に投稿

具合が悪いです

具合が悪いです。
今朝ってかさっきも(現在7時5分)「今日はどうかなーいけるかなー」と思っていたのですが、恋人の前で「ぐあいがわるいよぉぉぉ」とぼろっぼろ泣いてしまってあぁ今日もだめだなと。
仕事も休ませてくださいと連絡しました。もう罪悪感。罪悪感。罪悪感。罪悪k(以下エンリピ)
これで切られたらどうしよう…
ちなみに明日も別件で仕事です。はふぅーって感じですが、障害をオープンにしているクライアントさんなので多少へにゃへにゃしてても大丈夫かなぁ…と。

 

昨日ですが、昨日の午前中はまだ大丈夫だったので、「もーなんか気晴らししないと無理息が詰まる」と思って出かけてきました。お化粧も適当だしピアスもはめ忘れて電車に飛び乗りました。
そしてスタバでコーヒーとビスケット。お昼ごはんです。
スタバに行くなんて久々です…ぼーっとしました。ビスケットもおいしかった…カロリーは気にしない……
あとはなくなりかけていたアイライナーを「早く元気になってこれ塗れる日が来るといいねぇ」と思いながら買いました。買っても恐らく使い切らないであろうアイシャドウは我慢しました。
で、恋人へのバレンタインプレゼントも買い、じゃあ帰るかぁ…となったのですが、いよいよ本格的になる不安感。

 

不安感って言ってもその状態はうまく説明できないのですが、胸をひねりつぶされてそわそわざわざわするような焦燥感にも似たようなものです。
電車の中で頓服。効くかなー効いてーと思っていたのですが、気付いたら私は何らかの誘惑に負けてお酒を買っていました。

お酒。時々話に出ていますが、病院家族両方から禁止されていてむしろ飲んだら入院だよ、ってくらい触れてはいけないものです。
頭の中がわーってなってあーってなってがーってなった私は冷静さと判断力を失い、帰ってからお酒を飲んでいました。

 

それから数時間。どれだけ経っても調子は戻らずむしろ悪化するばかりで、もう我慢できなくなった私は病院に電話しました。
診察の日を早めて欲しいとかそういうのではなくて、ただ今の状況を誰かに聞いてもらいたかったんです。
そうしたら奇跡的?超珍しく先生と話をすることができ、電話を切った私は「しんどい」という言葉を口に出したようにしんどさの蛇口をひねってしまい、またぼろぼろ泣いていました。

 

恋人が帰ってくるまではだらだらスマホ。布団にくるまって恋人の終業時間を待ち、車が近くを通る音を聞いて「早く帰ってこないかな」と待っていました。
で、恋人が帰ってきて夜ごはん。包丁を使わず作ったものを食べました。そして10分20分恋人とじゃれあって寝ました。
そして冒頭に戻ります。

 

先生からは「なるべく1人で過ごさないよう」と言われたのですが、今日も1人です。しかも仕事を休んだので長時間やることもないです。
でも洗濯物を干さないといけないしごはんも作らないといけない…あああ考えただけで無理だよしんどいよ
でもこのブログは1200文字書いてます。どこからそんな力が出てくるのでしょうか。
恋人は「いつも通り」に過ごしているのですが、欲を言えばイレギュラーな私をちょっと態度に表して気にかけて…くれたら…嬉しい…です……

 

というわけで、今日はなんとかして生きています。

5