけど、今まで以上がいいなぁ。
それでは今日はこんな感じです。今日もエアコンを消して過ごすタイミングを逃しそうだなぁ…。
私はどこか「エアコンをなるべくつけずに生活することがいいこと」みたいな意識があるので、それもどうなんだろうと思いつつ。
熱中症にはなりたくないしね。何事もほどほどです。

0