に投稿

退去の目処が立ったどころか

眠たい。
眠たいです。
おはようございます。

今日はいつもよりも20分程度遅く起きただけなのですが、眠たい。眠たいです。何なのこの眠たさ。もう1度布団に入り直そうかと思いました。
今年1番の眠たさです。恋人にそう言ったら「めでたいぜ?」と褒められてしまいました。
まぁ何にせよとにかく眠たいです。

 

はい。話を変えて。
先日ここで退去日の目処が立ったみたいなことを言っていましたが、目処が立ったどころかもしかしたら今月中に引っ越さないといけないんじゃないのという疑惑が浮かびました。

今月。あと半月。
恋人の仕事の詳しいことは私は知らないんですが、なんか昨日恋人が「よくよく考えたら今月中に引っ越さないといけないような気がしてきた」とごはんが喉を通らないくらい焦っていて、どうしようどうしよう、仕事も普通にあるし諸々の手続きだってどうするの、っていうかまだ以前見てきた部屋って決まったわけじゃないし。と。あと半月でどうやって引っ越すのと。とにかく「どうしよう……」と呆然としていました。

私は引っ越しに関する最終決定件はないし恋人に従うだけなので余計な口出しはしないでおこうとあまりどうこうは言わなかったのですが、まぁもちろん力になりたいとは思っているし、できることは何でもやりたいと思っています。
とりあえず恋人は今日上司に退去に関する詳しい話を改めて聞いてくるそうなので、その返事待ちかなーとも。

 

私は楽観し過ぎているのかもしれませんが、今から始めるのならなんとか間に合うと思っています。
恋人が仕事に行っている間、できる限りの手続きや荷造りはやるつもりだし、そんなに悲観はしていません。
私がついてるしねー、大丈夫だよーって感じです。なんか書いていたら本当に大丈夫なのか分かんなくなってきたけど。

 

というわけで、なんだか急にバタバタしそうな予感です。また詳しいことが分かったら書ける範囲で書きたいと思います。

それでは最後に先程の恋人とのやり取りを。

 

彼「(部屋に入ってくる)○○さんだよー」
私「え?違うよ?○○さんじゃないよ?」
彼「ふぇっ!?じゃあ俺誰??」
私「私の旦那様」
彼「じゃあ俺じゃん」

彼「……(しまったという顔)」
私「……(顔を隠して赤面)」

 

また明日お会いしましょう。

2