投稿日:

ちょっとだけ元気になったような気がする

昨日は飛び込みで受診に行ってきました。
なんだかもう行きの諸々の公共交通機関内で「これ大丈夫なのか」ってくらいしんどかったんですけど、まぁなんとか駅に到着。

で、その前に実家の家族とのグループLINEに(あるんです)念の為「具合悪いから今から病院行ってくる」と連絡したら、たまたま母が仕事休みで。なんとまぁって感じなんですけど最寄り駅から病院まで送っていってあげるよと返ってきました。
状態が状態だったし、急に雨も降ってきたのでお言葉に甘える私。ありがたいです。

 

診察ですが、入院のにの字も出されることはなく、割と穏やかな空気になっていました。
とりあえずこれ以上状況を悪化させない為に、次の診察まで頓服を毎食後飲むお薬にシフトチェンジ。約2週間、これで様子を見てみます。
忙しいところ飛び込みで診てくださりありがとうございました…

 

そしてその後母の車に乗って薬局へ行き、思っていた以上に時間が余ったので母とおデートしようとなりました。
色々おしゃべりをしたり、ごはんを食べたり、お買い物をしたり。
その中で、私が好きなお店に入ったときにふと靴に目が行ったんです。

靴。
私はスニーカーしか持っていなくて、なーんかもうちょっとおしゃれの幅を広げるにはスニーカー以外の靴も持ってたいなぁと思っていたのですが、なかなかいいものが見つからなくて。
先の尖った靴は痛いし、ヒールのある靴は履きなれてないし…とかとかってなってたんですが、見つけたのは合皮でヒールのない可愛い靴。
気が付いたら試着していて、気が付いたら試しに歩いていて、気が付いたら自分の靴のように馴染んでいました。

私の足のサイズは25cmなのでなかなか服屋さんでは足に合う靴がないのですが、なんかこれは履けた。し、可愛い。
どうしようどうしようと買うのを迷っていたら、母が「誕生日プレゼントに買ってあげるよ」と。

おおおお母様……本日のお言葉に甘える、その2。

 

そんな感じで、おいしいものを食べて、おしゃべりをして、プレゼントに靴を買ってもらい、そしてどさくさに紛れて自分でも服を買ってと、なんだか元気の出る行動をいっぱいしたので2日程前よりかは元気になったような気がします。まぁ油断はできませんけどね。

 

そして母と別れて帰宅。
結構遅めの時間に帰ってきたので慌ててごはんを作ったのですが、恋人が帰ってきたのが21時。ごはんは19時過ぎにできていて、こんなに遅くに帰ってくるのは初めてでした。
働く大人は大変なんだなー…私も一応働いてはいるけれど。
病院に行く前に「今日も一緒にごはん食べようね」「うん、いつもの日常だもんね」と約束していたので私も21時まで待っていたのですが、1人で食べてなくてよかったです。恋人と食べるごはんの方がうんとおいしい。
あー私やっぱり恋人のこと大切に思ってんだなー……

 

そんなこんなで、今の私はそこそこ元気です。元気のてっぺんを10、全然元気じゃないを0だとしたら4ぐらいです。
まぁ4なんでこの後どうなるか分からないので無理はしませんが。自分の声に正直になって過ごしていたいと思います。

それでは今日も1日乗り越えます。
あっ、出来ればとは思ってるんですが、今日中にサイトこっちに完全移転できればなぁと思っています。よろしくお願いします。

1
投稿日:

飛び込みで病院行ってきます

おはようございます。
現在朝の6時。この後身支度をそれなりにして、飛び込みで受診に行ってきます。

昨日もうなんか耐えられないっていうか自分でもこの状態がよく分からなくてでもすごいしんどくて、という感じで病院に電話したところ、明日(今日のこと)受診においでと勧めてくれました。
本当は昨日でもよかったんですが、遠方に住んでいるのでそう気軽にひょいと行けず…
多分ですが、片道3時間ぐらいかかるんじゃないかなぁ。電車の待ち時間とかも含めてだけど。

なんか、胸がきゅうきゅう締めつけられます。昨日よりも具合が悪いような気がします。
恋人は自分の仕事でいっぱいいっぱいなので、私の不調もほとんど話せず(今日受診なのは知っている)、家事を頼るわけにもいかず…あっでもゴミ出しはしてくれたかな。ありがとう。

入院勧められたりするのかなー…なんか気が進まないなー…
でも一時停止っていうか一旦全てのものごとを止めたいと多少思っている私には向いている対処法なのかもなー…
入院に対しては即決できないというか、悩みと問題が尽きません。
まぁそもそも入院のカードを出されるかどうかも分かんないんですけどね。

というわけで、取り急ぎご連絡でした。無事行って帰ってきます。

0
投稿日:

もう頑張れない

あ、そういえばスマホのアプリを使ってなんとなくラジオを始めてみました。
ラジオっていうか…まぁラジオなんですけど、なんっていうか1人喋りを配信しているような感覚でいます。
アプリを入れていないと聴けないようなのですが、こちらにもリンク貼っつけておきます。

 

トーク「 試験的にラジカセラジオ#2 」| 試験的にラジカセラジオ
↑最新のものです。別窓で開きます。

 

がっつり作りこんだラジオがしたいっていうよりとにかく喋りたいって感じなので、アプリを使って気軽に配信できるのはいいですね。
というわけでよかったらお聴きください。

 

さて。大きく話は変わり。私は今、どうやら具合が悪いようです。

 

昨日は実家に行って仕事をしていたのですが、移動に往復約5時間。
それでも疲れる大きな要因にはなるのですが、昨日は母が仕事が休みで家にいたんです。
なのでちょっと長めに時間を取って母とおしゃべり。
淹れてもらったアイスコーヒーが出てきます。飲んだら下げてもらえます。新鮮です。夢のようです。

…まぁそれはともかくとして、私の恋人との日常や結婚云々の話も出てくるんですよね。煮え切らない恋人の態度、「結婚したいか分からない」って言われたこと。
分からないって言われたときから私はもうすっかり元気がないんですけど、とにかく色々母と話していて。
なーんかね。これでいいのかなってちょっと思いました。
「もうだめだ」ってスイッチが入ったら、私はここを出るだろうなとか。

で、1時間2時間話し込んで帰るとき、玄関で母から手作りのチャーハン(母が作った実家でのお昼ごはん)を小さいおにぎりにして手渡してくれたんです。
そのときはありがとう、だったんですが、帰りの電車の中で私は急に「私なにやってんだろ」と何ともいえない胸の締め付けに襲われました。

 

なにやってんだろ。
結婚に踏み切らない恋人。
元気が出ない最近。
疲れが取れずに溜まっていくばかりでもう頑張れなくなってきた。
なにやってんだろ。なんで他県で1人頑張ってるんだろ。
もう頑張れない。

 

そこでふとかばんの中を見ると、先程の母のチャーハンおにぎり。なんとなく口に運んでみたんです。
そうしたら糸が切れたのかなんなのか、私の諸々の回線の動きは鈍くなりました。

 

もう頑張れない。
頑張りたくない。
疲れた。
なにやってんだろ。

 

休みたい。
1週間ぐらい、全てのつながりを遮断したい。

 

入院したい。
くらい、私弱ってたんだ。

 

その母のチャーハンがきっかけで今まで張り詰めていたような頑張り続けていたようなものが一気に崩れて、今私はへろへろになっています。
ずっと入院していなかったし診察の期間も開くようになったから分からなくなっていた…けど、私はもしかしたら今すっごい具合が悪いのかもしれない。
現に1週間ぐらいどころか永遠に全てのつながりを遮断したいと毎日思うようになっていたし。

まぁでもね、仮に入院したところで休めるかどうかなんて保障されないし、制限されるものごとの方が多いし、仕事もできないからお金も入ってこないし、電車で片道1時間かかるような病院まで誰が日用品を運んでくれるの。シャンプーや歯ブラシは誰が持ってきてくれるの。
…とか思うけど、それでも何かかんかの形で強制的に休みたい、電源を切りたい自分がいます。
もう頑張れない。

 

ちなみにこのことを恋人に話したところ、仕事をしていたので全く聞いてくれませんでした。
「仕事中に話を振った私が馬鹿だったよね」とは多少思うけど、それ以上に私の悲鳴に耳を傾けてくれなかった恋人に愕然としています。
仕事、5分ぐらい手を止められないものなの。
疲れきっている私は今、「楽しいことしか分かち合えなくてネガティブなことは分かち合えないのなら、この先いい関係が築けないだろうから別れてもいいのかな」という思考でいます。
やっぱり休んだ方がいいかもしれませんね。

 

と、言いながら、今日はちょっといつもよりも頑張って仕事をしないといけません。
洗濯物も干さなきゃだし、ごはんも作らなきゃ。
もし本当にどうしようもなくなったら病院に電話するかも知れないけど、電車で片道1時間、どうやって行くんだろうねぇ。

季節の変わり目だからなのか喘息も酷いですし、最近はあんまり元気じゃありません。どうなっていくかはまた次回。

0
投稿日:

ティーポットが欲しい

おはようございます。
まだ引っ張りますが、すっかり誕生日モードも抜けて通常営業になりました。

誕生日にはしゃぎすぎたせいでしょうか、なんか昨日はもう眠くて眠くて。
仕事とか家事とかやることはやったつもりですが、いつもよりも早くに眠ってしまいました。
眠いとロクなことを考えませんね。

 

あーそう、先日の誕生日デート。
「1人で探しててもいいの見つからなかったからプレゼント一緒に見に行こう」という恋人の誘いのもと一緒にふらふら探しに行ったのですが、結局何も買いませんでした。
でも、買わなかったんだけどひとつだけ欲しかったけど買えなかったものがあるんです。

 

それがティーポット。
買えなかった理由は「置く場所がないから」というものです。
置く場所があったら即買いだったような気がしますっていうくらい可愛くて、「あ、私これ欲しい」と思うようなものでした。

 

でもねー、いかんせんこのお部屋は2人で暮らすには少々狭い。
私が「実家にい辛い」という理由で(家族との関係は良好なんですけど)恋人の家に転がり込んできた…というあまりよろしくない同居の始め方だったので、ゆったりした間取りじゃないんですよね。
食器も調理器具も置く場所がないから増やせない状態なのに、ティーポットなんて置ける場所がない。
だから「置く場所ないから我慢ね」と泣く泣くお店で別れを告げてきたんです。

でも今朝になってもずっと気になっているそのティーポット。「どこか置ける場所ないかなぁ」といつまでもグルグル部屋じゅうを見ています。
で、見ていたところ。ひとつだけ置ける場所を見つけました。
ばばーん、使っていないポットがある!それを実家に持っていって、そこに置けばいいんだ!

ティーポットは割と小さめなので恋人からは「ちょっとしか飲めないよ?」と言われたときもあるんですが、紅茶はそうゴクゴク飲むもんじゃない!
コーヒーサーバーにお茶っぱポンに入れた茶葉を入れて紅茶を淹れる生活はもうすぐ終わるような気がする…!
ちなみに私はコーヒー派なんですが、恋人が結構紅茶を好むので、淹れてあげたいなーって。そこから紅茶にも興味が湧いてきました。

 

とりあえず、奇しくも今日仕事で実家に行くのでポットを持っていこうと思います。
それにしても雨降り…この中歩くのかぁ…っていうかスーパーどうやって行こう…徒歩でいくら傘をさしたとしても濡れないものが確実にない…
まぁ、スーパーの件に関しては恋人に相談します。

 

ティーポットだったら2人で使えるし、なくなるものじゃないし、うまく言えないけどなんか素敵。
あともう1回言うけどコーヒーサーバーにお茶っぱポンに入れた茶葉を入れて紅茶を淹れながら「ティーポット欲しいなぁ」とぼんやり思っていた日々ももうすぐ卒業…かもしれない。
流石にお揃いのティーカップまでは買えないけど、気軽に茶葉を入れて紅茶を楽しめる日々が来たらなぁ(お茶っぱポンのくだりが意外とハードル高い)。

 

あぁ、もしかしたら今日出かけるついでに1人で勝手に買ってきちゃうかもなぁってくらいティーポット熱が高いです。
冷静に冷静に。欲しいけど冷静に。

それではこの雨の中、頑張って出かけてきます。

0
投稿日:

ほんとのところ

おはようございます。
誕生日も終わり翌日の朝です。
今の私は…っていうか昨晩からテンションがめちゃくちゃ低いです。元気がないです。

 

あれですね、誕生日はどうしても「誕生日は○○してくれるだろう」って期待してしまいますね。
よくしてくれるだろう、楽しい1日になるだろう、プレゼントをくれるだろう、みんな自分に優しくしてくれるだろう、とかとか…
だから良くも悪くも感情の振り幅が大きい。しょんぼりもしやすい。
「気負ってない」とか言いながらも期待はしていたんだなー来年、からは気をつけなきゃなぁ。
まぁ元気がない理由はそこじゃないんですけど。

 

なんかね、なんっていうのかな…一言で言うと、私は恋人を信じていなかったのかもしれない。って気付きました。気付いたような気がします。自分で認めるかどうかは別にして。
信じなくなっていたんだなって気付いたみたいな言い方にしてもいいかもしれない。

 

昨日は恋人からたくさんの思いやりを感じました。あれは心からの思いやりなんだと思います。
「おめでとう」って言ってくれたし、ハグも頭ぽんぽんも「私今日幸せだなー」っていう言葉に「俺もだよ」って返してくれたこととか。
素直に喜んでいいんだと思うし、恋人なりの愛情表現なんだと思います。

でも、なんかそういう彼の言動すらも疑ってしまうようになっていた自分がいました。「本当は私といるの嫌なんでしょ?」って。

 

毎週デートしていて散々期待持たせといて「付き合う気はなかった」。
普通に過ごしていてこれからもずっと一緒にいるんだろうなと思っていたところでの「結婚するつもりはない」。
そしてそれから1年経って、お互い将来のことを前向きに考えている気持ちは一緒なんだろうなと思っていたところでの「結婚したいか分からない」。

 

「私のこと好き?」「ふっ(笑)」
「富山に戻っても一緒に暮らそうね」「それはどうかな」
「じゃあ暮らさない」「それもどうかな」

 

なんかね…彼の気持ちが分からないし、これだけ痛い目に遭っていたらそりゃ一歩引いて自分を守るようになるよ。「好きじゃない」「結婚しない」っていつ言われてもダメージが少ないように自分に『保険』をかけるよ。
だから、恋人なりの愛情表現と思われるものも、「彼も私のこと好きなんだろうなー嬉しいなー」なんて喜ばず、ダメージを減らすために「私を喜ばせるための仕方なくやってることだから」って。いつの間にか自然とそう思うようになっていました。
…って話です。こんなんでいいんですかね。
昨日「幸せだなー」と言って恋人が「俺もだよ」って言った後に私は「○○さんは私のこと鬱陶しいと思ってた」と言うと「ひねくれてるなぁ」って言われたんですけど。それでも信じられませんでした。
でも、この気持ちを『修正したい』とは思っているんですけどね。こう思っている内はまだ大丈夫なのかな…こんなこと打ち明けたら嫌な顔して機嫌悪くなるんだろうけど…

 

というわけで、昨日の出来事に少々話を戻すと、結局プレゼントはなかったし、私も欲しいものがなかったし、一緒にお店へ行ったけれど「これが欲しい!」ってものもなかったし。無論結婚のけの字もないです。
今の私の気持ちとしては、こんな「信じられなくなってる」とか言ってる状態でもし今後別れたりしたら、プレゼントはきっと手放すから何もいらないしプレゼントのことは忘れて欲しいって感じです。
まぁその分結婚のあれこれにお金をかけたいとかっていう相反することも思ってますけどね!

 

今日は洗濯機を回して仕事して。夜ごはんを作って。いつも通りの1日です。
いつも通り、ねぇ…
私の気持ちも恋人の仕事もどうなるのかな。胃が痛くて気持ち悪いです。

0