に投稿

病み上がりカラオケ(母と)

ニキビが酷いです。
両頬が赤く盛り上がって?ブツブツで?ヒリヒリして痛くてお化粧もできません。
正直、こんなひっどいニキビに30代で悩まされるなんて思っていませんでした。
クレーターにならないで欲しいなー…

 

皮膚科行ってるんですけどね。優しく洗顔して塗り薬を塗っても一向に良くなりません。むしろ悪化しています。
っていうか先の入院中にめちゃくちゃ悪化しまして。
何日も洗っていない髪が頬にくっつくし、枕カバーは取り替えられないし、洗面所の水でばしゃばしゃ洗わないといけないし、食べないから栄養ないし。で、頭を抱えるようなお顔になってしまいました。
とりあえず昨日、ビタミンC?みたいな感じでなんとなくレモンを買ってみてスライスして食べているんですけど…なんとかなるんですかねこれ。

ぬるま湯泡あわ洗顔、髪を束ねる、なんとなくレモン。はぁぁぁぁ1ヶ月後にはお化粧できるようになってたいです。

 

というわけで昨日の話。昨日は母とカラオケに行ってきました。母のやりたかったことリストのひとつだそうです。
久しぶりにアイメイクだけしました。あとリップと。
やっぱりテンション上がりますねー。お化粧(ポイントメイクだけど)ができるくらい元気になった自分にホクホクです。まぁでもやっぱり病み上がり感はあるのですが。恋人に「1がとっても具合悪いで、10がとっても元気だったら今の私はどれくらいに見える?」と聞いたら「3か4」と言われたような感じです。けだるい感じ?なんかふわふわしています。

 

そんなこんなですが。カラオケです。
持ち込みOKのところだったので、お昼ごはんとお菓子とお茶をスーパーで買いました。1000円ちょっと。やっぱり普通にお店に入るよりもスーパーのお惣菜は安いです。
そして店に入り、この機種で~何時間で~ドリンクバーはいらなくて~として、部屋に入りました。

母は「ゆきちゃん!とりあえずまずゆきちゃん歌って!」と言ったのですがめちゃくちゃ恥ずかしいし、友達や恋人ならともかく親の前でのカラオケはどう振る舞えばいいのか分からなかったので、先に歌ってもらうことにしました。
その後は当然のごとく私のターン。「えー何歌おー母も知ってる曲で声出しっぽいのがいいよなー」とデンモクをポッポポッポし、残酷な天使のテーゼを歌ってみました。

 

拍手されました。
「カッコいい~!」と言われました。
動画を録られました。
母に。

 

なんか、母のフィルターを通すと私は歌がうまい人間らしく、「ゆきちゃんカッコいいわ~ゆきちゃん歌う歌なら何でも聴きたい!」と言われてしまい、私は(最初からそうだったのですが)部屋の隅で挙動不審に歌っていました。

 

こんな感じで歌っていました。どっちがどの曲を歌ったのかはなんとなくお分かりいただけるかと思います。
私がこのカラオケで母の言動に心底たまげたのは、星野源を歌ったことと、デンモクのりれきを見て「あいみょんだ!」と言ったことです。私よりも時代の最先端を行っているじゃないか。あいみょんのくだりはひっくり返りそうになりました。サビだけなんとなく歌って途中で中止してたしね。

 

あとは、家族のグループラインに逐一様子を投稿していたので、採点もやってみました。兄が「採点は~?」とリクエストしてきたので。
私の結果はこうです。

 

ま、まぁこんな感じです。コメントに困ります。

 

おっしゃる通りだと思います。

 

こんな感じで挙動不審になりつつも楽しく歌って、ラスト10分前になって「最後何歌う!?」「えー、どうしようわかんない」とうろたえた結果、勢い余って「人生いろいろ」を流しながら帰りの身支度を整えました。
昨日はカラオケだけだったのですが、もー私の体力ゲージがかなり減っていて。帰ってがーがー寝ました。
退院後っていうのもあるだろうけど、10年前はフリータイムの最初から最後までとか全然平気だったのになぁ。まぁ、10年前の体力と比べても仕方ないんだけどね。
でも昨日はいい1日になりました。

 

さて、今日も例に漏れず母に保護されます。次回の受診までは「1人にならない」というのが約束って感じなので。
今日は何しましょうかねー。とにかく、毎日アパートまで来て私に付き合ってくれる母に感謝です。
そしてもちろん、私を気遣っていつも傍にいてくれる恋人にも感謝です。
家族もだし、病院のスタッフさんにも。感謝する人がいっぱいだなぁ。
…あ、今日ナマコ持ってきてくれるって母言ってたな。嬉しい。ありがとう。ナマコ好きです。

 

今日もアイメイクだけだけどお化粧して、気分上げて、帰ったらお昼寝して。いい1日になりますように。
仕事もせずにごめんなさい、なんですが、もうちょっとだけ許してください。

 

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

2