に投稿

さぁっとなった

自宅へ帰ってきました。おはようございます。

 

帰ってきたのは昨日のお昼前。本当は今日まで元恋人宅に滞在する予定だったんですがいろいろありまして。帰ってきました。
そして帰ってきてから1時間半かけていつものスーパーまで行ったので、もう昨日はへろへろ。
一般的なタイムスケジュールを無視して16時に夜ごはんを食べ、18時に眠り、そして今朝7時過ぎに起きました。
寝すぎです。いや寝る時間が早すぎです。人生においてこんなに早く寝たの初めてかも。分からんけど。

 

 

で、昨日なにがあったのかと言うと。一言で言うと「さぁっとなった」という感じです。さぁっと。

 

そもそもまず、昨日は出かけませんでした。「出かけようよ」と数週間前に言っていた私と「(昨日は)家でまったり過ごす」と決めていた元恋人との明らかな齟齬です。
しょうがないのでぼーっとする私。ベッドの上でだらだらスマホをいじっていました。
そうするとね。なんかいろいろ思うわけですよ。ここ最近のもやもやについて。

 

私はこの人といてもいいのかな。
なにかがこの先起こるのかな。
家族は総決起して「元恋人に会いたい」と言ってくる。
元恋人は絶対嫌そうな顔をして話をはぐらかすだろう。
私これでいいのかな。
よく分かんなくなってきた。
もう疲れたよ。

 

…と。
すると「これなんかだめだスイッチ」が入って、「あ、帰ろ」とふっと思ったわけです。

 

そしておもむろに帰る準備をしている私を見ると元恋人は嫌そうな顔と声で「またそうやって拗ねる」と言いました。まぁ傍から見たら「出かけなくて拗ねて帰ろうとしている人」にしか見えませんから。
でも実際は違うわけで、私は「違うよ」と、気付いたらぽろぽろ泣きながらここ最近のもやもやについて元恋人に説明していました。
このままでいいのか分からないこと、家族が総決起していること、でもあなたは嫌がるだろうから板挟みが辛いこと、ちょっともう疲れたこと。

 

とりあえず、出かけなくて拗ねて帰るわけではないことは分かってくれたようだったのですが、彼は何も言わないので「何かコメントある…?」と振ってみたら「まぁ、いろいろ思うことはある」とのこと。
そっかー…何も言わないのって、ここに来ても変わらないんだね。
私はここで何か言ってほしかった。なんでもいいから。

 

で、なんとなく私は「もし私がもう会わないって言ったらどうする?」と聞いていました。
そうしたら「そっか、淋しいけど分かったよってなる」と元恋人は言いました。

 

あー。それだけなのか。引き止めたりしてくれないんだ。

 

ここで私は先程の「さぁっ」とになり、「もーいい」スイッチが入ったわけです。
淡々と帰る準備をこなす人になっていました。
もーいいや。この人はずっとこんな人だったし、何も言ってくれないし多分この先も何も言ってくれないだろうし、疲れることに疲れた。次行こ。

 

そうするとなんだか妙にくっついてくる元恋人。私の入ったスイッチは切られることはなく、準備をして玄関に行きました。
かばんはなぜか元恋人が持ってくれていて、手渡す際に「じゃ、またね。いってらっしゃい」と言われたのですが、正直私としては「またね」はありません。
「もう会わない」と言えばよかったのかもしれませんが、ずるいことは分かっていますが、軽く手を振りアパートを後にしました。
そして今に至ります。

 

まだちょっとスマホを気にしてしまいますが、これでよかったんだよね、と。今は思っています。
次行こ。2年半一緒にいたらそりゃ情は湧くよ。

 

というわけで次回に続きます。なにが続くのか分かんないけど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3