に投稿

「結婚の約束が欲しい」

今日からいつもの平日が戻ってきます。
恋人は仕事…あぁそこが一番大きい変化かな。私はいつも通り仕事をしたり家のことをしたりします。
なんだか、ちょっとほっとします。いつものタイムスケジュール。お休みじゃなくなっちゃうけど、曜日の感覚が分からなくなってチューニングが狂って具合が悪くなるよりいいです。

 

というわけで。
昨日私はここに「誕生日に『結婚の約束が欲しい』って言いたいけどそんなこと言えない」みたいなことを書いていましたが、言いました。昨晩。
今回はそのことを書きたいのですが…今の私の心境を先に言うと、家出したい。そんな感じです。
しばらく1人になりたい。

なんかね…一言で恋人のコメントをまとめるのは難しいんだけど、要は私と結婚する気があるのかないのかの2択だけで言えばないみたいです。
ないって言うか…この先のことなんて分からないんだから何とも言えない?もし結婚するタイミングみたいのが来たら分かんないけど、みたいな。
だからあるないよりも、分からない。ようです。

 

結婚適齢期である私にズルズルとこんな煮え切らない時間を過ごさせてしまって申し訳ない。だから、他の人のところへ行きたかったら行っていいんだよ、と。
私のことを女性として見られないから(これは前から知っていた)浮気するかも知れないし、私も浮気するかもしれない。そう考えると踏み切れない、と(恋人は相手の浮気で1度離婚している)。
私との交際は職場で反対されているから、もし結婚したらあれこれ言われるだろう、と。
経済的にも満足のいくものじゃないし、と。
だから今は何とも言えない。

 

「ゆきちゃんと結婚したいから、もうちょっと待っていて欲しい」ということは言えない。
そもそも結婚したいのかどうかも即答できない。
私は女性として見られていなくて、自分の妹や子供のように思われている。だからどうして一緒にいるのか分からないと思うときもある。
だからいつ結婚しようと思うか分からないし、自分を待っていたらいつ結婚できるか分からないよ。婚活してもいいんだよ。

 

…まぁこんなんで。

 

好き好き補正をかけるなら、煮え切らないコメントではあるけれど恋人なりの誠実なコメントなんだろうなぁ、なんだけど、補正を外すならちょっとここに書くのは憚られるくらいのボロクソ用語を並べたいです。
だから私は1人になりたい。沸騰した熱を冷ますってよりも(衝動的に家出する時点で沸騰しすぎてるよ)、なんか一緒にいるのが嫌だ。嫌いっていうかそういう意味じゃなくて…うーんなんってんだろ。とにかく恋人と一緒にいたくない。嫌いとかそういう意味じゃなくて。

 

この一連の話をした後私は性懲りもなく「結婚しようよぉ」とうだうだ言っていたんですが、なんかもう最早お約束の展開って感じです。結婚したいのは本当ですが。私はね。
結婚しようよとボケをかますように言う私に、はぐらかすというボケをかます恋人。そして何事もなくおしまい。これが日常になっています。

 

幸いにも私の仕事は、パソコンひとつあればどこでもできるもの。
私がいなくなったところで恋人は何も困らないんだろうな。お金はあるし、家事ができないってわけじゃないし、夜ごはんは宅配弁当とってるし。

自分の行動、自分の将来、自分の恋人へ対する気持ち、いろんなことが分からなくなっています。
家出したら怒られて破局なんだろうな。それはそれか。なんかもう疲れちゃった。一時停止になりたいです。

1