に投稿

「生」を繋げるごはん

なんかね…この前の週末が本当本当楽しすぎて幸せすぎて「今年の運を全部使い果たしたんじゃないか」って思ってたんですけど…あながち嘘でもないような気がしてきました。
体がだるい。やる気が出ない。エネルギーが枯れている。結婚の話も私がしないようにしてる(…から一向に進むわけないよね)。最近恋人が忙しくてあまり会話していない。今週末は恋人が1人で出かけたいと言う。など。そんなここ数日です。
エネルギーが枯れている…うーん、もしかしたら具合悪くなるのかなぁ。何気に上半期に1度入院してますからね今年。じゃあ下半期も?って、ちょっと怖くなっています。
結婚のやつは除いてでも、あぁ元気になんないかなぁ。

 

というわけで昨日も性懲りもなくラジオを録っていました。
お知らせは各回ごとにしますが、ほぼ毎日録っているのでラジオのコンテンツから直接チェックされても良きかと思われます。

 

試験的にラジカセラジオ#17(別窓)

 

ここでも言っていたんですけど、元気がないときは…うん。かぼちゃを煮るといいですね。かぼちゃって言うか、「タイムラグを置いて完成する食べもの」を作ると活きて「生」を繋げるような気がします。かぼちゃもそうだし、お肉に下味つけるとか、一番おすすめなのは炊き込みご飯です。

仕込んで、待って、食べる。その間ごはんは自分を必要としてくれているし、多分、自分も「おいしくなってるかなー」って楽しみになるじゃないですか。そこそこかもしれないけど。
そこには生きる理由が在るわけですよ。だからやることがあるし、待ってくれている人(ごはん)もいるし、「生」を繋げる原因にも理由にもなるわけです…と、力説。

かぼちゃはね、ちょっと仕込むのが大変だから、ただ調味料を流せばいいお肉の下味とか炊き込みご飯の方が簡単かな。
まぁこんな大それた理由ではないですけど、似たような感じで私は漬物を漬けたりしています。

 

今ちょうど季節の変わり目だし、夏休みが終わるし、あんまり元気がない人も私のようにいると思ったりしたので…なんか若干鬱陶しいことを喋ってしまいました。すみません。
で、ちなみに昨日私は元気がなかったので、この理由でかぼちゃを煮たのですが

 

あんまり上手に煮れませんでした。
ホクホクっちゃあホクホクなんだけど、お醤油もお砂糖もまんべんなく量が少なかったです。
今度また煮ようかなぁとかとか。それとも潰してポテトサラダならぬかぼちゃのサラダにするか。とかとか。ちょっと考えてます。

 

それでは今日はこの辺で。元気が降ってこないかなぁ。楽しい予定ないかなぁ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3