投稿日:

【長文】話したくないこと

おはようございますって時間でもないけどおはようございます。朝の9時過ぎ。
明日からようやく通常営業なので、目覚ましもいつも通り5時50分にかけよーと思ったのですが…起きたら8時…
明日は午前中に受診(精神科も呼吸器内科も)なので5時50分より早く起きないといけないような気がするのですが…あがががががが

 

というわけで病院…というか病院で話したくないこと。昨日のこと。

 

昨日は恋人が「1人でふらふら出かけてくる」ということで私は非常ーに機嫌が悪かったです。
1日も2日も3日も4日もどこも出かけてないのに、誘っても断るのに、私めちゃくちゃ淋しがってるのに、そこに来てどうしてあなたは1人で出かけようと思うの。せめて私を1日構う日を作ってよ。と、口には出さないけどフラストレーションの塊になってかなーり不機嫌になっていました。

そしてそれを見た恋人。恋人もとうとう不機嫌になり、出発前はめちゃくちゃ険悪な空気に。
話し掛けないし、話し掛けても何も言わないし、ドアは強く閉めるし。
あーあーあー。私はもう何も思いません。頭が真っ白の空っぽになりました。なんで怒ってるの。どーして。と。

 

で、私はなんとなーく恋人より先にスーパーに行く準備をし、先にスーパーに行っちゃいました。もちろん顔なんて合わせません。その後恋人から「行ってくるね」とLINEが来ましたが。

もうその頃には私の頭はふわふわふらんふらんしていて、「どうしたらこの淋しさと理不尽に(私からしたら)逆切れされてフリーズした頭をなんとかできるか」ということで頭がいっぱいでした。
そして私の頭は「お酒を飲めば楽になるよ」と私に言ってくるのです。
お酒。主治医の先生からも家族からも厳しく禁止されていて、飲もうもんなら限りなく赤に近い入院のイエローカードを出されるお酒です。
「あーそうだなぁお酒を飲めば楽になれるなぁ」と思い、気付いたら缶チューハイを2本かごに入れ、レジを通していました。

 

帰ってきたらまぁ先程の通り恋人はもういなくて、さぁお酒飲むかぁという空間になるには十二分に整っていました。
とりあえずうがい手洗いをして(えらい)1本目を開けてお茶を飲む感覚でゴクゴク飲み。なんとなーくお菓子を食べながらお酒を飲みながらとしていました。

でもやっぱり満たされない私の諸々の何か。
そうなると頭が更に「薬と一緒に飲めば楽になるよ」と私に言うわけです。

 

薬とお酒。
これで私は何度入院をして薬への信頼を失ったことでしょう。
何年もかけて「大量服薬しない(お酒で)」と約束し、薬の管理も少しずつ私自身へ切り替えていくことができ、そうやって何年も何年もかけて築いていた信頼を。また失う気か。と思い「それはやったらいけんよ」と頭の中で反芻したのですが、結局処方量以上の薬をお酒でつまつま流し込んでいました。あーあー。

 

なんっていうかさ、1人にされた淋しさと1人になった孤独と不安は、もうお酒と薬で埋めるしかなかったんですよ。なんか。
まぁ極めて健全なやり方ではないので立派に主張はできませんが、なんか。なんかさ。あぁ私だめだなぁ。

 

そうしているうちに頭がふわふわぐらぐらして、体がふらふらして、微妙な吐き気。
あー。って感じなんですが、まぁなんとか「寝室に行き、寝る」という選択をしました。
恋人には空気が悪くなったし「お前のせいでこういうことになったんだぞ」みたいなニュアンスで伝わったら嫌だし(そんな思いは毛頭ないです)、これで「なんかあったらお酒で薬いっぱい飲む人なんだ…うわ」と警戒されるのも嫌だったのでなかなか言い出せなかったんですが、なんとか報告だけはしておきました。

 

そして眠って眠って夕方。
目が覚めるとふわふわぐらぐらするのも吐き気も和らいでいたし、まっすぐ歩くことができるようになっていました。
で、LINEを開くと恋人から「もうすぐ帰るけど夜ごはん何も考えてないわ、調子良かったら一緒に外食する?」という旨のメッセージが届いていました。

はい、もうそれは喜んで。即答で「うん」と返し、ふわふわしながら適当に身支度をしました。

 

約6時間ぶりに恋人に会ったらなんか普通。とても普通。なので普通に向かいました。大戸屋に。
大戸屋好きです。おいしいです。お腹が空いていたのでごはんを大盛りにしたのですが、やっとかっと食べきれるくらいの量だったので焦りました。
その後はレンチンできるお椀を2つ買いました。ちょっと、いや結構嬉しかったです。おそろいの食器。念願のお椀。今までお味噌汁はマグカップで飲んでいたので。

その頃にはもう21時を過ぎていたので「まだ遊ぶおでかけする」とぐずっていたのですが、仕方なく帰りました。
帰ったら「現場」にお酒がそのまんま置いてあったのですが(私が置きっぱなしにしたんだけど)、恋人は微妙に咎めただけで特に何も言いませんでした。残っていたお酒は恋人が飲んでいました。彼は普段お酒なんて飲まないんだけど。

で、私はパジャマに着替えて恋人にちょっかいをかけに行ったのですが、恋人は1人のお出かけ中にコードの長いイヤホンを買ってきていたみたいで、そのイヤホンをしてテレビを観ていたので「…あぁ、関わりたくないんですね、はい」と思って寝室に向かい、ぐずぐず寝ました。
そうさっき。恋人はね、「元日初詣行ったじゃないか、あれはお出かけじゃないのか」という感じだったみたいです。なので私も「ふわぁぁぁぁぁ」となっていたけれど、恋人も「ふわぁぁぁぁぁ」なんだそうです。私がこういうことばっかり言うから。難しいね。

 

…というのが昨日のお話しでございます。
もう長くなりすぎているのでここら辺にしておきますが、明日の診察でお酒と薬いっぱいの話をしたら無事帰宅できるか不安なので「言いたくないなぁ」と思っています。
前回の受診から明日までは、とにかく具合が悪いのを騙し騙しで過ごしてきたような感じです。
さぁどうなるかな。何事もなく(?)帰ってきたいです。

それでは今日はこの辺で。洗濯機、もう大分前に止まってた。干してこなくちゃあわわわわ。

3