に投稿

世界よ変われ

なんとなーく、錠剤の頓服薬を熱い紅茶で飲んでみました。
…紅茶っていうのはだめだと思います。でも手元にある飲み物が紅茶しかなかったんです。
早く飲んで早く効け。というわけで私は今日も不穏です。

 

昨日は元恋人と会っていました。
なんっていうのかな、その…元気が出るね。心が安らぐというか。
1人だともうどうしようもない底の底まで行っていたのですが、一緒にいたら気が付くと元気に歌を歌っていました。

落ち合う場所へ向かうまでは、「これ病院行った方がいいんじゃないの」状態だったんですよ。
そりゃあ人と会ったら多少なりとも元気がでるもののような気はしますが、まぁ出ない人もいるかもしれませんが、とにかく「あれ?自分調子悪かったっけ」というか調子が悪いことすら忘れていて、楽しい時間を過ごしていました。
それまで灰色でもやがかかった世界から気が付いたら明るく鮮やかな世界へ。例え元恋人の前で具合が悪かったとしても、「頼れる人」がいるというのは大きな支えです。

帰ったら「楽しかったね」「うん」「また会いたいね」「うん」というやり取り。
どうして元に戻らないの。ですよね。お前ら付き合っちゃえよ。ですよね。私もそう思います。でも元恋人にはいろいろあるようです。
ただ、前回あたりに書いた「なんでもっと早く言ってくれなかったの」という彼の台詞からの私の解釈は違うようです。

 

で、帰ってきて、なんですけど…冒頭の通り頓服です。というか頓服漬けになっています。
いや、今日は(今日は、って)一定の間隔で処方された量を飲んでいるんですけど、あーなんかもうだめです。1人に限界を感じてる。
頭の中がざわざわして胸をぐわぁっと捻り潰されているこの不安定さ。このままだとまたやらかしてしまいそうです。
昨日諸々を察したのか母に「具合悪くなる前に言われ~」と連絡が来たのですが、ごめんおフクロもうやらかしたわ…という感じです。

 

それでですね。元恋人と別れて自宅に戻ってきたら絶対体調崩すだろうな…ということを我ながら察していたので、朝イチで母を比較的強引にランチに誘い出しました。
外に出るとか誰かと喋る、会うというのもありますが、まぁなんと言っても一番は「体調が悪すぎる」からの「(元恋人のいる)アパートに帰りたい」からの「超絶わがままな娘で本当ごめん」です。
ちょっと詳細を書くとややこしいことになるので主訴だけにしましたが、これを伝えねば……とドキドキしています。どの観点においても。
そして今晩は実家でごはんを食べてくることにしました。もー私、極力1人になったらいけんと思う。
実家で暮らせない理由は過去にちょびちょび書いてきたから省きますが、うん。私は実家暮らしは前から知っていたけれど、1人暮らしも向いていないような気がしてきました。
なんかもうね。あー。

 

母と落ち合うまでもう少し時間があります。
私は今短期ですが休職しているようなもんなので、それまで暇です。やることは全部やっちゃったし。
とりあえず…打ち明けたら世界がどう変わるのか、です。

 

元恋人を待っている間なんとなくスタバに入った。クリスマスの足音は更なる不調の足音にしか聞こえない。

 

病院に電話するしかないくらい具合悪いです、の頃。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1