に投稿

ウェディングドレスのズレ

突然ですが、21時半制度(テレビや音楽は私のテンションが上がっちゃって眠れなくなるから21時半まで…という約束)の後から寝るまでの間が私は1日の間で一番好きな時間です。
その時間帯も恋人は仕事をしているのですが、ちょっかいをかけたり雑談をしたりと、なんかそういう時間がほっこりします。…恋人としては仕事の邪魔すんなって感じかもしれませんが。

 

で、最近。とは言っても2~3日前ぐらいからかな、なんとなーく結婚の話を性懲りもなくまた振るようになりました。
結婚の話ってよりも結婚式、の話かな。こんな結婚式挙げるんだーとか、こんなドレス着てこんな指輪にするんだーとか。
なんかね、恋人の転職もしくは恋人の職場移動の話が日々数ミリ単位で濃厚になっているような気がするので(?)、つまりそれって地元に帰るってことで、つまりそれって結婚する大きなタイミングだよね?ってことで。
私は言うまでもなく恋人と結婚したいし、恋人も結婚願望があるから「私も少なくともその候補に入ってるはず…!」と思って再びこんな話で盛り上がっているんです。1人で。

 

そして昨晩はウェディングドレスの話を勝手にしていました。
私、多分恋人と知り合う前からだったとは思うんですけど、着たいドレスがあるんです。
昨晩なんとなーくそれをスマホで見ていて、なんとなーく恋人にその画像を見せてみました。何回か見せたことはあるんですが(あるんだ)。

まぁ私は1人できゃっきゃきゃっきゃしていて、「これ本当に似合うかなー」「早くお店に行かないとドレス取られちゃうよー」とかとかと言っていたのですが、そこで恋人が一言
「そういうのって買い取りとかあるから何着かあるもんだよ…こんなこと言ったらまた色々言われるかもだけど」みたいなことを言ったんです。

 

…あ、あぁ。そっか。

 

改めて説明するのですが、恋人は1度結婚をしているいわばバツイチ(私はこの言葉が好きではない)なので、結婚式もしっかり経験しているのです。披露宴はしなかったみたいだけど。

 

最近はそうでもなくなったんですけど、恋人は昔の恋愛話を何の問題意識も持たずになんでも話してくるので、当時の結婚式の話もなんとなーくは聞かされました。
ドレスを選ぶときこうだった、とか、こんなところで式を挙げたとか。

私は先程の恋人の台詞の後「え、そんなこと思ってないけど」と言いましたが、「まぁあなたは1度結婚を経験してらっしゃいますからねぇ~何でもご存知でございますわよねぇ~」みたいな意地悪な感情よりも、何らかの『スタートライン』に立ったような気がして一瞬だけ夢から覚めたような気分になりました。

 

再婚と初婚の、そもそもが違うスタートライン。
私はどう頑張っても恋人にたどり着けないものがあって、それは彼に言うつもりはない。
結婚式の準備がまず最初にそのズレやもどかしさを感じるもので、それは経験してしまっている以上どうしようもないものなんだ、と。
まぁ結婚するかどうか分かんないけどね!!

 

もしこの後ご縁があって結婚ってことになったら、悪気がなくても出てくると思います。たどり着けないものや、カバーしきれない差が。
ドレスのこと、指輪のこと、婚姻届の書き方、夫婦生活、相手のご家族との関わり、彼の職場仲間や知り合いからの見られ方…
以前よりいじけることはなくなりましたが、私は後妻として生きていくんだろうなぁ。恋人自身は周りからもらったご祝儀などを気にして『2度目』の式は挙げたくない(相手が挙げたいんだったら挙げるけど)と言うような感じです。
まぁ結婚するかどうか分かんないけどね!!

 

私は心から笑ってウェディングドレスを着るときが来るのかなぁ。そこには、心から笑った恋人がいるのかなぁ。
まぁ結婚するかどうか(以下略)

 

んーでも、この話をこれだけ書けるようになるまで半年以上かかったのも事実なんですけどね。
恋人に離婚歴がある事実、私は後妻になるであろう事実、そういったあれこれをそこそこ咀嚼して飲み込むまでに。

色んなものを「どーでもいいやぁ!」と思える日が来たらいいです。
そのときも、隣には恋人がいたらいいです。

0