に投稿

好きでいてくれてるのかなぁ

すみません、昨日はブログをお休みしてしまいました。

 

いやぁね、朝起きられなかったんですよ…起きられなかったというか、1度起きてお弁当を詰めてから、しんどくなってまた寝たという。
そして起きて恋人の出勤を見送ってからブログ書こーとは思ったんですが、仕事のテンションになっちゃって。
この勢い逃したらできなくなっちゃうなーと思って、ブログ更新は見送ったのでした。

 

普段はお寝坊しても書く(休日は10時ぐらいまで待っててくれるとありがたいです)のですが…「今この勢いを逃したら重い腰が上がらなくなるな」ってときありますよね…
おかげで進めたかったところまで進めました。
でも気は抜いちゃあいかん。ちゃんと納品するまでが遠足です。遠足じゃない、仕事です。
終わったら週末お出かけできそうな気がするし…!!パフェ!パフェ!!いやもうパフェじゃなくても納品できたらそれでフィーバーだよ!パラダイスだよ!
というわけで気を抜かず頑張ります。今日は残り仕上げます。4500文字ぐらい書きます(個人ブログと仕事の文章の4500文字は違うのです…)。

 

んーでもまだまだだけど、ちょっと納品までの出口は見えたかな。
やっぱり体調が回復してきたってのは大きいです。月曜~昨日の朝まで思い切って寝ていたらかなぁりよくなりました。

 

 

私は「夜になったら仕事をしない、パソコンもつけない」という暗黙のマイルールを作っているのですが、じゃあ夜になると何をしているのかと言うと恋人のところへ行ってじゃれています。
最近は父から「帽子編んで」と言われているので編み物をしていることが多いのですが、昨晩も恋人の元へ行って帽子を編んでいました。

 

ですが、イヤホンをしてテレビを観ている恋人。
ぐぬぬぅです。でもまだ9時。「9時(21時)半ルール」があるので仕方ないと言えば仕方ない(9時半ルールとは9時半になるとテレビや音楽などの音を出さないという、まぁそういうルールです)。
でもイヤホンしてるから音は出ないし、今日は9時半になってもずっとテレビを観てるんだろうなーと思って、黙々と編み物をしていました。

で、9時半を過ぎ。やっぱりテレビは消えませんでした。
「淋しいなぁ私は恋人とのおしゃべりが何よりの楽しみなのに…つまんないから寝よ」と思って編み物道具を片付けようとしたら。テレビを止めて恋人がスライディングのようなものをして私の膝の上に乗ってきました。

 

「えっなに」
「寝ないでーさみしいぃーーー」
「えっだって…テレビ観とるやん」
「ゆきちゃんが隣にいるから安心してたのーーー」

 

お、おぅ。可愛いなぁこの子(今年38になります)
なんかねー、「私のこと好いてくれてんのかなぁー」って思いました。

 

私はいまだかつて恋人から「愛されている」と感じたことがありません。
それは恐らく、付き合う前にずっと「付き合うつもりはない」「人として好き」と言い続けられたことや(結局私が押し倒したわけだけど)、自分から押していった女性の話も聞かされていたし(何話してんの?まじで)、元嫁との話も聞かされていたし(はぁ……)で、「この人が私のことを好きだったり愛してくれているわけがない」と無意識のうちに植えつけられていったのかなーとか、そういう推測をしているんですけど。

だから、いくら恋人から手を繋がれたりハグやキスをされても「私のこと好きなのか、なぁ…だったらいいなぁ…」という感じだし、「好きだよ」と言われても「そうやって他の女性を押したんでしょ」という風にしか思えない、非常にひねくれた人に育ちました。

と、ひょんなことからあるとき恋人に「私は「私のこと好きでいてくれてるのかなぁ」と思ったことはあるけど、「私のこと好きなんだなぁ」と思ったことは1度もない」と言ったんです。

 

「ゆきちゃん、それって友達の前で「友達がいないんだよね」って言うのと一緒だよ」
「う、うん…」

 

あぁー、私きっとこれ恋人に悪いことしちゃったんだろうなぁ。
でも結局自分のひねくれた心は拭えませんでした。だから昨晩も「好いてくれてんのかなぁー」だったわけです。
自分から押して押して押したから、今でも仕方なく一緒にいてくれてんのかなぁ…と。なんなんでしょうもう。
恐らく、このひねくれた状態を拭うにはもうちょっと時間がかかりそうです。
何かはっきり形で分かることをしてくれないと私は分からないんでしょうか。それでも変わらないんでしょうか。

 

というわけで…今日も恋人と仲良く暮らせたらいいです。仕事も頑張ります。
なんか贅沢なこと言ってるんだろうなー私。オチが淋しくてすみません。

6