に投稿

初めて2人でキッチンに立った

昨日は。仕事をしたりお昼寝をしたりごはんを作ったりと、穏やかーに日常を過ごしていました。
あぁ和む。私は穏やかなあたたかい、いつものお布団という名の日常にくるまってすやすや眠っているときが幸せなんだよ。

 

ですが、なーんか夜になって不穏な空気。急にテンションがダダ下がりになりました。
恋人が私の行きたがっていたカフェに「いつ行く?」と提案してくれるも、心が晴れない。ぜんぜん楽しみに思えない。

 

なんでだろう。なんでこんなに、急に元気がなくなったんだろう。
…と思ったのですが、なんてことない、生理前だからでした。
さり気なく補足なのですが、私はもうかれこれ10年ぐらい基礎体温をつけているので、いつ頃どういうコンディションになるかは把握できてるんです。多分。

ですが、把握できても納得っていうか落とし込めないのが実情で。ことあるごとに言ってる気がしますが、「生理前の不調なんだねーじゃあ仕方ないっかー」とはいかないわけです。生理前であろうがなんであろうが、不調は嫌に決まっているし元気がないのはやっぱり嫌です。元気がありすぎても困るけど。

 

と、いう感じで、夕食を終えた後もしょぼぼーんとして動けなくて、恋人からどうしたの?と聞かれてもふにゃふにゃしていたのですが(のちに生理前だからだとは告げましたが)、それを見た恋人は私にこう言いました。

 

「ゆきちゃん、一緒にお茶碗洗おっか?」
「…ふぇぇ?」
「こするのとすすぐの、どっちがいい?」
「…わかんない……」
「じゃあ俺こするから、ゆきちゃんすすいで?」
「うん」

 

というわけで、恐らく初めて2人並んでキッチンに立ち、洗いものを始めました。「こうやって2人でキッチンに立つのって始めてじゃない?」「2人でやると早いねー」などと言いながら。
なんかね、自分で言うのも照れるんですけど、たまーに恋人は食器を洗いながら私の顔を見つめてきて幸せそうににこっとするんですよ。だから私もにひひという顔をするんですけど、控えめに言っても大声で言っても幸せでした。
元気のない、具合の悪そうな私を見て「一緒に洗おっか」と粋な提案をしてくれたことにも、なんかその、たまーに見つめてにこってするのも。

 

片付けた後は寝る前の薬を飲んだり吸ったりしてすぐに眠りました。眠たかったから。
そういえば昨日は食欲が半端なくて、ずっとなにかをもぐもぐしていたような気がします。
眠い・食欲が半端ない・元気がない。もうこれ生理前の典型的な症状じゃん。

 

やっぱり2年同居しているとお互いどんな人か、こういうときはこうしてあげると良いとか、こうすると喜ぶとか、これは嫌がるとか、そういうのが分かってくるので…うん。恋人も私の扱いが上手いって言ったら変ですけど、分かってくれていることに感謝しています。
生理前だったり虫歯があったりと私の体は地味に健やかではありませんが、このヤマもなんとか乗り越えられそうです。

 

あ、そうだ。ラジオで虫歯のことを喋りました。

 

試験的にラジカセラジオ#20(別窓)

 

なんかね…この、生理前ということもあってかいつもよりテンションがゆるめの私のお喋りが聴けると思います。よかったら。

 

ということで今日はこんな感じです。今日も1日ふわふわ乗り切ります。

 

ピグとかアバターとか、そういうのを描きたかったはずなんだけど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1