に投稿

桜を見て思うこと

寝坊しました。大体の朝の予定が1時間ずつ狂っています。
…まぁでも2度寝を選択したのは他ならぬ自分の意思だからなぁ…まぁなんとかしよう。なんとかします。

 

相変わらず私の心は折れていて、箸が転がり落ちても悲しいような状態です。
「なんで結婚してくれないの」とはニュアンスがまた違うんですよねー…なんっていうのかな、「どうして私を隠すの?」とか「これだけ一緒にいるのに、私と一緒に生きていく覚悟ができていないんだ…」という果てしない落胆とぽかーんとした悲しみ。っていう感じです。
なんて私は自分勝手なんだろう。あぁまた不安定になる。

 

 

昨日は結局お花見にも行ったし外食もしました。
外食。お互い食べ過ぎてしまってしかも恋人の食べ切れなかった分まで私が食べたので、一晩経った今でも胃がむかむかします。
何も飲食したくないし、歯磨きするのに歯ブラシも口に入れたくない。
まぁ、夜ごはんまでにはもうちょっと回復するかな…主人(恋人のことだよ私のばーか)の困難を手助けするのは妻(妻でもなんでもないよ私のばーか)の務めなので、食べきれないものを食べるのは当然です。だと思い…ます。食べものさんに悪いし。

 

で、時間をさかのぼり。とりあえず桜を愛でる前に展望台行こうかーとなって、なんとなーく展望台に行ってなんとなーく町並みを俯瞰していました。

 

なんか、なんもないなーというか素朴だなーというか。

 

そして微妙にお互い小腹がすいていたので、肉巻きおにぎりを半分こして食べてから桜並木を歩きました。
まだ満開とはいかなかったんですが、今日ぐらいしかお花見できそうな時間がとれないなーってことで。

 

複数人で自撮りしてる若い女の子たちがいっぱいいました。お犬様もいっぱいいました。
あとはビニールシートを敷いてお酒飲んでる人もいたなー。お花見ってどうすればいいのかいまだに分からないなぁと思いながら、恋人とおしゃべりしながらてくてくと歩いていました。というか、このお花見は私が行きたいと言っただけでつまりが恋人は付き合わされてるって様相なんですけどね。

 

一応、富山の桜の名所なんですけど…私の撮り方が悪かったのかな…

 

桜を背景に写真を撮ってもらいました。写真を通して見ると、私の顔は「こぢんまりとした顔のパーツが中央に集中している」ような感じで、かわいくないなーと思いました。

 

で、私が歩き疲れたのでお花見もこれっくらいにして夜ごはんを食べに行ったのですが…先程の食べ過ぎて内臓が大変になったくだりに戻るのです。

 

お花見している間は、昨日言っていたような「2人でお花見するのもこれで最後なのかな」みたいな悲しみは覚えませんでした。というか、そんなことは完全に私の頭からは飛んでいました。
来年も一緒にお花見できたらいいです。何気にお花見デートっていうのが付き合って恋人同士、という関係に変わった最初のデートだったんですよね。
肩の力を超抜いていた友達同士だった時期はなんだったのかってくらい緊張して戸惑って挙動不審になってぎこちなくなったことを覚えています。私が強引に交際を押し倒したから「これでよかったのかな」っていうのがずっとありましたねー…今も思いますが。もし私がこの先結婚を押し倒すようなことがあったら、一生「これでよかったのかな」って思ってるんだろうなぁ。

 

という感じで。そろそろ洗濯機を回さないとまずいな。ここをお開きにして行ってきます。
相変わらず心は折れてるし、おなかいっぱいで気持ち悪いし…あぁなにかいいことないかなぁ。ささやかに心躍るような、ぽんっと湧き出るような朗報、みたいな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0