に投稿

母に言った(LINEで)

ええと。忘れないうちに書いておくのですが、明日から恋人と旅行に行ってきます。ピューロランドだぜ!
1泊2日なのですが、1日目に立川周辺の諸々の商業施設に行き、2日目にピューロランドに行ってきます。

 

あーもう楽しみ。楽しみ!こんな状況だけど楽しみです。
前も書いたけど、大好きな高速道路も、ピューロランドも、恋人との旅行も、もう全部全部楽しみ!
旅行が終わったら淋しくなるんだろうなー…ってのは分かっているっていうか覚悟しているけど、楽しみなもんは楽しみです。

 

で、何が言いたいのかというと、明日明後日のブログの更新はお休みとなります。ご了承ください。
あ、もしかしたら明日出発前になにか書いてるかもなー…どうなんだろう。でもまぁ明後日金曜日は確実にお休みかと思うので、はい。すみませんがよろしくお願いします。
帰ってきたら旅の思い出でも書きたいと思います。

 

 

話を変え。今日も元気に恋人とのゴタゴタを書きたいと思います。

 

えっとですねぇ、母に話しました。この一連のゴタゴタっていうよりも、別れようと思っていることを。

 

なんかねー、もうだめだと思った。悟った。これは私が「別れよう」と言って終わらせるべきことなんだと思った。そうじゃないとお互いずっと苦しみ続けることになるし。
引導を渡すっていうの?ちょっと違うかもしれないけど。あーこれ恋人は結婚しようとも別れようとも言わないやつだな、と(今更だけど)。
そう思ったらちょっとだけすうっと体が楽になったんです。自分のこと、で申し訳ないんだけど、もう苦しまなくていいんだと思ったら、傷は残るけれど「これでよかったし、こうするしかなかったんだ」と思ったわけです。

 

でもその一歩が踏み出せない。別れよう、と言えない。
どうしてか?と思ったとき気付いたんです。私の身動きが取れなくなっている理由は「1人暮らしをするお金がないからだ」と。要はお金がないから別れられないんだ、次へ進めないんだと、そういう風に思ったんです。

 

同棲を解消したあと、この前もちらっと書いたけれど私は強迫性障害的な理由で実家に戻って暮らすことは困難です。だから解消後は1人暮らしだなぁと考えていました。
やっすいところでいいから、この際プロパンガスでもいいから、とにかく生活をリセット?新しく始める場所を。
でも何にせよお金がない。
ここで母に話した、に話が繋がってくるわけです。
「もし別れるってなったら1人暮らしの援助ってできる?まだ分からんけど」こんな感じで口火を切るLINEを母に送りました。
で、現状を割と話す私。そうしたら、まぁそうなんですけど母は怒るわけです。

 

「ゆきちゃん別れられ!(別れなさい!の富山弁)」
「そんな人ゆきちゃんと釣り合わんわ!」
「籍入れる前でよかった!」
「ゆきちゃんにはもっといい人いるよ!」
「○○君(恋人)とは縁がなかったんだよ!」

 

もー感嘆符。激怒しているのが文面だけで分かります。
こういうことを言ってこられるのは分かりきっていたのですが「まぁまぁまぁ」と冷静さを促す私。
本当はこういうことを言ってもらってそのテンションに乗っかって別れ話を切り出したかったはずなのに、いざ言われてみると「うぅー…ちょっとまって」となりました。というか、「分かってるけど、違うんだ…」となりました。

 

そして結構極め付けだったのが、縁談を早速持ってこられたこと。(改行するレベルの腰抜け度)

 

縁談。縁談って。
いや「ゆきちゃん、お見合いするよっ!!」って感じではなくて「いい人いるよ」みたいな感じだったんですけど。

 

で、そのいい人の情報をちらっと聞きました。というより母が説明を始めたんですけど…まぁまぁ、うん…って感じでした。いや、その人柄じゃなくて「いい人いるよ」ってやつが。
そうしたらですね、恋人のことが更に好きになって「これ、その相手と会ったとしても恋人のことをもっと忘れられなくなるパターンだな」と直感的に察しました。
要は「恋人と、結婚したい」という気持ちが劇的に強まったわけです。特にこの、紹介されたくだりで。

 

恋人の顔を見て私は泣きました。最近毎日泣いていますが昨日も泣きました。そしていつも通りグイグイ超絶グイグイ押しました。

 

「結婚しよ?」
「私が絶対幸せにする」
「私みたいないい人、絶対いないよ」
「同じお墓に入った後も一緒にあそぼ?」(これは新しい口説き文句だと言われた)
「私と結婚したらなにかといいのになー」

 

で、恋人からはいい返事がもらえないっていうね。
でも彼は「何も考えてなかったらとっくの昔に結婚しようって言ってるよ」と悲しそうに言いました。
これでも、だめなのかー…。でも昨日より自分のことを「(私の)旦那さま」と言うようにはなったけど…

 

という感じで、日中の「別れるしかないんだな」はどこかへ行って「ほんとまじですごい超やばいかなり激烈スペシャルエクストラファイナルフラッシュ結婚したい」という気持ちに変わりました。最後の方勢いだけでそれっぽいこと言ってるけど。

 

はい。長くなったのでこの辺にしておきます。
このような状況で旅行に行ってくることを覚えておいていただけたら面白いかと。何がだ。

あー旅先でプロポーズしてくれないかなー!!

 

線画までして力尽きました。この後どうしよう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2