に投稿

妖精さんに怒られる

最近、今までと比べると恋人の帰りがかなり遅くなりました。

仕事が忙しいみたいで、帰ってくるのも遅いし帰ってきてからも日付が変わるまで仕事。
なんかそれはそれで仕方のないことなのかもしれないけど、仕事に追われ呑まれとしている恋人はしんどそうです。

 

で、昨日も帰宅が20時半ぐらいになり。
私はそれは別にいいんですけど、夜ごはんがね。遅くなるのはなぁって感じなんです。
寝る前に食べるのに抵抗があるし、ごはんを作ってから彼が帰ってくるまでのなん十分を空白の時間として過ごさないといけないので(いつ帰ってくるか分からないから自分のことがしづらいのです)。

 

帰宅が20時半だと食べるのは21時頃。
正直私は待ちくたびれたのや「こんな時間に食べたら太る…」というのが顔に出てしまい、嫌な人になっていました。

 

そんな私に恋人は「ごめんね」と言ってくれます。なんと優しい人なんでしょう。それに引きかえ私は。
昨日の夜ごはんは鍋だったのですが、いつもと違う味付けをしたら「おいしい、これはレギュラーメニューだ」と言ってくれました。
でも私の牡蠣をあろうことか「はいゆきちゃん、あーん…ぱくっ」と私の口ではなく自分の口の中に入れたのでそれは怒りました。「そんなことしてたらかきの国の妖精さんが怒るよ」と。それが冒頭の絵です。かきの国の妖精さん。でもその後恋人は自分の牡蠣を私にくれたのでいい人だと思いました。

ごはんを食べて後片付けをして…として、落ち着いたのが22時。
最近帰ってくるのが遅いから一緒にいる時間も減っているのに、ここで寝たらまた会えなくなっちゃう(寝てるから)と思って眠い眼をこすりながら仕事をしている恋人を眺めていました。否ちょっかいをかけていました。
もー眠くて眠くて。寝ればいいやんって話なのかもしれませんが、だってぇ一緒にいたいもぉん。です。
眠たいの向こう側に行った私は「新世界の神になる」と言ってうるさかったです。眠たいを越えると私は新世界の神になるようです。神は0時過ぎに寝ました。今めちゃくちゃ眠たいです。

 

 

時間は前後するのですが、昨日の記事を書いてから少し仮眠を取りました。昨日は仮眠を取る時間があったのです…。
睡眠って大事ですね。起きたらすごくすっきりしました。

 

そしてシャワーを浴びてスーパーへ。食材を買ったら今度は保健所に行って自立支援の受給者証の更新手続きをしました。
毎年申請しているのでまぁ勝手は分かるのですが、つい最近まで年齢を「2○」歳と書いていたのに今は32です。なんか、32年間生きている自分がすごいと思います。

その後は、折角身なりを整えて出てきたので駅前に行きました。富山の人間が行くところと言ったら駅前とファボーレとイオンぐらいだと思います。分からんけど。
そこで私は前々から欲しかったオペラのリップティントを買いました。6時間ぶっ通しで仕事をしたご褒美でもあります。
カラーは「花嫁リップ」。本当に花嫁になれたらいいね…と思いながら、つけるのが楽しみです。つけたら多分調子に乗ってインスタにあげると思います。

 

 

リップを買ったので、頑張って頑張って頑張ってスタバのごまのフラペチーノは我慢しました。この前恋人と飲んだし、次飲むのは新作にしようと思って(飲むことは飲むんだ)。我慢した自分超えらい。おりこう。おりこうすぎる。
なのでちゃちゃっと帰って冷蔵庫にあった唐揚げを食べました。
今は相撲の時期なので(密やかに相撲好き)ネットラジオで相撲を聴きながら唐揚げです。
で、冒頭の「恋人の帰りが遅い」に繋がるわけです。

 

さて、今日もお出かけです。新しいリップ塗るぞー
お風呂入って洗濯物干して…出かける時間まで仕事をできる限り進めておきたいと思います。明日もお出かけだし。

いつも拍手訪問ありがとうございます。
今日は寒いみたいですね。風邪などひかぬよう、皆様ご自愛ください。

3