に投稿

愛情から「愛」が抜けたら

ははは、皆さん。私の期待通りですよ。恋人はずっと車の中にいました。

 

ええと、何の話かと言うと、昨日書いていた「私の大きな荷物を運びに2人で私の実家へ行き、搬入しないといけない…から、もしかしたら恋人が搬入を手伝ってくれるがてら家の中に入るかもしれない、けど私は彼はずっと車の中にいるだろうと踏んでいる」という話です。
私の大当たり。でも実家の前まで来てくれてよかったです。ちょっと離れたところに車を停めようとしていたので(私が「重たいし大きいから近くまで来て」と言った)。

 

あ、でもちらっと出てきた母に軽く挨拶だけはしてくれたかな…まぁ、それだけでもスペシャルありがたいか。ありがたいよね。「結婚するつもりがないのに付き合っている、などなどの理由から私の家族に会うのが気まずい」って言っている恋人だもん。
ありがとう、恋人。数行前でこっぴどく言ってごめん。

 

そして帰り際、お化粧をしていた母が私に手作りの白玉団子と餡子を渡してくれました。誰も何も「悪くない」んだけど、母の愛を感じて私は帰ってから泣きました。

 

 

というわけで、泣いてばかりの私です。とうとう恋人から言われました。「ゆきちゃんは泣いてばかり、結婚のことしか言わない」と淋しそうに言われました。
私も嫌です。恋人と結婚する・しないでしか日々の幸せ、人生の幸せをはかれない私の視野の狭さや心の浅さに私自身が嫌になっています。

でも追い詰められているのも事実であって。もうさ、何に追い詰められてるのか分かんないんですけどね。今の生活でも十分幸せなのに。でも今現在も私の心はきゅうきゅう悲鳴をあげているし、このくだり以外にもうまく行っていないことはいろいろあるので、なんかもう死んでしまいたいと思うときがあるのも事実です。そこまで何があるの。なんなの私。

よく自分でも分かんないんですけどね、多分、多分、私は恋人と「同じ気持ちの方向を向いていない」ことと「恋人は私に恋愛感情を抱いていない」ことに悲しみを覚えているんだと思います。…分かんないけど。

 

多分、私たちは「愛情」から「愛」が抜けて「情」だけになっているんだと思います。完全にそう割れているかどうかは分からないけれど、情の方がウエイトは大きいんだと思います。恋人はその「末路」を1度経験しているので、踏み切れないというのもあるそうです。たらればとか後悔とか恨むとかそういうのはないんだけど、「なんで結婚したのかなあ」とは思います。残念がるって感じかな。

 

「あと5年フリーで本当に好きな人を探して結婚するのと、(恋愛感情という観点を)妥協して私と今結婚するの、どっちがまし?」と聞きました。そうしたら「そこで悩んでるんだよ」とのこと。まぁそうなんだろうねぇ。
でもふわふわと将来の話のようなものもするんですよ。子供が生まれたらどこに住むのか、ここに住み続けるのか、とか同居するしないとかね。
恋人の気持ちなんだろうなぁ…でもここに書いたかどうか忘れたんですが、私はどっちにどう転がっても罪悪感を抱くんだと思います。
結婚するってなったら「私が結婚結婚うるさかったからしてくれたんだよね、ごめんなさい」、結婚しないとなったらまぁお察しの通りです。でも結婚するってなったときに私がどんな感情を抱くかなんてなってみないと分かんないんだから、結婚しようよ恋人!(急に超ポジティブ)

 

はぁ。
お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は占い(西洋占星術とタロット)が好きで、占いに興味があります。もっと深い知識を得たいなーと思って独学で勉強したりもしています。
ですがいざ自分でこの結婚するしないについて占ってみたり、ネットの占いを見ていたりすると、いい結果には「そんなことないない、あるわけから」とため息をついて、望まない結果には「そうだろうねぇ」と納得してしまいます。
ひねくれてんのかなー…とりあえず、恋人には結婚云々については「ひねくれてる」「また自虐だ」などとは言われます。

 

巷は今大型連休ですが、子連れの幸せそうな楽しそうな家族の姿を見るたびに恋人に申し訳なくなってきます。
私がいなかったら、恋人はもっと早くパートナーを得て子供を授かり幸せな家庭を築いているかもしれないのに。その可能性の芽を私は摘んでしまっている、と。
恋人も半分はそう思うようです。でも、私と一緒にいたい気持ちがもう半分にあるようです。

 

前進も後退もしない話は多分もうちょっと続きます。こんな私のぐだぐだを聞いてもらって、ゲスト様には申し訳ない思いです。

やっぱり「微妙に別れた」ときを境に、私の気持ちは変わりました。
「あのとき物件見に行けばよかった」「恋人が留守にしていたこの1週間のうちに出て行けばよかった」そう思うこともあります。
でも私は馬鹿なので、微妙に別れたけど別れなかったことも、物件を見に行かなかったことも、出て行かなかったことも、まだ2人を繋いでいる縁なのかなぁと思ったり、その縁が続いていくことを信じてしまっています。

 

今日はこんな感じです。読んでくださりありがとうございました。
明日から通常運転ですね。高速道路から降りた直後のあの違和感。非日常から日常に変わっていく境目の違和感のようなものに、今微妙に押し潰されています。

 

湿っぽい話が過ぎたので、頭に「令和」を乗っけた私のカメラ遊びをお楽しみください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

4