に投稿

どうせ不安になるのなら

おはようございます。曇り空の朝です。

 

さて。

 

恋人が帰ってきた!!!!

 

なんかもー嬉しくて嬉しくて。嬉しいんですけどやっぱり嬉しすぎて。で、心なしか恋人もにまにましていて、幸せ~な夜を過ごしていました。
恋人が自分の仕事の話を1時間してくれたんです!
付き合って約1年半、一緒に暮らし始めて約1年経っていますが、未だに「これって私のことを特別に思ってくれてるのかな…??」と思ってはきゅんきゅんしています。

ですが、出張から帰って早々また出張の予定が。
今度は1週間だそうです。
い、いっしゅうかん…今回は1泊だったからまぁ余裕こいて乗り切ったものの、1週間はきついなぁ…(ちなみに今年4月頭にも1週間の出張があって、このブログに悶え苦しんでいた様子が記されています)

 

なんかね、恋人の言葉をそのまま引用するなら、今は過渡期なんだろうなぁと。
で、私が思うにこの次の1週間の出張で、その過渡期の前半部分が終わるような。そんな気がしています。

あんまり詳しくは話せないんですが、恋人が今仕事のことですごい悩んでて。
それは私にも関わってくることなんですけど(この2行で核心が分かるっちゃあ分かるかもしれない)、うーんどうしようかなぁと。

 

彼に「こっちとこっち、どっちの選択肢に気持ちが傾いてる?今はどんな気持ち?」と聞いたら、「どっちにも傾いてない。今は不安しかないかな」という返事が返ってきました。
なんか、恋人の性分ではあるんですけど、常に不安を抱えているんですよね。彼は。
「これでいいのかな」「これで大丈夫なのかな」みたいに常に不安を抱えて石橋を叩いて叩いて叩きまくる人で、ノリと勢いで「じゃーこうしよー!なんとかなるかぁ~!」って感じの人ではないんです。
まぁでも最後に決めるのは恋人だし、恋人の人生は恋人のものなので、私はそれにくっついていくだけです(くっついていくこと前提)。
どう転んでも不安なら、一緒に不安になろうよ。でもその分私がカバーするし、私はアドバイスはできないから話を聞くことしかできないけど、その私を有効活用してくれたら嬉しいよ。って感じです。
あーでも1週間の出張は淋しいなぁー…

 

昨日ふと思ったんですが、私自身も今は過渡期というわけではないかもしれないけれど、絵を描いたり言葉をつくったりイベントに出たりっていうような表現活動よりは、今は人生の基盤を整えたいんだなーと。
日々の生活をレールとするなら、表現活動はその上に乗るもの。私はレールを作ったり整えたりしたいんだと思います。今は恐らくそういう時期なんだと思います。
今のレールが整ったのならまた上に乗せて走らせたい。
要は、恋人と結婚して富山に帰って、表現活動をまたバリバリやりたいってことです。
まぁーなんにせよ恋人の仕事ですな。

 

今日はまとまりのない話をぽつぽつしていましたが…こんな感じです。
すみません、先にお伝えしておくのですが、明日は朝早くに病院へ行かないといけないので(公共交通機関の絡みで、です)多分ブログ書けません。ご了承ください…あ、呼吸器内科の方です。喘息の。

 

というわけで、私はいつものようにしていたいと思います。今日の夜ごはんもおいしいの作るよ。楽しみに帰ってきてね。
よかったらまたなんでも話聞かせて。どうせ不安になるのなら、一緒に不安になって一緒に不安の沼から這い上がろう。私はあなたの不安をカバーしたり手を伸ばす人になりたい。

0