に投稿

心のすっぴんは見せられない

おはようございます。日曜日、朝の7時。お寝坊ができない私です。

 

さて昨日は。スーパーに行き、実家に送る荷物を持って郵便局へ行き、夜ごはんは恋人と外食をしていました。
郵便局へは早く行きたかったので早く出発。弟への誕生日プレゼントも買うことができ、恐らくこの後…今日の午前中にはちゃんと届くかなといったところです。

 

まぁそれはいいんですけど。
なにせ荷物を送るというミッションが早くに終わりすぎたため、恋人の仕事が終わるまでめちゃくちゃ時間が余ってしまいました。
この、アパートを出発から荷物を送るという時間の中に、ミスドでお昼を食べつつ時間を潰しつつ荷物の中に入れるお手紙を書いていたという時間もあったのですが、それでも暇。
大体の私のテリトリーである(めちゃくちゃ狭いけど)あたりも全部回り尽くしたし、お金もないしバスのICカードの中にもお金がない。
こんな状態で4時間以上時間が余っていました。

うーん。ウィンドウショッピングもやっちゃったし、どこかでコーヒーを飲みながら一息つけるお金もない(給料日前って恐ろしい)。
どうしようどうしよう…と小一時間やっていたのですが、外のベンチでぼけーっとしていたときにふと「よし歩いてみよう」と思いました。

 

歩く。目的地は分かりませんがとりあえず直進という感じで30分歩いてみようと思いました。それで引き返して帰ってくれば1時間。恋人と落ち合う時間ぐらいのバスには戻ってこれる。
という感じでとりあえずてくてく歩き始めました。
そうすると15分ぐらいで結構な距離を歩いたことに気付きまして。そして思うのです。「これ、歩いて待ち合わせ場所まで行った方が丁度いいわ」と。

というわけでてくてくてくてく歩きました。
恐らく私は方向音痴ではないみたいなので、道の看板や標識に書いてある地名を元に歩く歩く。そしてちゃんと着くからすごいです。所要時間1時間半。

 

でもね…1時間半歩いていたらさすがにフラフラになりました。加えてお昼はミスドのドーナツ(ハニーチュロとボールのいくつか)とコーヒーだけ。そのエネルギーだけだったので気付いた頃にはフラフラでぼーっとしていました。
恋人と会った頃にはぼーっとしていてふわふわしていて。そして何より金曜日の具合の悪さが再発しました。
具合の悪さ。あれです、アイキャンフライ系のやつです。
食べたいものも分からないし口を開く元気もない。そして生きる気力もない。自分で1時間半歩いときながらですがボロボロです。
で、夜ごはんを食べにお店に入ったのですが店内がもうびっくりするぐらい賑やかで賑やかで、私は音からもエネルギーを削がれたのでした。

 

エネルギーはないし何を食べているのかも分からない。生きる意志さえ失われつつあるけれど、どれっくらい自分が具合が悪いのか判断がつかない。
そんな状態だったのですが、恋人が駐車場から車を取ってくるときに私が全く別(と恋人が認識していた)の場所で車を待っていたので、車の中でめちゃくちゃ咎められました。

 

なんかもうよく分かりません。恋人からの非難を浴びながら、私の頭の中は「どの建物からだったら飛び降りて上手く行くかなぁ」でした。
結局アパートに帰ってから「さっきは怒ってごめん」と謝られたのですが、私の頭の中は誰かに向かって助けを求めていました。「助けて、なんかもういなくなりたい」と。
いくら自分で体調不良のトリガーを引いておきながらね。いやでも昨日は割と元気だったんだよ。

 

「具合が悪い」なんて恋人には言えない。言ったところで解ってもらえるとは思えない。
そもそも私と出会う以前に体の弱かった女性を(申し訳ないとは思ったけど、と言っていたけど)体が弱いからという理由で遠ざかったことを知っているし、私と付き合い始めた頃はこんな私の障害に向き合えない、支えきれないと言っていたし。
それにここしばらくずっと元気というか普通な状態を見せていたので、落ち込む姿を見せたらまた私と向き合ってくれなくなるかもしれない。
要は俗に言う「見捨てられたら怖い」というニュアンスに似たものです。

 

なんかねー…いくら恋人の前ではすっぴんパジャマ姿でふらつけても、心のすっぴんは見せられないのかなぁみたいな、ちょっといい感じのフレーズを思いついてしまいます。
今日というか現時点でも具合がよくないです。まぁ活動はできなくもないんだけど、頭も体もぼーっとするし、どうしようもないことばかり考えてしまいます。今は恋人が寝てるからいいんだけど、起きてきたらテレビがつくだろうからその刺激は絶対具合を悪くするだろうなぁとか。

 

1人になりたいです。どこか高い建物ないですか。
明日は久しぶりの施設通所日です。スタッフさんに具合の悪さを嘆くまで大人しくできませんかね。

0