に投稿

そうだ、模様替えをしよう

昨晩。寝る前の薬を飲み喘息の吸引薬を吸い、布団でごろごろ転がっていたときの話。恋人がふと「ねぇちょっと嫌な話してもいい?」と私にやんわり話し掛けてきました。

 

嫌な話ですか。

 

恋人はいつも昔の恋愛や結婚生活の話をするとき、前置きとして「嫌な話かもしれないけど」と言うのですが(というかそもそも積極的にそういう話をするなよということで)今回もまたそういう話なのかなー私との結婚に踏み切れないからって今度は何の事例を出すのーと思っていたのですが、聞いてみると「部屋が汚い。散らかっている。虫さんが来る。」という話題でした。

 

恋人いわく。

 

床になんでも置いているのは嫌だ
床になんでも置いていると虫さんが来る
床になんでも置いていると部屋が散らかって汚く見える
床になんでも置いていると掃除がしにくい
もっともののないすっきりした部屋がいい
ゆきちゃんの机ほこりだらけじゃん
この、パソコンとかのコードどうやって掃除すんの
俺も散らかってしまってるから人のこと言えないけど
でも本当はこんなに散らかってたり床になんでも置いたりするのは嫌
片付けたいけどなかなか時間が取れない

 

…などなどとのこと。

 

うーん。恋人の意見や提案には耳を傾けたいし一緒に生活する空間を一緒にいいものにしていきたいという思いはもちろんあるんですが、なんかいまひとつ恋人の主訴が見えてこない。掃除がしたいから床になんでも置きたくないの?散らかっているのは嫌だっていう話?私のスペースをもっと綺麗にしてほしいってこと?
なので私はどこからどうコメントすればいいのか分からずしかも寝る前の薬を飲んでしまっていたため、なんだかふわふわして恋人の話を聞いていました。

 

で、恋人が私のスペース(LDKに2人のスペースが若干の距離を置いてあるのです)に言及したときに、私はむむむとなってしまいまして。
その、私のデスクトップパソコンの本体部分?箱?を軽く揺らしながら「ほらー、ここほこりだらけじゃん」と言われたときや、好きな文房具たちがごちゃっとしている机が好きな私の机を見て嫌そうな顔をしたり、私の本棚を見て「この中でどれだけ必要なのか分かんないけど」と言われたり…とされたとき、なんだか私のテリトリーというかいくら親しい仲でも入ってほしくないところにズカズカと入られたようでなーんか嫌な気持ちになりました。

 

繰り返しになりますが、私は恋人の空間作りと歩幅を合わせて一緒にそれを作っていきたいと思っているし、そのための努力や労力も惜しまないつもりでいます。
なので恋人の「こんな部屋にしたい」という具体的なビジョンやビジュアルももっと聞きたいし、参考になるような部屋の写真とかも見てみたいと思っているのですが…
なんか、私のことはほっといてほしい。…と言うと超語弊があるな、もちろん掃除しない私は問題だし掃除すべきだから今後気を付けるけど、私のテリトリーにズカズカ侵入しないで欲しいなぁと思ったわけです。ズカズカ侵入しない程度に、お互いが満足納得できる空間作りができないかな。ということです。

 

ということで私は考えました。「そうだ、模様替えをしよう」と。

 

私のスペースだけカラーを変えるわけにはいかないのでせいぜい机の向きとものの配置を変える程度でしょうけれど、パソコンの向きを変えてコードをいい感じにむき出しにして掃除をしやすくしたり、この際だから一旦本棚の書類やファイルも整理してみようと思います。
幸いにも今日は仕事は休み。恋人が散らかしているものも片付けたいですが、人の私物にさわるのはあれなんでやめときます。

 

あれですね、ここに引っ越すときはとてもバタバタしていたから家具の配置の計算とかインテリアの意識共有とかをしている時間がなかったのですが、今度引っ越すときはコンセプトなどを決めておきたいなーと思いました。まぁ、2人暮らしだからできることかもしれないんですけどね。

 

それでは恋人が出勤したらこそっと模様替えを始めようと思います。

 

今日は夜、私がずっと行きたがっていたカフェでごはんを食べる…というか恋人が張り切ってそれを提案をしてくれたのですが、私はなぜか気分が乗りません。なんでだろう。理由や原因が分からない。
でもこういう心境のときの方が「楽しかったー!」って思えることってありますよね。
期待とかではありませんが、自然体で夜を迎えて、恋人と楽しい時間を過ごせたらと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1