に投稿

彼という概念

昨日ピアス開けられなかった…ニードルが届いていませんでした。
発送しましたメールを見る感じ、どうやら届くのは日曜日ぐらいだと思っていた方がよさそう。
ふえーんピアッシングはノリと勢いとテンションがあるときじゃないと開けられないんだよー(私は)冷静になってみると「すっごいところに開けたな私」ってなっちゃうからさー
アウターコンク(耳の上の平べったいところ)に開けたときに特にそう思いました。日曜までピアス開けたい熱が燃えてますように…

 

 

あの、今日って祝日なんですね。全然そんな感じがしません…し、チューニングが狂うのでそんな感じがしなくていいと思っています。
恋人は仕事だし、仕事だからこの部屋の住人は平日のタイムスケジュールをこなします。家族じゃないからなんて言えばいいんだろうね。頑張って「同居人」だよね。
私も仕事をしてから寝るか、寝てから仕事をするか、って感じです。今むちゃくちゃ眠いんで。
食欲は安定のなさなのですが、なんとなくホットケーキが食べたいような気がするので、ホットケーキを焼こうかなぁと思っています。炊飯器は今お米さんがいるからフライパンで調理。

うわぁ、めっちゃ天気悪いですね。強風に雨。昨日とは大違いです。
大人しく家にいようっと…

 

さっきの「家族じゃない」の話じゃないけど、私にとって恋人はどういう存在なんだろう?ということをぽつぽつ考えることがあります。
多分、よそに説明しろってなったら「彼氏」という非常にしっくりこない且つ書いていて「うげぇぇぇ」と思った存在になるのですが、うーん。まぁ彼氏といえば彼氏なんだけど(あぁもうこの言い方したくないなんか合わない違う)私の中では「○○さん」という感じです。○○さんというのは恋人のことです。

恋人は、恋人とか彼氏とか、そういうのではなくて「○○さん」という概念で私の中に存在しているのです。まぁ便宜上、ここでは「恋人」と書いていますが。

 

なんかねー、こうやって同居していると(人に説明するとなると「同棲」なんだけどこの言葉がしっくりこない)その概念はますます大きくなり、彼氏感も恋人感もなくなってきます。私にとっては「だからなんだ」って話だし別にいいんだけど。

 

そう言えば恋人は元嫁のことを「戦友だった」と聞きたくもないのに教えてくれたことがありました。仮に私も戦友と呼ばれたらどうしましょう。「やめてくれ」と言うと思います。
恋人にとって私ってどういう存在なんでしょうね。聞いたことはあるんですけど見事にはぐらかされました。

 

今はなんだか「ぽかーん」としている時期?で、結婚のこととかをあまりガツガツ考えていません。恋人にも恋人の事情があるし、まぁなるようにしかならないよね、と。
「結婚しよー」とか「だって私○○さんのお嫁さんだもん」と恋人に言う6割ぐらいはネタになっています。

 

…という感じでぽつぽつ喋ってますが。文字数もいい感じなのでこの辺にしておきます。

 

今日は画像ないです。すみません。
画像があった方が多分ブログランキング的にはいいんだろうし、タイトルとかも目を引くものにすれば「有利」なんだろうけど、そういうのは向いている人っていうかできる人に任せます。私は書きたいように書いてます。
というわけでいつも訪問拍手、ランキングバナーのクリック、ありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2