に投稿

プレゼントの賞味期限が切れてた

昨日は母と会っていました。

仕事を終わらせてスマホを開くと、ようやくLINEの通知が到着(なんかLINEの通知遅いこと度々ありませんか??)。
どれどれ…と思って開いてみると母からの連絡。「11時20分頃着くよー」とのことなのですが…おぅ今11時16分。仕事をしていたらこんな時間になってしまいました。
これが母だったからいいんです。母なので。他の人の約束とか電車の時間だったらうわあああああでしたよ。
とりあえずコンタクトを入れてあったのと上半身の服をお風呂上りと同時に着替えていたので、スカートを穿いたりお化粧をしたりというのをがーーーーっとやりました。

その後まぁなんとか無事母と会って、お買い物をしたりお茶したり。
久しぶりに会った…と言ってもまぁ2週間ぶりぐらいなのですが、積もる話が積もっていました。

 

で。買ったよーぬか床!むじさんで!

 

無印に入ったらわき目も振らず食品コーナーへ行き、ほぼほぼためらわずぬか床をかごに入れました。
今冷蔵庫の中できゅうりとなすとにんじんを漬けています。ある程度まで事が進んだらここに書こうと思います。

そんな感じで母とはお別れ。また会おうねーって感じです。

 

それから私は先程の通りぬか漬けを漬けるため、冷蔵庫でぬか床を確保できるスペースを作り始めました。
冷蔵庫と言っても恋人が1人暮らしをするときに買った単身向けの冷蔵庫です。元々ギリギリの食材しか保存できないようなサイズなのですが、「なんでこれが冷蔵庫にあるの!」というようなものをまとめて片隅にやっておきました。というわけで一応ぬか床スペースは確保できたわけです。

 

…が。その、冷蔵庫の整理をしているときに私がクリスマスとバレンタインに恋人にあげたチョコ2つがまだ残っていたことに気付きました。気付いた?いや違うな、ずっと知ってて「いつ食べるんだろうなあ」と思っていたんですが改めて直面したって感じです。

で、ずっと「いつ食べるんだろうなあ」と思っているくらいなので念の為見てみる賞味期限。

 

……おおぅ。見事に切れてる。約1ヶ月前と、約1年前。

 

「…捨てるかぁ。」という感じです。一応恋人にも賞味期限が印字された面の画像を添えて「賞味期限切れてるから処分していい?」と連絡しました。で、返事が返ってこないうちに捨てちゃいました。だってこんなに日が経ってたら食べられないでしょうに。

 

はぁ。

 

恋人には散々プレゼントの件で泣かされています。
お土産を渡しては見向きもされないので半泣きになって処分したし
誕生日プレゼントは使ってくれないから私が実家に持ち帰ったり私が使ったり
そして今ここ、「食べものなら手に取ってくれるかな」と思ってプレゼントしたお菓子がこの有様です。2種類つまり2つの出来事で、です。

 

なんかもう悲しくなっちゃって虚しくなっちゃって心が折れました。
最近恋人に対して悲しくなったり虚しくなったりすることがぽつぽつあって、更にそこに追い討ちをかけるようにこのお菓子の件だったので、もう泣きそうでした。
私恋人に愛されてないし好かれてもない。そう感じたことは1度もない。プレゼントもこんなんだし。悲しい。疲れた。

そう思っていた頃恋人から返事が来ました。「可及的速やかに食べますので捨てないで」とのことです。
「他に何か言うことがあるでしょ……」と思いながら「でも期限切れてるしお腹壊すよ?」と返事。「いや、ひとつは約1ヶ月前だから大丈夫」とまた返事。

 

そういうことじゃないでしょ……

 

と思っていたら、即追加で「っていうかゆきちゃんからのプレゼント捨てるなんて申し訳ない」というコメントが来ました。
謝られて初めて出る涙かな。私はただ謝ってほしかっただけだったのかなーと、めそめその余韻を引きずりながら思っていました。

 

とりあえず、最近私は恋人に対してあまり元気がありません。
こんなこと言ったら恋人に怒られるかもだけど、愛されたり好かれている実感も自信もないし、そうだと自分にそもそもの自信がなくなってくるし、なんかいろいろどーでもよくなってていろいろ諦めかけています。私の人生において。
異性から愛されること、結婚すること、子供を授かること、好きな男性から必要とされること。
住まわせてもらっている家政婦と思ってたら楽になれるのかなーとかとか。はぁあ。なんてめんどくさい女なんでしょう。私。

 

というわけで今日は火曜日。仕事したりスーパー行ったり。します。
あーぬか床!まずはきゅうりを引き上げなきゃ。
今の私はぬか床だけが支えです。

 

めんどくさい女がめんどくさそうな子。20日ぶりに絵を描きました。ピアスは私の位置です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2