に投稿

ビュッフェに行ってくる

おはようございます。

昨日はツインテールの日だったみたいですね。
それに乗っかって昨日ゆるゆると描いていたのですが…まぁ…なんていうか、こう…今日になってしまいました。
あーあー背景が描けるようになりたいなぁ。
向上心があるっていいね。

 

さて、昨晩私はふっとお手洗いに行きたくなって目が覚めました。
そして戻ってきて「日曜日…明日は…そうだすごい楽しみな日だ」とほわほわ思うわけです。

 

もーなんっていう切り出し方で書けばいいのか分かんないんですけど、今日は恋人とのお出かけの日!そしてお昼にビュッフェを食べる日!!なのです。

 

私ずっと楽しみで楽しみで。
お出かけするのも楽しみだけど、ビュッフェがもうめちゃくちゃ楽しみで。
ずっと恋人に「そう言えば○○さんとビュッフェって行ったことないよねー」「行きたいなー」とことあるごとに言っていたりもしたのです。

 

こう書いておきながら、私は一昔前まではビュッフェは苦手中の苦手でした。
私は自分が食事している姿も他人が食事している姿も見るのが苦手なんですよ。見られないんですよ。恋人は慣れたけど。
そんな中ビュッフェって、プラス「自分が何を食べようとしているのか」丸見えじゃないですか。なんかそれがどうも苦手で。
人のを見るのもそうだし、私自身も「わ、あの人あれ食べるんだ…」みたいな感じで見られているようで、全然楽しめなかったし全然食べられなかったんです。
食事姿を見る・見られる、何を食べるかも見る・見られる、というビュッフェは、私にとって極力避けて通りたい場所だったわけです。

 

ですが、あるとき母と入ったカジュアルなビュッフェで謎のスイッチがなぜか入りました。
そのときは全然人の目も気にしなかったし、私が意識しているのはおいしそうなお料理と何を食べようかと考える頭。そして母との会話です。

なんかね。よくよく見てみると、ビュッフェって楽しい!ってことに気付きました。
好きなものを好きなだけ食べられるっていうのが軸にありますが、なんかそれがね。とにかくワクワクすることに気付いたんです。
それ以降は事あるごとに「ビュッフェいこー」と言うようになりました。
なんだったんですかね、あのスイッチは。

 

というわけで私は今とてもワクワクしています。
木曜あたりに「日曜日はビュッフェでランチ」ということが決まったのですが、もーそれからずっと楽しみで。「今日寝れるかなぁー?」とワクワクそわそわしていました。
ちなみにそんな「ドレスコード」という言葉を連想させるような場所ではなくてですね、ちょっとおめかしレベルでも入れるようなお店に行きます。
昨晩私はネイルを塗りながら「こんなに塗るの下手だったら入れさせてくれないお店だったらどうしようー…」と心配していました。恋人は隣で仕事をしていました。

 

あー楽しみだ!なのであまりよくないとは分かっているのですが、今日は朝ごはんを抜きました。
カロリーオーバーという範疇を越えたオーバーをすることは覚悟なので、めいっぱい楽しんできます。
でも、今「10」楽しみにしていて実際は「9」しか楽しめなかったら、9でも十分楽しいのにがっかりしちゃうから、あまり(いい意味で)期待しないようにします。
それに、これを書いている今さっき恋人が起きてきたのですが、あまり体調が良くないみたいなので…大丈夫かなぁ。

 

それではそろそろお風呂に入ってきます。
身支度整えてー、お化粧してー。あぁ楽しみだ楽しみだ。なんかもう横転したい。
あっという間の1日だろうけど、仲良く楽しんできます。それでは!

 

おまけ。これが(私が作った)いとこ煮です。
里芋、小豆、こんにゃく、厚揚げ。
おいしいけれど鍋にあと3日分ほど残っています。
食べるものがあるのは嬉しいけれど、鍋が使えないのでぐぬぬぅです。

0