に投稿

パクチーの壮絶

うー
寒いからかなぁ。体がこわばって寝た気がしません。

というわけで朝の6時半。この後身支度を整えて仕事を少しして、スーパーに買い物に行ったのち母とお出かけに行きます。
母とはなんだかんだ言って月1ぐらいでこうやってデートをしています。
何しようかなースタバの新作飲みたいなー。
母は仕事の話をし、そして私は恋人との話を主な近況報告としていつも話題にしています。母からはいつも「結婚まだけ(富山弁)」と言われます。

 

 

昨日は1日フリーで、午前中からお昼過ぎまでは富山駅前をふらついていました。
給料日だったからATMがいくつかある大きいところに行きたくて。

 

で、お金をおろしたら早速スタバにいました。
ケーキがおいしい。生きててよかった。日々家にこもり1人で仕事をし、誰かとお茶なんて生活の概念がない孤独な生活を送ってるけど、耐えてよかった。そのくらいおいしかったです。
スタバでぼーっとしたら、暇。暇です。富山駅前はやることがありません。と言うより、私が行きすぎているので見飽きたと言った方が正しいです。

そんなこんなで昼過ぎに帰り、その後は美容院に行きました。
これ!これが私の本来あるべき髪型よ!って感じにしてもらいました。伸ばしっぱなしだったので…。
美容師さんとの会話も楽しいし、もうかれこれ何年お世話になってんだろうって感じです。

 

はい。遅くなりましたがここからが本題です。

 

昨日の夜ごはんはアヒージョでした。洒落てますね。バゲットを浸して食べました。洒落てます。
で、それだけでは明らかに量も足りないし栄養バランスも偏っていたので、私はイタリアンサラダ用という名の葉物野菜を購入してみたわけです。どこまで洒落てるんでしょう私は。
アヒージョに~イタリアンサラダ~、いい感じじゃね?私、と思っていたのですが、いざ野菜を洗ってみるとすんごーい独特な風味。
「これもしかして私と恋人の口に合わないタイプのやつじゃない…?」と思ってひとつ口にしてみたら、風味の期待を裏切らず口の中がすんごーい味。

 

やばい。今晩の食卓が壮絶なものになってしまう。でも食べないわけにはいかない。

 

そう思って、半分をサラダ、半分をスープにしてみました。湯気から立ち込める独特なにおい。
独特なにおいっていうか、パクチーのにおい。
パクチーのにおい。
私と恋人はパクチーが苦手です。
恋人が仕事から帰ってきたら、まずこの「サラダとスープの中にパクチーが入っているような気がする」と伝え、ひとまず夜ごはん。2人で恐る恐る食べてみました。

 

……う゛。

 

恋人は目をまん丸にして口を半開きにし、私は目をまん丸にして口を閉じたまま「んんーーーーっ!んんーーーー!」と悶絶しました。
スープは辛うじて飲めたんですけど、サラダは私ひとりで食べました。
恋人のパクチー食べられるレベルが0なら、私は5ぐらいあったので無心で食べました(ちなみに100中です)。
口の中でパクチーの風味が広がると、戦闘音楽が流れます。次第にベトナムの風景が頭に浮かんできました。ベトナム行ったことないけど。え、パクチーってそこら辺の食材だよね?ってかごめんパクチー散々に言って。

 

そうしてサラダを食べきると恋人に尊敬されました。尊敬されたので「じゃあ結婚して」と言ってみたのですが、安定のスルーでした。
アヒージョおいしかった…慣れないものはあまり挑まない方がいいですね。

ということで、昨日の一大事でした。

 

さて、そろそろ身支度を始めますかの。今日の天気はあんまりよくないみたいなことをちらっと目にした気がするけど、いい一日になればいいな。

2