に投稿

ヘルプマークを持たなかった理由

今朝起きてすぐ、恋人に「ゆきこ100%の顔だね~!」と感嘆されてしまいました。
なんだろう、いつもよりも私の顔が私っぽかったんだろうか。普段の私の顔が99%というわけでもないだろうに。濃かった?いやどういうことだろう。うーん。

 

えっと。
昨日は結局「天気がいいのに何日も家に閉じこもってたまるか」と思って1人で出かけてきました。1人で。

とりあえずスタバ。新作のほうじ茶ラテケーキ。
うーん美味です。スタバ好きとしては新作は全て制覇したいわけで。まだ食べていないものもあるので、足しげく通おうと思います。
いや、さ。恋人から「スタバに行くなんて贅沢だね」と言われるのですが、私としてはほぼほぼ唯一の娯楽なんですよ。毎日1人で家にこもって誰と話すでもなく仕事をして家のことをして。その中で気分転換に外に出られる口実&目的&楽しみなわけです。スタバが。これがなかったら私はずっと家に閉じこもっていると思います。なので贅沢というより…って感じなんですが……分かってもらえるかなぁぁぁ。
そんなこんなで。昨日はこのケーキが昨日のお昼ごはんでした。最近少食にしています。もうちょっと体重体脂肪落としたい。

 

で、その後はもうちょっとあちこちをふらついていたのですが、急にぐわっと調子が悪くなりました。
頭がざわざわする。慌てて頓服を飲みました。

 

なーんかねー、単独外出中の突然の不調(強めのやつ)に襲われて、「ヘルプマーク」を持っておきたくなりました。
ヘルプマーク。あの、目に見えない病気や障害を持っている人が何か援助をしてほしいという目的でつけておくやつです。解釈合ってるかしら。

市役所が近かったのでもらいに行こうと思えばもらいに行けたのですが、なーんか「いいのかな、どうしようかな」ともやもやする私。なので恋人にヘルプマークの概要が書いてあるサイトのURLを添付して送り、「これ持ってようか悩み中なんだけどどう思う?」と尋ねてみました。
そうしたら「うーん何とも言えない」との返事が。

正直「やっぱり?やっぱりそう思う??」です。
恋人とLINEで話をしていて私のもやもやがほぐれていったのですが、要は私は…私は、ですが

 

援助をしてほしいわけじゃない
援助をしてほしいと言えば座らせてほしいとか静かなところへ連れて行って欲しいとかだけど、実際されたら申し訳なさ過ぎる
それに周りも私にどう接せばいいか分からないと思う
私は「自分は今不調でとてもしんどい」ということを自分以外の人に知らせたいだけ

 

だということが恋人との会話の中で分かりました。
私は双極性障害と自閉症スペクトラムという精神と発達の障害者なのですが、私の思いからすると本来のヘルプマークの目的を果たせないな。と思いまして、結局持つのをやめたわけです。

 

なんかもやもやしていた点が「話す」ことで解決できてよかった。ありがとう恋人。

 

さて。今日ですが、そんな恋人は1人でどこかへ出かけてくるそうです。いえーい!ひゅー!私を置いて!!まじか!!
ずっと「一緒に行きたい」と言っていたのですがことごとく華麗に一蹴。本当に私を置いて1人でどこかへ行くみたいです。

この、このフラストレーションの溜まり具合、本当にあなた知らないの…??という感じで、もはや笑うしかないです。
元日に初詣に行ったけど、あれは「帰宅途中に寄った」感が強いから、私の中でお出かけにはカウントされないんだよおおおおおう
だから…2、3、4で3日?3日間恋人は自宅にいるのに、お正月なのに、お休みなのに、私ずっと退屈にしているのを見ているはずなのに、私が散々「出かけたいよぉ」と言っているのに、どこにも出かけていません。
あーもうなんか書いてて自分のわがまま感に嫌になってくる。

 

というわけで…お風呂に入ってこようと思います…
出かける予定の恋人が先に入る?知らんっ、って感じです。私もどこか出かけようかなぁ。

1