に投稿

実家でシャワーに挑む

おはようございます。今日は実家から書いています。

 

恋人が昨晩家にいなかったんですよ。あ、いや、喧嘩したとかそういうことではないです。
とにかく、一晩家を空けるし私も1人でお留守番つまんないなーと思っていたので、なんとなく家族にちょっかいをかけてみました。
「今晩1人」という旨を伝えると、母から「今晩うちたこ焼きパーティだよー」とのコメントが。

 

ぐぬぬ。たこ焼き。たこ焼き食べたい。
食べたいし、1人でお留守番つまんない。
でもそうなったら実家で1泊ってなるし、それはちょっとハードル高いなぁ…うーんうーん
…と悩んだ結果、やっぱりたこ焼きにつられて実家に行き、1泊している…というわけです。

 

たこ焼きは弟が作ります。プロ級のおいしさです。

 

おなかいっぱい食べました。おいしかったー。弟はたこ焼き屋さんになれると思う…

 

実家に来て正解だったと思います。たこ焼きがおいしすぎた。
クラッカーにチーズやアボカドを乗せて食べる、というおしゃれなこともしてきたしね。あぁ手土産ににんじんとキャベツの芯のぬか漬けを持っていったら「おいしい」と喜んでもらえました。

 

この後は仕事をして、恋人のお迎えを待ちます。
恋人…多分、めちゃくちゃ悪天候でもない限り私の家までは迎えに来てくれないと思います。いつもちょっと歩いたポストの前でつかまえてもらうので。

はぁーあ。家族に会ってくれるのはいつになるのかなー(付き合って2年・母と顔を合わせたことなら2度ある)

 

さて。そろそろシャワーを浴びてこようかなぁと思うのですが…うわっあられが降ってきたこれは実家まで来てくれるかな…?
あ、で、うん。シャワーを浴びてこようかなぁなんですが、私が恋人のアパートに転がり込んだつまりが強行突破で家族との別居を選んだ理由に「家族と同じお風呂に入れなくなったから」というのがあります。

 

お風呂だけじゃなくて、洗面所もタオルも使えなくなったしドアノブも電気のスイッチも触れなくなりました。同じトイレを使うのもしんどい。
はっきりと自分の気持ちを納得した言葉で説明できないんですけど、なんか「汚い」。
なのでずっと手を洗っていたし、あの手この手で触らないように生活していました。まぁそんな生活なのでストレスや情けなさや申し訳なさは溜まります。…なので。当時金沢に住んでいた恋人のアパートに転がり込んだわけです。

はてさてそんなお風呂場を私は使えることができるのでしょうか。まぁ今は「お客さん」として割り切るかもしれないけれど、やってみないと分かりません。

 

ではでは…ささっとシャワーを浴びて、仕事して、恋人からの連絡を待ちます。いつ来るのか分かんないけど。

 

愛猫セクシーポーズ。実家に来るとお正月のにおいがします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

私は5らしい

先日の話。いつものようにスーパーへ行って食材をかごに入れてレジに行き、お会計が終わったとき。その店員さんから「学生さんですか?」と唐突に聞かれました。

 

私「あっ、えっと、いや、違います(汗)」
店員さん「そうなんですね、自炊されてて偉いなーって思ったんで」
私「あっ、えっと…(謎の照れ)」
店員さん「ごめんなさい、急に」
私「あ、いえ、そんな(とっさのことで語彙力がない)」

 

「何故に店員さんは話しかけたのか」という議題は置いといて(私は別に気にしてないので)、なんていうか…あの。私学生に見えます?見えました?32歳の独身自由業彼氏と同棲中具体的な結婚の話はまだなく交際2年同棲1年半早く結婚したいと思ってはいるけど(以下略)なんですけど。
なので心の中で「すみません学生じゃないんです32なんです」と謎の謝罪を店員さんにしていました。

まぁ、「いや見たことないから分かんない」なんですけど、私そんなに学生っぽく見えますか?30前後で学生と間違えられたことはこれが初めてではないんですけど。

 

で、恋人が帰ってきてからこの話をしたところ、「うーん、それは分からんでもないね」というようなことを言われました。
一応自覚はあるのですが、やっぱり私は「幼い(悪い意味で)」ようです。
服装もスカートにパーカーとかで年相応なひらひらーんのてろてろーんな感じじゃないし(擬音分かんない)、黒髪ショートボブも幼い感じだし、恋人いわく「化粧も大人っぽくない」とのこと。だってぇお化粧して自分の顔変わるの嫌だもん…ベースメイクとチークとアイラインとマスカラだけです。基本。

と、大体の謎が解け、そして「でも私はこのファッションが好きだから無理やり変えるつもりはない」と言い、この会話は終わりました。

 

ビジュアルの話になるんですが、私は恋人の中で可愛いレベルは10段階の内5、だそうです。
可愛くもないしぶさいくでもない、みたいな。

 

うーんうーん。恋人は嘘をつけないっていうか正直な人だから(良くも悪くも)そうなんだろうなぁって感じなんですけど…なんかしょんぼりです。せめて6ぐらいに盛ってほしかった…
ちなみに恋人は(前にも書いた記憶がありますが)イケメンレベルは10段階の内8ぐらいです。私が言うのもなんですが、だいぶ容姿が整っています。次長課長の井上さんに似ている感じかなぁ(井上さんはかっこいいと思う)。

なので、私の思考は「どうしてこんな5、の顔面と一緒にいるんだろう、容姿の整った彼と一緒に歩いていたら周りから笑われるんじゃないか」となっています。恋人に話したら「そんなこと思ってんの?俺は思ったことないけど」と言いますが…。

 

悪い意味で幼いファッションだし、可も不可もないビジュアルだし。自分の容姿にだんだん自信がなくなってきています。
スキンケアもヘアケアもボディケアもちゃんとしているつもりだし、ムダ毛のお手入れも眉毛のお手入れもやってるし、出かける前はお化粧して髪の毛スタイリングしてネイル塗って…って、自分なりに頑張ってるけど。誰か何かを認めてくれないかなぁ…

 

恋人は冗談なのかなんなのか、私を「可愛いね」と言うことがあります。私は「可愛いなんて初めて言われたわ」と言い返すのですが、彼からは「それ言うのやめて」と言われてしまいます。
これだけ見た目に自信のない人間に可愛いなんて言うとこうなるんですよ。普段「5」と言うあなたが言うとこういう反応になるんですよ…はぁあ。
でもまぁ、冗談でもなんでも、可愛いって言ってくれるだけありがたいのかな。容姿じゃなくて言動が可愛いのかもしれないけど。

 

というわけで、数日前から悶々とした日々が続いていますが…シャワー浴びてきます。
仕事は昨日びっくりするくらいやる気が起きなくて何もできなかったので、今日こそは仕事します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

4
に投稿

障害者だからなんでしょ

おはようございます。
晴れですね。桜も開花したとかで、お花見行きたいなーとずーっと恋人に言っています。
なんかね、お花見しながら屋台で何か買って食べてみたいなぁとか思います。きゅうり丸々1本刺してあるあれっておいしいの??

 

 

昨日恋人と会話しながら「そう言えばそうだったなあ」と思い出したことなのですが、恋人は私の存在を消しています。
…と言うと超語弊があるな。恋人の周りに私の存在を伏せています。「消しています」という言い方をしたのは、私がそれについて結構ダメージを受けているからです。
理由は簡単、私が障害者だからです。

 

付き合って初期?の頃に恋人が私のことを周りに話すと。
「やめときな」と言われるのはまぁ初級として、「別れたら刺されるよ」と言われたこともあるようで。
だからそれ以降恋人は私の存在を周りに伏せるようになったし。そう言えばそんなこと恋人言ってたなあと昨日思い出していました。

そんな感じなので、これも「そう言えばそうだった」なんですけど、私恋人のお母さんからよく見られていないんですよね。見られていないっていうか、交際を反対されているっていうか。
昔恋人が「もし障害者と俺が付き合ってたらどうする?」ってお母さんに聞いたところ「怖い」って。
まぁそれはね、快く思われていないよね、と。
だから恋人は家族に私のこともそれ以降言っていないし(これでも「もし」って言ってるけど)。私にもそれで恋人が悩んでることとか「こういうこと」について触れてこなかったし。

 

あーあ。なんだかなぁ。

 

こんなんじゃ結婚なんて無理だねぇと思うし、恋人はきっと周りがどう言おうと私を守ってくれるような人ではないし。私も「親の反対を押し切って」まで結婚はするものなのかなぁって感じだし。
恋人は私の存在を伏せ、障害者と交際していることや将来のことを見てみぬふりをしているのか、それともいい意味で何も考えず「私は私」として一緒にいてくれているのか。分かんないけど。
だから結婚っていうフェーズに進まないんだなーなるほどねーって昨日思いました。
無理じゃん、こんなの。

 

私は今やさぐれているのでやさぐれ補正がかかっていることを頭に入れて読んでいただきたいのですが(不快にさせたらすみません)、
どーせ健常者と障害者の恋愛なんてうまく行きませんよ。結婚なんて馬鹿ですかあなた。
私は障害者の中では「普通に見える」と言われ、健常者の中では「障害者」と避けられる。どうしろってんだ。
恋人は私のことなんて絶対守ってくれない。「同棲ごっこ」をいつまで続けるんだろうねぇ。
なんか、すっごい悲しいし虚しいし疲れた。

障害者である自分が嫌いになるし、障害者を理由なく?本能的に?イメージで?疎ましがる「あなたたち」も嫌だ。
住む世界が違うんだよ。

 

はぁ。
とりあえず、ぽかーんとしています。結構ショックだから。これを(もし)読まれた障害者の方すみません。一緒に泣きましょう。怒りましょう。空っぽになりましょう。あぁ。
なんなの、世の健常者障害者カップルってどうなってんの。
私分かんない。だって私隠されてるもん。消されてるもん。

 

お花見が終わった後の2人の将来が全然見えません。
恋人には、幸せになってもらいたいなぁ。できれば私と一緒がいいけれど。

 

現場からは以上です。

 

今日の恋人のお弁当。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

ピアスを塞いだ

昨日、左耳たぶのピアスを塞ぎました。
先週の土曜日に開けたところです。5日間?4日間?とにかく、私のピアス生活の中で一番短命なホールでした。

やっぱりねぇ…あまりにも斜めに開けすぎて、出口が耳のキワと言うより耳の淵だったのがずっと気になっていて引きずっていて。
で、思い切って外したらすうっと楽になりました。

 

…ってこの話、twitterでもインスタでもしてますけどね。私にとっては話すべきことなのです。

 

左耳、コンク(耳の真ん中)は開けたからいいんだけど、やっぱり耳たぶに2つあったほうがバランスいいよねーとかとかとか。
でも左耳たぶはこれを含めて3~4回ホールを閉じてしこりだらけなので、もう開ける場所ないんですよね。
左ロブは縁のない場所なのかなー

 

えっと、あと。諸事情で仕事ができません。
いや、私の体調の問題ではないんですが…仕事ができないイコール暇、です。
どこかに出かけようかなぁー…でも雨降りだし…お金ないし…

 

今日はこんな感じです。短いですがまた明日。

 

もはや下描きを消すテンションすらなくなった絵。なんか、仕事っていうか「クリエイター」としての追い風が吹かないかなぁとかとかとか。自分で吹かせないといけないなぁとかとかとか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

泣けるほどPMS。笑えるほどPMDD。

昨日の話。私がプレゼントした(2つのイベント時に)チョコが冷蔵庫の中で2つとも賞味期限が切れたままほったらかしにされていた話です。
夜ごはんを食べているときに恋人はしょんぼりしながら謝ってくれました。
「大事にしすぎてた」「ここぞというときに食べるぞと思っていたらここぞという時を見失っていた」と。
まぁまぁまぁ…今度からはプレゼント、もう一工夫しないといけないなぁ…
これでも「まだあげる」つもりです。やっぱり何か気持ちを贈りたいもん。手紙?その場で飲食しないと痛んじゃうもの?うーんうーん(手紙はめちゃくちゃ大事に持っていてくれるんだよねぇ)

 

えっと。昨日ここで書いていた超卑屈な自分への云々。愛されないんだとか結婚諦めたとか。
そういう「自分だめだめ」精神は、どうやら生理前だからかもしれない疑惑が浮上しました。
こういうのをPMDDって言うの?分かんないけど。この前はだるくて動けなくなったし眠すぎて使い物にならなくなるし…振り返ればみんな「生理前」です。
(どうしてPMDDを挙げたのかと言うと、過去の生理前に派手にいろいろやらかして入院したり仕事ができなくなる程だめになったりしているからです)

 

ふんがああああああああ

 

なんなの、なんなの女性の体って。心って。もれなく私の心身って。
そういう「私だめだめ」なときにこんな、プレゼントの一件があったらそりゃあ10割?それ以上?増しでぼろっぼろになるに決まってるじゃないですか。
で、生理が始まったらおなかが痛すぎて何にもできないし痛すぎて眠れないから泣くし…あああなんなのもうまじで

 

時々書いてはいますが、諸々の不調が生理前だからだという原因は分かっても「そっかーなら仕方ないねーふんふーん」とは到底いきません。原因が分かっても分かるだけ?っていうか。「だからなんだこっちはどうにもなんないんだぞふわああああ」という感じです。
あぁそうそう、昨日引くぐらいなんでもいろいろ食べちゃったしね。お昼にごはん3杯よ!?
いつも「何食べたらいいか分かんない」と言って何も口にしない私がごはん3杯。この後体重計に乗るのが憂鬱です。

 

でもね、昨日の日中あまりにもメンタルがしんどくなって恋人に生理前の諸々の不調(進行形)を連絡したら、「休めるときは休みな?」と返ってきました。
泣きそうになりました。この人は天使か。
そして仕事から帰ってきたら私にめちゃくちゃちょっかいをかけまくる。
「なんなん!?もー!」と突っ込んだら「これでゆきちゃんが元気になってくれたらと思って…」と。
この人は天使か。いや天使だな。そして私の王子さまで旦那さまだな。最後のは希望。

 

というわけで…どうしようもない心身の不調がもうどうしようもないです。

 

 

で、そんな中で私の心を癒してくれているのが、そう。ぬか床です。
初めてのぬか漬け。第一弾ができました。微妙にごきげんなので写真貼っておきます。後でインスタにも投稿しよう。

 

これがむじさん(無印)で買ったぬか床。

 

漬けていきまーす。きゅうり、なす、にんじん。

 

約1日で完成しました。おいしーい!でもきゅうりはもうちょっと漬けててもよかったかなぁー。

 

というわけで、私はめちゃくちゃテンションが上がっていました。自分で漬けたぬか漬け最高。おいしい。幸せ。いろどりも可愛いしね!きゃーって感じです。
今はなすとアボカドを漬けています。気持ち長めに漬けてみよう。楽しみですーわくわく。

で、恋人にも「うふふーぬか漬け漬けたのーたべてー」と促したところ。なんとも言えない顔をされてしまいました。

 

「…え。おいしくなかった?」
「いや、おいしくないわけじゃないけど…すっぱくて、青臭くて、しょっぱい」

 

まぁそりゃあそうだろうなぁぬか漬けだし。という感じなのですが(この後そこそこ彼は食べてくれた…し、今日のお弁当にも入れました)ぬか漬けって味変わっていくのかな?やっぱり恋人にもおいしく食べてもらえたほうが嬉しいのでうーんうーんって感じです。卵の殻を細かくしてぬか床に入れると酸味が和らぐって書いてあったけどよく分かんなかった。

 

こんな感じで私のぬか漬けライフが始まりました。第二弾のアボカドも楽しみです。なすもおいしかったから2度目も楽しみ!

 

では、今日も1日ゆるっと過ごします。
いい天気ですねー。今日は洗濯物外干しかな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2